2007-10

2007年熊野古道HC レポ⑤

イメージ 1


しかしダンさんもつかず離れずの距離で
前を走り、ペース的には私とあまり変わらない。
結局下り区間と平地基調の所もローテをする事になった。
結構怖いよんε-(;ーωーA フゥ…


平地区間が終わり、ちょっとした広場の横を通過。
ダンさんの家族が応援に来ていて、
「うちの嫁さんと子供や」とダンさんからのコメント。
とりあえず挨拶して通過(*'ω'*)アットホームだな~。

その広場横を通過するといよいよ登坂が本格的になる。
平地区間からいきなり12~15%前後の斜度になる為、
ペースががくんと落ちる。

ここもダンさんとペース維持を心がけて
できるだけ落ちないよう頑張る。

しばらく登ると斜度が緩やかになり、
ヘアピンコーナーが続く区間に入る。
コーナー中にグレーチングがあったり、
砂が浮いていたり、まだ水たまりがあったりと
いろいろ怖いが、無事通過。

前から81番の選手が落ちてきたのを視認し、
少しペースアップ。ダンさんが切れ始める。
待つか切るか迷うが先はまだ残っているので
ここは待つことに。

が、間が詰まってこない。後ろを確認しながら走っていると
ダンさんの後ろからさらに別の選手が近付いているのが見えた。
「もう先に行ってくれ!」との合図が出たので
「後ろ来てるよ!!」と伝え、ペースアップ。
81番の選手を捕えるが、とらえた瞬間、
下り区間に入り、見事に突き放される。
よくあんなスピードで下れるもんだ。

が、落ちてきたという事は登りに関しては
私の方がペースは速いハズ。
落ち着いて下り区間をクリア。

案の定次の登りで吸収。するとその前に
落ちてくるはずのない岡田さんが落ちてきた。
あれ~!?追いついて話を聞くと足がもう
回らないとの事。前半ダンシングをしすぎたらしい。

が、そこは岡田さん、何だかんだ言いながら
ペースはやはり速い。さらに私が追いついて
1kmも行かないうちに下り区間に入ってしまった。

この岡田さん、登りが滅法速いくせに実はダウンヒラーという
坂バカにはあるまじき存在なのである( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
後ろについて最後の下りを一緒に下ったが、
コーナリングのたびに差がどんどん開く。

私だって限界いっぱいで下っているのだが、
技術・精神面ともにレベルが違う。
何とか視界にとらえたまま下り切れたが
差が開いてしまった。

  ― 続 く ―

写真はパレード走行中…ウキッ

スポンサーサイト



2007年熊野古道HC レポ④

イメージ 1


当然速い人たちはそれを追ってペースアップ。
シルベストの方々と学生っぽい人が
第一集団を形成。抜かれる際にゼッケンを
チェックしているので、自分が何位か一応
把握しているつもり。

第一集団に20代の選手が2~3人ほどいたので、
多分私が4番手。
これで賞に絡めない事がはっきり分かったが、
入賞なんて最初からできるなんて思っていない。

今回はTOYOさんの追撃とS木さんにリベンジが
目的である。

第一集団を見送り、しばらく走っていると大泉愛輪会の
I原さんが上がってきた。(私が落ちたとも言う)
(って言うか、展開合ってます?このあたり自信ないです)

何回か先頭交代をして(ペースを乱して?)さらに
私が第二集団の最後尾に落ちていった。

第二集団は全員知り合いの集団で、どう考えても私より
速い人ばかり。大泉のI原さん・まほろばのダンさん
スクアドラのskenさん・ケッタマシーンズのまるさん
AMUSEの十三峠マニアさんに無所属の岡田さん。
TOYOさんは視界には入っていなかったが、
おそらく後ろに来ているはず。振り返らない。

第二集団の最後尾をヒラヒラ走っていたが、
一度だけ平坦基調になった所で前に出てみた。
が、当然斜度が少し上がると足が無くなり
再び最後尾へ。前へ後ろへ忙しいやっちゃ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

少しだけついて行けたが、じりじり離されていく。

最初に切れたのはまるさん。Σ(- -ノ)ノ エェ!?
こんな所で?作戦か!?って思ったが、どうやら本当のようだ。
次に切れたのは私、どう頑張ってもついて行けない。
時速1km未満差で集団が離れていく。
が、すぐにダンさんも切れ始めた。どうやら
レベル的には私とほぼ同じようだ。
と言う事は最後まで協力体制で走れば
いいペースで走れるだろう。少し無理をして
ダンさんについて走る。

まるさんは?まるさんは来ない。
もっこりひょうたん島のH松さんも全然姿が見えない。
TOYOさんやチームメイトのW坂さんも出てこないぞ?

後ろを確認するのが怖いのであまり見ずにダンさんと
ローテーションを続ける。

景色が一番いい所でカメラマンが待機しているのを
知っているので二人して並んで走る事に。
カメラ地点まで無理して笑顔を作り、通過した瞬間に
苦悶の表情に戻す。あ~しんど。

そこからしばらくの下り。
下りは私、大の苦手でへたくそなので
ダンさんに先行してもらう事にする。

  ― 続 く ―

写真はパレード走行スタート時
レース中の写真は無しです

写真


( ̄-  ̄ ) ンー、熊野で撮影した写真を
ヤフーフォトにてアップしました。
見るにたえない下手くそな写真ばかりですが、
必要な方は持って行って下さい。

写真のタイトルは、ところどころ、
突っ込み形式で編集しています。

[(http://photos.yahoo.co.jp/ph/sakibanarumi/lst?.dir=/7c7a&.src=ph&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/&.view=t)]

2007年熊野古道HC レポ③

イメージ 1


時間が来たので荷物を預ける事に。
荷物預けの車の近くにたむろしていると、
たくさんの知人が声をかけて来てくれた。
久々の人や、最近会ったばかりの人まで。
おととしの大会時はまだこれだけの知人はいなかった。
自転車とブログのおかげである( ̄ω ̄)(ーωー)( ̄ω ̄)(ーω-)ゥィゥィ♪

開会宣言をやってブリーフィング途中で
遠くを走るTOYOさんを発見。ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
ギリギリまでアップしているな~。

今回のマークすべき人の内の一人である。
もう一人はまほろばのS木さん。
おととしは勝っていたのだが、
昨年は全敗しているので今年は取り返したい。

熊野古道HCはスタートして6km区間はパレード走行となり、
「交通安全」のたすきをかけてしばらく走る。
沿道には早起きの地元の方々が手を振ってくれる。
挨拶をしつつ、AMUSEのM井さんと話をしながらしばらく走る。

それにしてもいい天気だ。昨日までの空とは全く違い、
雲ひとつない最高の快晴。文句なし!
風もなく、気持いい朝だった。

6km走り、たすきを返し、スタートを待つ。
市営(?)バスが降りてくるのを待つようだ。
待たされる時間が長くなるほど緊張感が高くなっていく。
早くスタートさせてくれぃε- ( ̄、 ̄A) フゥー

スタートの位置取りはいつもは大体最後尾からなのだが、
今回はスタートを待つ間は、たまたま集団中央、
そしてスタートラインに並ぶときに
ホントに偶然先頭ラインに立てた。
これはちょっとドキドキ。
左にはシルベストのS林さんがいる。
(-ω-;)ウーン、私がこんな所にいていいのか!?

スタートの合図がなり、
クリートも問題なく2回目でハマる(え?)
一瞬の立ち遅れだったが、クリートがハマって
すぐにダッシュして先頭付近まで行ったので
問題なし(ないのか?)

先頭は十三峠マニアさん、2番手はS林さんの
有名どころ。せっかくなので(何が?)
S林さんの横に並ばせてもらいしばし並走。

しかし延々十三峠マニアさんが先頭を引きそうだったので、
私も先頭に出たいし、ちょっとペースを上げて
十三峠マニアさんの前に出る。
これでちょっとは目立つ事は出来たかな?( ̄∀ ̄*)イヒッ

まあ私のレベルでどうこうなるレベルの大会ではないので、
(当たり前だ)遊んでいる内にすーっと後ろから
いろんな選手が上がって行った。

  ― 続 く―

写真はパレード走行のスタート直前

2007年熊野古道HC レポ②

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


昨年はこのレースに出ていないので
昨年の事は知らないが、大門坂近くにスーパー銭湯
らしき温泉施設ができていた。おととしは無かったと思う。

入湯料は420円。石鹸・シャンプー等は無し。
持参のモノを使う。

湯船につかると左隣の方が「試走されました?」
と声をかけて来てくれた。何と偶然にもまるさんであった。
しばらく湯船につかり談笑。のぼせるかと思ったよ…orz。
まるさんは例によって例の如く車中泊。銭湯で別れた。

風呂から出て夕飯を食べに勝浦の駅周辺に移動。
今回は素泊まりなので夕飯は外で食べる必要があるのだ。

駅前をぐるっと1周。・・・( ̄  ̄;) うーん
これといってめぼしい店はない。
しかし腹が減ってそれどころではない。
食堂っぽい店に入り定食を注文。
ご飯はもちろんおかわりして腹一杯になるまで食べる。

宿に帰って明日の準備。ゼッケンつけやら
布団をどうやって敷くのかとかとか。
6畳に大人4人はやはり厳しかった。
結局押入れに半身突っ込んで寝る体勢に( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

私はかなり睡魔が来ていたので、早々と就寝。
しかしW坂さんは数時間寝たら目が覚めるとかで
あまり睡眠時間が長いほうではないらしい。
夜中に起きたらしいが全く気付かず。

起床は4時半頃。4時に目覚ましが鳴ったが、
いつもの癖で止めてまた寝たようだ。(* ̄m ̄)プッ

4時半はまだ真っ暗。しかしスタートが7時という事で
とりあえず眠くても飯を食べなきゃ…。
ほとんど無意識状態で口に食べ物を押し込んでいく。
おにぎり2つに菓子パン多数。

寝ボケ眼でジャージに着替え、
足にスタートオイルを塗るとやっとこさ目が覚めてきた。

さあ、行くぞ!となったのは6時前。
遅いっちゅーのヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

会場まで5分くらいで着き、荷物預けの
6時半ぎりぎりまでアップをする。
湾内にはタイルを敷いた道があり、
両端とも行き止まりなのだが、人も少なく走りやすい。

途中で海から昇る日の出が見られた。
徳島のやまさんのブログに出ているだるま太陽
(って言うのかな?)の状態である。

カメラを準備している間にあっという間にその形は消え、
一瞬の出来事であったが、感動ものであった事は確か。
多分見たのは生まれて初めてなんじゃないだろうか。

  ― 続 く ―

写真①風呂場のまるさん
写真②夕飯~。カツとじ定食
写真③寝床。半身押入れに突っ込む狭さ。
   さすが素泊まりヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
写真④あっという間に昇ってしまった朝日。

2007年熊野古道HC レポ①

イメージ 1


2007年10月28日(日)那智勝浦熊野古道HC(和歌山県)
に行ってきた。

※レポ①~②あたりはレースに関係ないので
読まなくても後のレポに何ら影響はないです。


前日の土曜日は突然発生した台風により
朝から結構な雨が降っている。

この日はチームのイベントで川湯ツーリングと
重なっていて、朝6時半に店前に集合であった。

熊野班は私を入れて4名。電車で来たNOKOイノー氏を
車に乗せ、店前に向かう。

雨の中、ずぶ濡れになって出発をまつ
チームメイトと合流。川湯班である。

「行ってきま~す。気をつけてね~」と声をかけ、
顔だけ見せて店前6時半に出発。

岸和田でもう一名(Y本氏)を拾い、さらに国道26号線を走って、
和歌山の岩出まで向い、岩出のチームメイト(W坂氏)と合流。

あまり早く行ってもどうせ走れないだろうと思い、
下道で行く事に。
紀伊山地のど真ん中を走る425号線で竜神温泉方面へ向かい、
さらに新宮を目指す。途中川湯温泉街近くを通り、
新宮から那智勝浦へ。

11時半くらいに会場へ到着。
まだ受付も始まっていなかったので、
とりあえず昼食をとる事に。

近くのまぐろを食べられる店へ移動。
すぐ横が鮮魚店でその店と提携しているのかな?
割りと安い金額で食べられた。

注文したのはネギトロ丼。600円。
これがまたすんごい油で、ご飯のお盛ではなかったが、
かなりお腹にどっしり来た。

携帯で台風の動きを見ながら行動を決める。
どうやら午後から晴れるようだ。
車で下見に行く事にする。

小雨になってきていて、もう台風の心配はない。
那智の滝を見ながらコースを車で上がっていく。

頂上まで行くことにしたが、最後の荒れ地を走った時に
車の底を2回ほど擦ってしまった。かなり慎重に行ったのだが…。

頂上でしばし休憩。運転にかなり疲れてしまった。
最後の2kmは緊張の連続である(@Д@; アセアセ・・・

下って来て、第一回の時の表彰式が行われた広場で
車を停め、バイクを下ろし試走開始。
路面は陽のあたる所は乾いて来ていたが、
日陰はまだ濡れていた。
シッティングでもスリップするくらいの
かなり怖い路面。

リア27Tで来たのだが、ダンシングなんてしようもんなら
全く進まないゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ…。

結局最後の激坂は走らずアスファルトの道だけ走って試走終了。
帰りも結構な登りがある。ここでもスリップ続き。

夕方になって陽が出てきたので、コース試走する人が結構
対向してきた。坂道をバイクを押して登る女性の姿も…。

4時頃デポ地に戻ってきて、車で下山。
受付を5時前に済ませ、無料券をもらった銭湯へ。


  ― 続 く ―

写真は脂身たっぷりのネギトロ丼。

お疲れさまでした~

イメージ 1


昨日はお疲れさまでした。
絡んでいただいた皆さん、ありがとうございました。
またコースを走らせていただいた地元のスタッフの
皆さんにも感謝感謝です。

土曜日は台風接近により雨がひどかったですが、
現地に到着してしばらくすると雨も上がり、
コース途中から試走する事ができました。

詳細はまた後ほど。

で、まほろばのS木さんと話をしたのですが、
『I原さんを囲む会』をやりたいな~と。
このあたりの経緯は追ってレポ内で書きますね。


12月に入ると忘年会シーズンに突入してしまうので、
年内は厳しいかな?

11月に行うなら私の都合は23日か25日の夜は大丈夫なんですが・・・。
メインのI原さんの都合もありますしね。
I原さんの予定を教えていただければ
ありがたいです。

もちろん年明けでもいいですし、年内に実現しなくても
いつか必ずやりましょう!(〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ

Σ(- -ノ)ノ エェ!?

イメージ 1


↑どういうこっちゃねん!!

土曜日は完全に直撃ですね。
台風の左端をかすめている予想です。

土曜日の試走はかなり危険だと思います。
土砂崩れとか起きないだろうな~(-_-;)

日曜日は通過後で晴れると思いますが、
風が残るんじゃないですかね。
また路面がかなりスリッピーで
危険倍増って感じです。

無事に帰ってくるよう落ち着いて
走りたいと思います。

熊野古道HC・長良川クリテ

イメージ 1


今週末はマグロお刺身祭りですね。
タタタタッッ≡≡≡ナンデヤネン!( *゜∇)/☆(ノ゜⊿゜)ノハウッ!

『那智勝浦熊野古道HC』です。

今回で第4回目。3回目の去年は平地のレースのみを
走っていたので久しぶりの参加という感覚です。

ブログ関係ではskenさん・まるさん・十三峠マニアさん(来るかな?)
工事さん・こんちさん・G-ベイブさん(もかな?)
ブログ以外では葛城山で知り合いになったcheeen1さんや
乗鞍女王・実はご近所さんだったgogodarlingさんご夫妻等々。

あっ!TOYOさんも!!
今大会、一番私がマークしている人です(^_^;)
抜けてた…←マークしてないじゃん( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


天気は曇り/晴れとなっているが、まあ晴れるだろう。
いや、晴れさせます!快晴です!任せてください!ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
でも土曜日は晴れ時々雨って、どっちやねん!ウリャ!( ̄ー ̄)θ☆( ++)

**********************************************

12月2日はチャレンジリーグの長良川クリテ。
昨晩タクリーノのМ岡さんに連絡を取ると
参加するとの事。カテゴリーはまだ未定。

私は一応スポーツ1に出走しようかなと。
申し込み締め切りは11月21日。

2回ほどこのコースを走ったが、
平地が苦手な私にとって唯一相性のいいコース。
ほとんどの選手がオフに入っていて、
レベルもそんなに高くないので
実は狙い目だったりする( ̄∀ ̄*)イヒッ

今のところチーム内では私一人のみの予定。

何か今週は記事というより
業務連絡的なネタばっかりだった。
申し訳ないっス…orz。

希望地


今日は急なトラブルでかなり忙しかったです。
結局昼飯抜きで今もまだ食べてません。
お菓子はちょっと食べましたが・・・。
お腹空いたよ~:・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・え~~~~~~~~ん!!!


空腹状態で食べ物の事を考えると
さらに空腹感が増すのですが、
gucciさんから提案がありましたので、
記事にしますね。
(打ち上げに関係のない方は絡めず申し訳ないです)


場所なんですが、夜錬の打ち上げと言う事で
スタート地点の近くの焼き肉屋さんを
当初考えていたのですが、飲む人が車での参加が
しにくいという事で、泉大津駅周辺を希望されています。

TOYOさんも参加ご希望という事ですので
是非コメントくださいね。


①当初の通りスタート地点付近の焼き肉屋
②駅が近く他の店にも歩いて行ける泉大津駅周辺
③その他

まだ日にちはありますので、いくらでも変えられます。
また、車での移動でも私が運転手しますのでさほど
気にしなくても大丈夫ですよ。

参加ご希望の方、コメントください。

«  | ホーム |  »

プロフィール

rumirai01

Author:rumirai01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車 (2472)
アニメ・マンガ (76)
その他 (858)
第1回お深い しまなみ (35)
ドリンク (84)
オフ会関係 (202)
年間スケジュール (32)
車 (34)
淡路合同ツーリング (114)
第2回お深い 信州 (13)
グランフォンド七葛 (20)
地図・廃線 (317)
第3回お深い 徳島 (13)
CTS→TDH→エタップ (85)
第4回お深い 乗鞍スカイライン (11)
第5回お深い 大阪 (38)
ロードに乗り始めた方へ (11)
廃線 目次 (1)
メンテナンス記録 (1)
カメラ (72)
おもて書き (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR