2008-07

お深い乗鞍スカイライン レポ④

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

明けて日曜日。昼くらいから天気が崩れるとか。
朝5時起床。外はひんやりして肌寒いくらい。
ぼーっとしていると、これまためちゃくちゃ元気な
cloverさんがみんなを起こして回る。朝の散歩も済ませたそうな。
ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ、どんだけ早起きやねん…。

5時20分に宿を車で出発。途中のコンビニで飲み物調達。
コンビニがあった…。あるんだ…。コンビニ…へぇ~(◎o◎)

6時に千光寺というお寺の近くの駐車場に車を停め、
出発。朝早くからcloverさんのお父さんがサポートとして
駆り出され、サポートカーを運転していただく事に。

気温は15度~16度。ややひんやりして、
ものすごい気持いい気温。寒くもなく暑くもなく、
じっとしているとやや寒いかな?というくらい。
走りだすとすぐに心地よい空気を感じられた。

峠に駐車場があったのでしばらくダウンヒルが続く。
gogolookさんが先頭を引くので後ろにツキイチ。
亀公朝練の白ジャージを着ているので撮影。
おお、いつものブログの写真だ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_56002414_0?1217467042


下りでgogolookさんをパスして、朝練モードで
足を回していく。下りなのでcloverさんもにごらんさんも
特に大きな問題はないだろう。

水木金と朝の特訓を始めたばかりなので
まだ筋肉痛が残っていたが、逆にそれが
土曜日の登坂でほぐれたようで足が良く回ってくれた。

下り基調というのも手伝い、しばし逃げの体勢に(HWY?)。

しかし赤パン軍団はそう甘くはない。下りの途中であっさりつかまり、
ipsilonさん・tadahisaさん・seedさんのトレインの後ろにつく。
ほとんどレースモードで心拍は9割超え。うーん、いい感じ。
が、途中で小さい登りに入り集団から脱落。
ま~し~さんを押すのに引き返す。
私のブログで10万hit目だった記念の押しアシストである。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_56002414_1?1217467042


結構みんなに喜んでもらえるので、ま~し~さんも登坂で押す。
その後、matsuさん・ま~し~さん・落ちてきたseedさんと
4人で朝練モードで走る。
幹事cloverさんのお父さんが途中で待っててくれたおかげで
最後尾と先頭とが大きく離れることはなく、
一旦全員が合流した後はしばらくのんびりサイクリングモードで
気持ち良く田んぼの間を抜ける道を走る。

コース途中では最後尾をにごらんさん、ま~し~さんと
のんびりサイクリング。車も少なく走りやすくかなりいい感じ。
所々で登坂区間が入り、にごらんさんの腰痛がひどくなったら
少しサポートする。

やや長めの登りでゆっくり押していると、先頭集団が下りてきてくれて
サポート交代。代わりばんこににごらんさんのアシスト。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_56002414_2?1217467042


峠を越え、下って当初スタートするはずだった駐車場で
しばし休憩。cloverさんのお父さんが採れたての野菜を
クーラーボックスから出してくれた。
机や手洗いの水、ドリンクまで。いや~何から何まで
ありがとうございます~。

その後、再び最後尾をのんびり走る。
分岐では誰も見えなかったものの、cloverさんのお父さんが
引き返して来てくれて案内をしていただく。
いや~、すばらしいサポートカーで。
幹事より幹事らしかったかも?( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

千光寺という所までは最後尾を3人で走る。
お寺の入口分岐でcloverさんがへたり込んでいたので
聞くと、オプショナルツアーで激坂に向かったとか。
あ~ん、行ってみたかったな~(^_^;)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_56002414_3?1217467042


でも休憩する間もなく先行組が全員下ってきた。
話を聞くととんでもなくきつい斜度で先の距離も
分からないので戻ってきたとか。
15~16%という感じらしいのでよっぽどキツかったのだろう。

  ― 続 く ―
スポンサーサイト



お深い乗鞍スカイライン レポ③

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 ↓ 下りも楽しい
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55990098_0?1217380681


登山を終え、後はダウンヒル。6月に来た時と
どのくらい様子が違うか比べたかったので、
できるだけ定点で撮影する。下りもバスが多い。
そしてサイクリストも多かった。小径車などもあり、
バスで登って来て、下りを楽しむ方とかも。
それもいいかも( ̄∀ ̄*)イヒッ

 ↓ ちょっと寒いかな?
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55990098_1?1217380681


下山を終え、駐車場まで戻ると気温は一気に元に戻る。
暑い。さっきまで寒かったのに( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
引いていた汗が噴き出す。朴ノ木平スキー場の駐車場横の
施設に入って温泉につかる。夕方3時くらい?

キャノさんは帰りは輪行なのでそのまま帰路へ。
参加ありがとうございました~。

 ↓ 6月1日の時
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_55271258_6?1212723667

 ↓ 今回
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55990098_2?1217380681


男湯は3階、女湯は2階。
そして露天風呂の向かいはスキー場のゲレンデ。
景色が綺麗だな~と思って露天風呂から景色を見ていると、
階下の露天風呂の湯船が視界に…Σ(- -ノ)ノ エェ!?

誰も入ってなくて、良かったのか残念だったのか…。
“ホッとしてガッカリ…”が的確な表現かと( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

風呂からあがり、16時。外に出るとこれまた心地よい気温。
いや~、乗鞍バンザイ!高地バンザイ!まさに避暑!!(^^)!
車で宿に移動してチェックイン。買い出しの為、車1台を出して
ふもとのスーパーへ。A-コープがあったのでカゴを借りて
カゴのまま宿へ持ち込む。宿ではどこかの子供会?の
バーベキューの真っただ中。

 ↓ 6月1日の時
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_55319205_2?1213001776

 ↓ 今回
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55990098_3?1217380681


5時半から6時半まで私は仮眠をとり、夜に備える。
そして夕飯。

飛騨牛に舌鼓を打ちつつ、意外なネタを
隠し持っていたcloverさんに驚きつつ、
一次会は平穏無事に?終了。
一応この1次会で来年の幹事が決定。
今回副幹事としてサポートに回った私が
来年の幹事として任命される。ま、独身だし
さほど嫌でもないので快諾。

ただし、副幹事はまた誰かを指名する予定( ̄ー ̄)ニヤリッ
さらにコースは幹事権限という事もあり
これはこれで非常に楽しみ。コース設定は
“ドS”Rumikoの本領発揮ってとこでψ( ̄▽ ̄)ψイヒイヒイヒイヒ

続く2次会は一つの部屋に全員集合。買い出しに行った飲み物や、
各地から持ち寄った特産品を広げ、話は多岐に渡る。
関西組は何も持って行けず申し訳なかったです~(-_-;)

 ↓ 絡まれるmatsuさん。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55990098_4?1217380681

 ↓ 絡まれるtadahisaさん。
   2枚とも誰も助けようとしていないのがよく分かる。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55990098_5?1217380681


今回は広島のぐちさんが不参加の為、cloverさんの
暴走を止める人はおらず、非常にまずい状況。
いや、まあぐちさん不参加確定の時から予想して
しかるべきだったのだが、やはり年1回見るcloverさんの
暴走たるや、プロローグ・パレード区間のみ集団走行、
レーススタートと同時に全力逃げをかまし、1ステージのみならず
ツール全ステージを独走で逃げ続け、シャンゼリゼの
凱旋門直前に突然の単独大落車を起こしたかのよう。

 ↓ 突然の大落車!この1秒前まで騒いでいたのに…。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55990098_6?1217380681


いや、まあ単独で逃げるならいいのだが、
周りを巻き込みつつと言うのがたちが悪い( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
被害者は副幹事を始め、初参加、しかもブロガーですらない
matsuさんにまで。来年matsuさんが不参加なら理由は間違いなく
cloverさんだろうヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

そして突然の墜落。これを大落車と言わずして何と言おう。
部屋がいきなり静かになる。布団を敷き、cloverさんを運び、
就寝の準備に取り掛かる。

ナゼか?翌日は朝練との事Σ(- -ノ)ノ エェ!?
その為か、ほとんどの人が10時には
きっちり眠っていた。多分。(+.+)(-.-)(_ _) ..zz

  ― 続 く ―

お深い乗鞍スカイライン レポ②

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 ↓ 人の多い畳平
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55975978_0?1217286533


朴の木平スキー場からこのスタート地点までが
結構な勾配だったのでキャノさんはかなりつらそう。
ただ、ここからはめちゃくちゃきついという勾配は
出てこないので安心してもらう。

小休止を挟んで全員スタート。
tadahisaさん・ipsilonさん・seedさんは先行して
いいペースで登って行く。特に大きな分岐もないので
私は副幹事として最後尾をキープ。
ペースはキャノさんとマツさんに合わせ、
できそうならま~し~さんも押そうと考えていたが、
(10万HIT記念として)ま~し~さんは登坂に関しては
かなり速いので押す必要もなかった。

  ↓ 似てる?
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55975978_1?1217286533


朴ノ木平スキー場を出発したのが10時くらい。
そこからスタート会場まで30分?
ゲートを10時半くらいに出たかな?
ペースはほとんど時速ヒトケタをうろうろ。
階段状に登っていくので、所々で足が休める。

それにしても観光バスが6月のレース時より
かなり多い。観光シーズン中という事で
ひっきりなしに大型バスが登って行く。

  ↓ 畳平駐車場から登山開始。登るのは初めて。寒い。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55975978_2?1217286533


当然斜度はそこそこあるわけで、バスの後ろは
真黒な高温排気ガスがモクモクと…( p_q)エ-ン
ただ、それ以外はかなり快適で、景色も最高。
気温がどんどん下がっていき、涼しくなってくる。

補給食をゼリー以外に持って来なかったのは
かなり失敗だった。コース前半くらいで
ハンガーノック状態になり、中盤から後半にかけては
空腹との戦いだった。心拍もかなり低めだったのが
影響したようだ。

  ↓ 雲の流れが速く、日が差したり陰ったり
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55975978_3?1217286533


夫婦松駐車場で一旦全員集合。にごらんさんとcloverさんは
ここからタクシーを降りて登ったとか。
いずれ追いつくだろうと思っていたら、
結局追いつけず。にごらんさんは山頂から3kmほど下って来て、
こちらと合流。

コースの後半は斜度も緩やかになり、風は冷たく避暑どころか、
寒い…(||゜Д゜)ヒィィィ!(゜Д゜||)

12時~半くらいに山頂へ到着。記念撮影をして
昼食を摂る。畳平駐車場はものすごい数の観光バス。
ナンバープレートも全国各地から。前の週に行った島根から
来ているバスもあった。

昼食後、シューズを歩く用のスリッパに履き替え、
少しだけ登山。乗鞍へ来たのは3回目?4回目?くらいだが、
登山したのは初めて。睡眠不足も加わり軽い高山病になってしまった。
めまいと頭痛が・・・(-_-;)

  ↓ 雪が解けてできる池。一応“鶴の形”らしいが、
    ラピュタに出てくるドーラ一家の飛行船に似てない?
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55975978_4?1217286533


みんなは岩山をよじ登って行ったが、
私とにごらんさんは普通に歩ける所まで行ったのみ。
じっとしていてもふらふらする感じ。
しかも風が冷たい。そして上着はなし。
アームウォーマーとニーウォーマーのみ。
(w_-; ウゥ・・山を舐めちゃいけませんね。


そこかしこをカメラに収め、下山。
駐車場に戻ると体調が少しマシになった。
ちなみにここで標高は2700mちょい。
CTSのハレアカラ山って3000mだよね?
空気、マジに無いんじゃない??死ぬよ???

  ↓ 周りの人は長ズボンだが、短パン集団がいて浮きまくる。
    ヒソヒソ…ケイリン・・・ゴニョゴニョ…ジテンシャ・・・の声が…競輪じゃないっつーの。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55975978_5?1217286533


  ― 続 く ―

お深い乗鞍スカイライン レポ①

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

平成20年7月26・27日お深い乗鞍スカイライン(岐阜県)
に行ってきた。

お深いと言っても準備はほとんどせず、さらに幹事の
ブログもほとんど休止状態。ホントに開催されるのか??
という盛り下がり感が否めなかったが、いざ直前になると
かなりワクワクしていた。


金曜日の夜9時半に自宅出発。
家を出て、2kmくらい走った所で
tadahisaさんから電話が入る。
「seedさんが前輪忘れたので何でもいいから持ってきてあげて~」
だって。幕開け前からいきなり波瀾の予感?( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

再び家に戻り、前ホイールを積みこんで再出発。
キャノさんちを11時に出発、にごらんさんちを0時に
出発。この時点で四国組はすでに大津インター付近との事。
合流する予定だったが、不可能の距離。落ち着いて走る事に。

 ↓ 多分ま~し~さん
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55967263_0?1217237148


途中、何度か交代しつつ4時半に集合地点付近へ到着。
そこから車中泊というか、仮眠。
7時くらいになり、暑くなってきたので近くのマクドナルドへ移動。
8時半に四国組、幹事のcloverさんと合流。喫茶店のモーニングを
食べに行く。

関西からキャノさん・にごらんさんと私。
四国・中国からipsilonさん・ま~し~さん・tadahisaさん
 seedさん・matsuさん
新潟からgogolookさん
幹事はcloverさんの合計10名。

 ↓ 空の青と山の緑がきれい!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55967263_1?1217237148


キャノさんは諸事情により日帰りの参加。
夜の飲み会なしで山岳クライミングのみの参加って
キャノさんらしくない( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

喫茶店のモーニングではサンドイッチが大量に。
大食いのキャノさんは遠慮なくガンガン食べていく。
あ・・・そんなに食べると後が怖いよ…(^_^;)

朝食後、朴の木平スキー場へ移動してgogolookさんと
合流。すでに気温が高く、暑い。
でもじとっとした嫌な暑さではなく、夏休み!って感じの
暑さでまだ好感がもてる(どういう意味やねん)

幹事のcloverさんとにごらんさんはタクシーにて
コース途中まで先に移動。後の指示が何もなかったのは
さすが迷幹事である。

 ↓ 前からま~し~さん・キャノさん・matsuさん
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55967263_2?1217237148


残されたメンバーは8名。
準備をして乗鞍スカイラインに向けてスタート。
6月のレーススタート会場までまずは国道を
トレインを組んで登坂。照りつける太陽が
肌をじりじり焼いていく。

国道を離れ、トンネルを通らず、レーススタート地点までの
激坂をひたすらガマン。特にキャノさんは睡眠不足と
自重でかなりつらそう。平均斜度は9~10%くらいあるかな?
コンパクトでもないのでケイデンスはかなり低め。

 ↓ キャノさん、アタック開始。車間が少し変化している
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55967263_3?1217237148


マツさんはブロガーではなく、確かtadahisaさんつながりだったような。
ヒルクライムレースをメインに出られているらしい。
キャノさんと一緒に登られる。

6月の乗鞍スカイラインHCのスタート地点で一旦休憩。
日差しはきついが、気温・風が涼しく、
やはり高地に来ているんだと実感。
まさに避暑。いい夏休みである。

 ↓ おいっ!さっきまでヘロヘロやったんと
    違うんかいっ!!バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55967263_5?1217237148


 ↓ 6月の時とはまったく様子が違う。
   透き通るような緑。高山植物も開花して色とりどりの花が咲く。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/1500672/img_1500672_55967263_6?1217237148


  ― 続 く ―

写真と記事はまったくリンクしていません。
挿絵くらいに見ておいてください(^_^;)
最初のうちはまったく撮ってなかったんですよ~
6月時のレポとトラバさせてます。景色の違いを比べてみてください。

お深い終了


8時に無事帰宅しました。
最初はどうなる事かと思いましたが、
いざ始まってみるとやはり楽しいオフ会でした。

スケジュールもうまく流れて、十分に楽しめました。
参加いただいた皆さん、ありがとうございました。
副幹事からお礼申し上げます(^O^)

さて、来年のお深いは私が幹事という事になり、
「大阪お深い」という事になります。

日程、コースなどまたいろいろ考えていきます。
来年もブログラインズのオフ会をお楽しみに(^O^)/

いよいよお深い!!

イメージ 1

tadahisaさんとま~し~さんとこからタイトルぱくりました。(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪

( ̄ω ̄;)エートォ...ほとんど放置状態だったのですが、
お深いですね。cloverさんを入れて全部で9名です。

登坂という事で、各自のペース差がかなり
出てくると思うのですが、にごらんさんと
ま~し~さんのサポートは私が引き受けます。

ま~し~さんは私の10万HITプレゼントですね。

6月のレースでは一気に駆け上がったコースですが、
お深いではその景色を十分に堪能しようと思っています。

天気はもちろん晴れです。
下山時はやや冷えるかもしれませんが、
曇らない限り特に問題はないでしょう。

登頂後、登山もするとかで歩く用の靴を
持って上がらないといけませんが、
できるだけ軽いものにしてもらった方が
バイク区間でしんどくないと思います。

特にこれといった注意事項はないですが、
家~家がイベントですからね。みなさん、
事故のないようよろしくお願いします。

ではでは、現地でお会いしましょう。

四国組と途中で合流できそうなら
できるだけ調整しようと思います。
キャノさんの都合次第かな?
12時頃に高速に乗れるのがベストなんですね。

飯南HC レポ⑤

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


会場へ戻り30分も待たない内に表彰式開始。待ち時間が少ないので
かなりありがたかった。少しの待ち時間の間にカジキマグロさんの
ご家族の方がおられたので、下山遅れると思いますよ~と伝えておいた。

そして車で戻られたカジキマグロさんから声をかけられ、
しばし話をした。どうやら途中でパンクされたとか。
入賞常連の方なので残念だっただろう。


11時から式開始で女子から。
総合優勝はコムレイドの清水さんというBR-1の方でコースレコード。
33分台だったとか。強烈なレベルである。
3yanaさんは4位入賞。あのレベルで4位ですか~。
やはり激戦区は厳しい(-ω-;)ウーン

たつおさんは残念ながら7位。十三峠マニアさんから
「たつおさんの表彰式の写真を撮っておいてね~」と
言われていたが、残念ながらその機会はなく・・・。

JINさんのチームメイトのつるさんは見事入賞。
やはり速い。JINさん・たきたきさんが夜のBR-1ならつるさんは
夜のBR-2?(*_ _)ノ彡☆ギャハハハ!!バンバン!!
皆さんお疲れさまでした~。


式の後、じゃんけん大会でいろんなお土産が用意されたが、
あまりに負け続けてしまうのと暑さで退散。
風呂に入り、岡山に向かう。岡山は観光めぐり目的である。

そしてそれは起こった・・・

行きに下道で走ったのだが、あまりにきついので
レース後は高速で帰ろうと決めていた。
会場から三次市(みよしし)まで50km?下道を走っている時から
( ̄-  ̄ ) ンーやばいかな~という感じはしていたのだ。

高速に乗ってからしばらくして睡魔が来ていつもなら
SAで休むのだが、時間制限があったので無理して
(ここが危険)強硬に進む。
気がつく間もなくまぶたが落ちていた。

Σ(=゜ω゜=;)ハッ!!と気がつくと目の前にガードレールが!
とっさに急ハンドルを切りガードレールをぎりぎりで回避。
幸運にも周りに車はおらず、大事故にはならなかったものの、
さすがに「これは死んじゃう」と認識。
すぐ近くの避難場所へ退避して、そのまま1時間ほど沈没。
しばらく動悸がおさまらなかったが、よく無事故で済んだものだ。
これからは気をつけなければ( ̄Д ̄;;

岡山入りは4時半。岡山スイーツラリー
[(http://www.okayama-kanko.net/sweets/)]の
店の閉店時間が迫っていたので、岡山駅近くの駐車場に停め、
徒歩で店を探してうろうろ。3店舗回って時間切れ。
残り1店舗は翌日にまわる事にした。


明けて月曜日。帰り道途中にありそうな店を探して
そこへ向かう。開店には少しだけ時間があったので、
周辺を散策。「閑谷学校」という江戸時代の学校が
現存する所らしく、後からどんどん観光客が来ていた。

拝観料が必要だったので今回は中には入らなかったが
また秋にでも来てみたいと思った場所。
なかなか雰囲気が良かった。

最後のスタンプを押してもらい目的達成。
なかなか面白かった。帰りは国道2号線から
第二神明へ。夕方から当直。
予定通り当直には間に合った。

暑かったが、楽しい休日だった。
3yanaさん・カジキマグロさんと初絡み。
カジキマグロさんは十三峠マニアさんの
バームクーヘン大会で一度お会いしているが
まともに話をさせてもらったのは今回が初めて。

3yanaさんのレベルは十二分に理解できたので
次回から要注意人物リスト入りヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
香川在住という事でたらちゃん・tadahisaさんとのTTR会談の時に
是非参加してもらいたいですね。
走る時は3TTRで?ψ( ̄▽ ̄)ψイヒイヒイヒイヒ

おしまい~

写真①レース後、会場横の施設内で食べたキャラメルソフト。
写真②岡山スイーツラリー1品目、そばソフト。
    のどを通った後にそばの風味が感じられた。和風テイストでおいしい。
    そば屋さんが片手間にソフトを売っている感じで、
    見た目は最悪ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆ソフトの形ってこんなの?

写真③ラリー2品目。はちみつソフト。山田養蜂場経営の店で販売。
   はちみつは元々甘いのでこれは大体予想通りの味。でもおいしかった~

写真④ラリー3品目。こちらはソフトではなく、ジェラート。
   牧場直営なので味が濃厚。これも美味しかった。

写真⑤ラリー4品目。しょうゆソフト。かかっている茶色いのは
   プリンの下にある黒いのと同じものみたい。カラメル?
   でもこれものどを通ったら、かすかに醤油の風味が…。
   味が想像できなかったので、以外においしい1品にびっくり。

写真⑤というわけで、スタンプ4個収集。当たるかな?

飯南HC レポ④

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


最後の1.5kmは試走した時とは別のイメージだった。
平地と下りがある尾根伝いだと思っていたら、結構登っていて、
斜度こそ緩いものの、スピードが乗る分、ペースがやや崩れ、
ゴール手前2か所の坂で撃沈。ヘロヘロでゴールとなった。

手持ちの時計で37分台。アナログ時計なので秒までは見ていない。

ゴール後、1位と2位の選手と話をする。
NOKOの金森さんの話では、後ろから「水色~!前に追いつけ~!」
と思いつつ追走していたそうな。
で、1位の選手は「追いつかれる~!」と思いつつ走ったそうな。
その間の私は当然両方思う訳で…(*≧m≦*)ププッ
(落ちてこい~!&追いつかれる~!ね)

さらに1位の方は前の週の大台ケ原に出ていて、
私のすぐ後のタイムだったそうで、大台の後、
私のブログを見つけ、マークしていたとか。
ヒルクライムレースは大台ケ原が初レース、
飯南が2戦目だとか。2分近く差を開けられてしまった。
マイリマシタ。


ゴール後は地元の農産物の大判振る舞い。
メロン・バナナ・スイカ・トマトなどなど。
食べ放題だったのだが、後半にスタートした
年齢の高い方々は足りなかったとか。

冷えたトマトを最初に頂いたがこれが最高においしく、
一気に食べつくした。標高も1000mあるらしく
風が非常に心地よい涼しい風が吹いている。

続々と選手がゴールしてくる。そこかしこで歓談の声が聞こえる。
聞いているとやはり山岳入口の分岐を通過してしまった選手がいるとか。
スピードが乗る区間なので、曲がるポイントを知らなければ
どうしてもそうなってしまうよな~…。

3yanaさんもゴール。予想通りの35分台。入賞は間違いないだろうと思っていると
これがかなりハイレベルなレースになったようで35分台がゴロゴロいるとか。
昨年とは格段にレベルが上がっているレースになった。

ブログ仲間もたくさん参加しており、久しぶりにお会いする方も。
JINさんのチームメイトのつるさんとたきたきさんも完走。
たきたきさんに関してはどうしても「酔いどれ」というイメージが
強いのでお会いするとつい(* ̄m ̄)プッとなってしまう。
この大会の前日も3人で夜遅くまで飲んでいたとか。
さすがである。

たつおさんは私と同じ37分台の模様。
さてどっちが速かったのだろう…?
もうそろそろ追いつかれるくらいなのだが…(^_^;)

下山時刻まで1時間以上あったが、いろんな人と話をしていると
あっという間に時間が過ぎた。

しかしスタート前のアップ時に何度かすれ違った
ビバーチェのカジキマグロさんがゴール付近では
見られなかった。何かあったのかな?

下山時になって、最後尾の車が上がってきた。
回収車も上がってきたのだが、その中にカジキマグロさんが
乗っていた。( ̄◇ ̄;)エッ?何何???
お話はできなかったので、そのまま下山開始させてもらった。

下山ルートは来た道を戻る。山岳コースはもちろん、
あのアップダウンも。
想像してみてください。レース距離13km。その内登坂は7km。
レース時間は速い人で35分、長くても1時間。
そりゃ~も~、ビッグレースほどの競技時間はないので
選手達の元気な事( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

山岳ルートをバイクの先導で下り切りアップダウンに入ったとたんに
先導のオートバイがかなりの加速を始める。やめれ~!Σ(; ̄□ ̄A アセアセ
当然先頭集団は活性化。もうめちゃくちゃハイペースなレースが
始まった。当然それに乗る(ナゼ?)

登りでは先頭付近まで追い付き、ダウンで限界までコーナーを攻め、
その後の登りで少しずつ順位を上げ、先頭へオイオイ...( ;・_・)ッ( ゚ー゚)ウキ...

「何をしとんねんっ!」バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!
と後ろから突っ込まれた。見るとJINさんである。
何と2番手につけられていた。何だ、元気じゃ~ん( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

その後、JINさんとJINさんのレース仲間の方と競り合い、
会場まで。いや~、往復レースするとは…。しんどいっちゅーねん(-_-;)
レースで全部出し切ったつもりだったが、ゴール後の休憩で
かなり回復していたようだ。足がよく回った。

  ― 続 く ―

写真①ゴール後のトマト。空気もよく走った後でめちゃくちゃおいしい。
写真②ゴール地点からの眺望。天気がよく、めちゃくちゃいい!
写真③ゴール地点の様子。行き止まりなのでやや混雑…。
写真④珍しい深緑のインターマックス。このバイクの持ち主が、
   たまたまレポ③の写真を撮ってくれていた。奇縁である。

飯南HC レポ③

イメージ 1

イメージ 2


8時15分になりレーススタート。最後尾からスタートして
集団の様子を見ていたが、最初から単独でガンガン飛ばしていく選手がいた。
特に気にしなくても大丈夫だろうと思っていたら、
NOKOの2人が並んで集団先頭を進むのでこちらを追いかける。
もう一人速いチームジャージの人がそれに乗っていたので
こちらもチェックを入れる。レース会場ではよく見かけるジャージで
速い人が多い。フォームも綺麗だしレベルは高いと判断。

スタート直後の1つ目の登りは試走の時で5分かかったので
レースモードでは3~4分かかると判断。
後方から前の選手を追いかける形になり
差を詰めるのにちょうど3分、ひとつ目のピークで
NOKOの2人ともう一人の3人集団に追いつく。
下りは追い越し禁止なので後ろにツキイチ。

最初に飛び出した選手は落ちてきていないので独走で逃げた模様。
あのペースで飛び出したら最後までもたないはずだと考えた。
これがかなり甘かったポイント。

ほったらかしにして大丈夫だと思って、NOKOの選手だけを
マークしていたが、ペースがやや遅く感じたので前に出て
引いてみようとしたが、登りで少しだけ引いて後ろを見ると
1車身くらい離れている。

どうする?前を追う?後ろを待つ?

ここは前を追う事に。追走ペースなのでややオーバー気味。
案の定アップダウンでかなりのインターバルがかかり
足をたくさん使ってしまう。

思っていたより早くにアップダウンをクリアして
山岳ルートに突入。後ろを確認しても誰もいなかったので、
この時点で2位は確定していた。

しかしどこで追い付かれるか分からないし、
前に追いつかないと優勝はない。
作戦としては前が垂れるはずなので、
こっちは自分の登坂ペースを作ることを優先。
しばらくじたばたしていたが、登り始めて少しすると
ペースが何となくつかめてきた。

前の選手の背中も見えたりしてきたので、
タイム差を測る。10秒ちょっと。よし、5kmで10秒なら
多分追いつけるはずだ。しばらく我慢比べだな。
(まだ自分の方が速いと勘違いしてる)

相手の背中が見えると追いつこうとする意思が働き
ペースがやや上がる。実際9秒くらいまで縮めたのだが、
その後差が詰まらない。つづら折れで足元を見ると
黄色いジャージが見えた。NOKOの金森さんか。これはまずい。

前との差が詰まらないばかりか後ろとの差が縮まってきている。
焦る気持ちがわいてくる。ペースが乱れた所にきっちり金森選手が
とどめを刺しに来る。
残り3kmの看板の所でパスされ、3位に後退。
かなりのオーバーペースになっていたが、
この金森さんについて行けずに切られてしまう。
このあたりでやっと自分の身の程を思い知る。
気づくの遅いって・・・(T-T )( T-T)ウルウル

そして間の悪い事に丁度応援団がそのあたりに固まっていたのだ。
切れてマイペースに落とそうとしていたところに、人の目が
あったものだからオーバーペースのまま、まだしばらく頑張る。

これがダメ押しになり、人の目が無くなった所でジエンド。
集中力が切れると差はあっという間に広がり、視界から消えてしまった。

後はマイペースで消化レース。もちろん個人TTモードで
自己記録を作る為に必死で頑張る。それでもこのレースを舐めて
かかった自分が悪い。悔しい気持ちがわいてくる。どんなレースでも
舐めちゃダメなんだ。そう、たとえ、大台ケ原のチーム戦でも。
改めてレースの難しさを思い知らされる。

  ― 続 く ―

写真は[(http://blogs.yahoo.co.jp/bcim4941/41528450.html)]←の方から頂きました。
みんなカメラ持って走ってるんですね~( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

飯南HC レポ②

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


試走が終わり、会場へ戻り施設内の風呂へ。
風呂は人も少なく閑散としている。
ホントに明日レースあるんだよね…?(^_^;)

夕方まで休憩室で1時間ほど仮眠。
どこでもどんな状況でも寝られるのはある意味特技?(* ̄m ̄)プッ
帰りはそのおかげで死にかけたが・・・。

夕方6時くらいまで寝て、道の駅とんばらという所まで移動。
途中のスーパーで夕飯と朝食を買い、道の駅でテレビを見ながら
時間をつぶす。人も少なくクーラーも効いていてかなり快適。
夜7時から9時くらいまではほとんど貸し切り状態だったので
ここで寝ようかと思ったくらい(*≧m≦*)ププッ
でもあまりに寒くなったので車へ移動。

9時半には就寝。明け方寒くて目が覚めた。
やはり山間部は冷えるのだ。
寝袋に入り直して2度寝( ̄O ̄)(-.-)(_ _).zZ


朝はAMUSEのたつおさんと合流。
5時半から車でコースの案内と下見。
前半のアップダウンと山岳コース入口の
分岐点だけ覚えておく必要があるのでそこは確認してもらう。

会場へ戻り、レースの準備。
準備中に3yanaさんとあいさつ。
3yanaさんの方が私を見つけてくれた。
しばし話をする。雰囲気はgogolookさんに似ている。
今回は彼女を連れてこられているとか。

  いいな~・・・

( ̄◇ ̄;)ハッ!いかんいかん。妄想は置いといて、
歓談した後再び準備にかかる。

アップは入念にと思ってみんながアップしてなさそうな
コースを走りに行くといつの間にか後ろに3yanaさんが
ついて来ていたΣ(|||▽|||;)マジッスカ!

オオカーラを41分台で登られたという事で
3yanaさんのレベルは飯南では35分くらいと判断。
という事は当然私より速いのは想定してしかるべきで…。

登りでアップをしたが、こっちが息が切れているのに、
3yanaさんはフツーについて来られる。(-ω-;)ウーン
やっぱり私よりかなり速い人なんじゃん。
(この時点ですでに自分は速いと勘違いしている( ̄m ̄〃)ぷぷっ!)

1本だけ一緒に登り、分岐で別れ、さらに登り続ける。
体も少し温まったのでスタート地点に行き、
スタートの練習をする。スタートはいきなり9%の
登りからスタートなのだ。いきなり飛ばしすぎてもだめだし、
かといって、ゆっくりスタートするとその後のアップダウンで
単独になってしまう可能性があるし・・・。

何度かスタートで練習してみたが、ちょっと難儀な感覚。
ロケットスタートでもかましてやろうかいと思っていたのだが
(このあたりも天狗になっている証拠)それも却下。

開会式でdaddyさんから連絡を受けていた西川さんという方に
私を見つけてもらう。しばし話をした後、ブツを受け取り、
スタート地点へ。(daddyさん、ありがとうございました。)

スタートは8時と思っていたが、これが認識間違いで
8時15分からとか。待つ間めちゃくちゃ暑く、
じりじりと体が焼けていく。干物になる~ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

daddyさんから「うちの速い子が出るよ」とメールが
来ていたのでNOKOの方をマークする事に。daddyさんが言うくらいだから
かなり速いのだろう。要注意要注意。NOKOから2名、
同じカテゴリーに参加されていた。

  ― 続 く―

«  | ホーム |  »

プロフィール

rumirai01

Author:rumirai01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車 (2472)
アニメ・マンガ (76)
その他 (858)
第1回お深い しまなみ (35)
ドリンク (84)
オフ会関係 (202)
年間スケジュール (32)
車 (34)
淡路合同ツーリング (114)
第2回お深い 信州 (13)
グランフォンド七葛 (20)
地図・廃線 (317)
第3回お深い 徳島 (13)
CTS→TDH→エタップ (85)
第4回お深い 乗鞍スカイライン (11)
第5回お深い 大阪 (38)
ロードに乗り始めた方へ (11)
廃線 目次 (1)
メンテナンス記録 (1)
カメラ (72)
おもて書き (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR