2008-10

熊野古道HC レポ④

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

下ってくると天気はどんどん晴れてきて
暑いくらい。途中で着ていたジャージを脱いだ。
下る最中は景色がよく遠くまで見渡せる箇所も。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57141805_0?1225423232


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57141805_1?1225423232


Bコースゴール地点付近にお寺があり、
境内には入らなかったがちょっと立ち寄る。
いままで素通りしていたので階段入口まで行ったのは初めて。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57141805_2?1225423232


↓ ダウンヒル中~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57141805_3?1225423232


(@'ω'@)ん?コダマ?
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57141805_4?1225423232



会場に戻るとまぐろの解体ショーが始まっていた。
専用の刀みたいな包丁できれいにさばいていく。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57141805_5?1225423232


↓ おわっ!!わさびがっ!!(((((((/;_;)/ ヒィィイイー!!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57141805_6?1225423232


↓ 第5回記念大会イベントとして地元の太鼓会(?)が
  演技を披露。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57141805_8?1225423232


その後お楽しみ抽選会、表彰式と続いた。
抽選には何も当たらず。でもレース仲間が
たくさん入賞してうれしくもあり、
ちょっと寂しくもあり…(^_^;)


前日からお世話になったチームの方に
お礼を言い、お別れ。
ナビが国道309号線を指示するので
三重県から紀伊半島のど真ん中を通って帰るはめに。

国道168号線が通行止めだったらしい。
えらい時間かかったが夜に無事帰宅。

串本ツーリングがメインになる予定だったが、
お呼ばれした事によりたくさん楽しい事が
経験できた。呼んでくれたS木さんに感謝感謝。
東京から参加されたT辻さんもまた遊びましょうね~。
釣りでもしてヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

 ― お し ま い ―


明日からのネタがないっ!!( ̄x ̄;)
太ったネタでいくか!?
スポンサーサイト



熊野古道HC レポ③

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ラスト3km手前くらいの強烈な下りを下った先に
林業関係者の方がおられて応援してくれていた。
空模様が良くないのに朝早くからありがたいことです。

挨拶をしつつ、前にいる選手を目標にペースをつくる。
下りきった先から後は登るばかり。
斜度もきつくなったりしてペースが落ち、
前の選手とさよ~なら~。
そして次々に追い抜いてきた選手に追いつかれ、
パスされていく。

今回サカタニさんとこからたくさんの選手が
参加されており、そのうちの一人にも
一度は追い越したのだが、最後の登りで追い抜かれた。

ラスト1kmはこの大会の特徴でもある激坂区間。
とにかく路面の悪さが特徴でコンクリートが深く割れ、
ライン1本間違えると先へ進まない。

シクロクロス並みの路面の悪さに加え、
斜度も10%は軽く超えている。
そして枯れ葉が堆積して、さらに苔まで…。
これ以上ないくらいの路面の悪さで
もう笑うしかないヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

コンパクト+23Tで臨んだのだが、やはりここは27Tを
持ってくるべきだったか…。しかし無いモノは無い。
意地で踏み切り、ゴールまで。

↓ ゴール地点の様子。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57131116_0?1225337821


↓ 昨年より参加者が増えたのでバイクをかけるバーが
  設置されていた。こういう所まで考えてくれるとは。
  芸が細かい。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57131116_1?1225337821


すでにゴールしていたレース仲間と合流。
汗が冷えるので着替えつつ歓談。
持って来た着替えをすべて着衣し、
下山まで井原さんのトークショー(え?)を
楽しむ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

↓ 昨年の同大会でイメージが正反対になった井原さん。
  今回も昨年に劣らずの名演説。いや~おもしろい。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57131116_2?1225337821


最後の選手が登ってきてやっとこさ下山開始。
…の前に、コース(林道)を管理している地元の
林業の責任者が、トラックの荷台に立ち、
感謝状を渡されるというイベントが。

第5回という事で、5年間この大会に
協力してくれたお礼である。確かにここまで
山奥の道を管理するのは大変だろうし、
地元関係者の協力なしには公道レースの開催はありえない。
感謝感謝である。また来年以降もよろしくお願いします。

↓ 下山開始直後の空。ど~んよりと・・・
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57131116_3?1225337821


下山を開始し始めてしばらくしたら
空が晴れてきた。これがレース中だったらと思うと残念である。
sakataniのトップクラスが何人かで固まって下山されていたので
うしろにつかせてもらう。
帰りだが、レース中下った分登らないといけないのも
この大会の特徴( ̄m ̄〃)ぷぷっ!当然ペースアップする人も(ん?)

景色のいい所で写真を撮りつつ下っていると、
ブログ仲間の集団がコーナーで止まっていた。
何事かと聞くとどうやらChokoさんのパンクという事でヒト安心。
レース用の軽量タイヤの為か、ちょっとリスクがあるかも?
「レース中でなくて良かった」とは、満場一致の意見(* ̄m ̄)プッ

↓ 下山途中。レース中じゃないよ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57131116_4?1225337821


パンク修理が終わり、一緒に下山開始。
要所要所で撮影して行くうちにばらばらになったので
マイペースで下る。後日談だが、帰って写真を見ると、
昨年とほぼ同じ場所で、同じように撮っている。
何の成長もないじゃ~んヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

下山終了して車に荷物を積み込み、会場へ。
表彰式とお楽しみ抽選会である。

― レース後レポへ続く!まだかいっ!!☆ヾ(-Θ-;) ―

熊野古道HC レポ②

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

会場からスタート地点まで6kmほどパレード走行。
募集要項には距離30kmのヒルクライムとあるが、
実際にレースを行うのは、パレード走行の6kmを除いた
24kmで争われる。

公道レースなので路線バスやその他、地元の方の
協力がないと開催できない。

バスを1本やりすごし、道に並ぶ。
リザルトを見ると267人がAコースで
スタートしたようだ。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57118827_0?1225250385


↓ 例年ならとっくに道に並んでいる位置なのだが
  あまりに多くてなかなか道に出られない。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57118827_1?1225250385


↓ 最後尾に位置取る。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57118827_2?1225250385


↓ 7時半頃レーススタート。
  カテゴリー別スタートではなく、一斉スタートなので
  並ぶ位置によってかなりのタイム差が出る。
  ちなみに、今回最後尾からスタートしたが、
  号砲が鳴ってスタートラインをまたいだのが
  25秒前後。かなりのタイムロスである。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57118827_3?1225250385


楽しむつもりでレースに参加したのでのんびりスタート。
最初からガシガシ行って後半垂れるのは目に見えている。

スタート時にgogodarlingさんがおられたので
声をかけ前に。しばらくレース仲間やブログ仲間の人たちを
追いかけたが、追いつく人も追いつかない人もたくさん。

気がついた人には挨拶をしてパスしていく。
AMUSEのM井さんに追いついたあたりが
結構きつく、M井さんのペースもかなり
いいペースで登られるので姿が見えてから
追いつくまで結構かかった。

M井さんと何度かローテーションして
風のきつい区間を進み、山の中に入ってから
お別れした。

Bコースゴールくらいで、まほろばの
T辻さんに追いつくも、その後のダウンヒル&
平地区間でちぎられさよ~なら~。

あとはほとんど一人旅。
コース中盤から後半にかけての何度かの
下り区間は追いついてきた人に先に行ってもらい
安全スピードでダウンヒル。

カーブの真っ最中にグレーチングがあるので
コーナリングもかなり怖い。
しかも日が差し込みにくい道なので
朝の雨がまだ残っており路面は完全ウェット。

。゜゜(>ヘ<)゜ ゜。ビエェーンと泣きつつ
最後の激坂へ。

  ― レース編は次まで続く! ―

熊野古道HC レポ①

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

レース当日の深夜(早朝)ものすごい雨音で目が覚める。
まだ3時くらいだったと思うのだが、
これは雨のレースか??と夢うつつに雨音を聞いていた。

4時半に起床した時は地面が濡れている状態。
コース後半のダウンヒル区間が心配である。

荷物預けが6時半までと言う事なので、
準備をして6時前くらいに出発。

ぎりぎり6時半に間に合った。
前日、受付時に出会ったブログのビターさん
Chokoさん・こんちさん達ともご挨拶。

今回は第5回記念大会という事で
参加人数が大幅に増加。

↓ いつもは日の出が見えるが
  今回は曇りで見えず。残念。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57103246_0?1225150902


開会式時にはぱらぱらと小雨が来たが
ザーッという感じではないので問題なし。
ただし、コース上は完全ウェットだろう。
平均タイムは悪いだろうな~。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57103246_1?1225150902


↓ 開会式のあいさつ
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57103246_2?1225150902


↓ 例年なら白の軽自動車あたりが最後尾なのだが、
  今回は画面左端よりもっと後ろで、
  私が撮影しているあたりが最後尾。

  今回の参加人数の多さが改めて分かった。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57103246_3?1225150902


 ― スタートまでまだまだこの調子で続く! ―

串本サイクリング レポ⑨

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ぶつぶつ川の正確な場所がどこにもなかったので
ヤフー地図にて記録しておきます。
↓ 紀伊半島の南東部。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57089707_0?1225063808
 

↓ 紀勢本線 下里駅下車。南西に徒歩5分?
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57089707_1?1225063808
 

↓ 玉の浦海水浴場に流れ込む川の少し上流
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57089707_2?1225063808
 

↓ 写真ではこんな感じ。国道42号線から入るには
  ちょっと分かりにくいところ。
  玉の浦隧道を抜けた先の信号を右折して進む方が入りやすいかも。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57089707_3?1225063808
 

で、ぶつぶつ川を見た後、いつも行く温泉に入り
しばらく昼寝。夕方前になって受付会場へ移動。
受付でレース仲間と遭遇。

で、話が進み、なぜか「車中泊?んじゃうち来る?」
みたいな流れに…。ご家族と同じチームメイトも
一緒に泊まるようでそこに入らせてもらう事に。
いいのか??(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

夜はお子さんが「釣りに行きたい!」と言うので
お付き合いする事に。漁港で1時間。
サビキ釣りでアジを大量にGET。

持って帰って調理し、おいしくいただきました。
あ、写真撮ってない…(|||_|||)ガーン
ヒルクライムに来て、海に行って魚を釣る予定なんて
組んでなかったのだが( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

おかげで予想外の楽しい一夜になった。

下の写真は裏ワザにてCS400にロゴを表示させたもの。
ダウンロードできるらいしいのだが、珍しいと思ったのでネタに1枚。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57089707_4?1225063808
 

  ― 熊野古道HC(ヒルクライム)編に続く!! ―

串本サイクリング レポ⑧

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

今回の遠征の出発の朝、N●Kニュースで
那智勝浦方面の地元ニュースが流れており、
「お、ここ、今日行くとこじゃ~ん( ̄ー ̄)ニヤリッ」
とチェックしていた。

んで、その地元ニュースというのが
県が管理する河川に日本一短い川が
申請されたとか登録されたとか・・・。
詳しくはよく分からなかったのだが、
とにかく日本一(?)短い川があるらしいというので
ネタGETの為に、遠征の目的Ⅱに入れる事にした。

ただ、場所がいまいちよく分からず、
ネットで調べてみても正確な住所が分からない。
多分この辺だろうと予想してもあまりに
範囲が広すぎて見つかるかどうか分からなかった。

串本サイクリングが終わった後、温泉に入る前に
その付近を通りがかったので散策してみる事に。
国道42号線から海側に外れ、集落を通りうろうろ探してみる。

多分短すぎてナビにも出てこないのだろう。
さっぱり分からない。でもどこかの川に流れ込んでいるという
事だったので、それらしい川に目星をつけ向かう。

集落を抜ける道はかなり狭く、車のすれ違いは不可能。
たまたま「玉の浦海水浴場」という所を
通りがかり駐車場の看板があったのでバックで戻り駐車。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57079927_0?1225008809


徒歩にて散策開始。海水浴場は結構な広さで、
ほとんど人もいない。海水浴シーズンではないしね。
その海水浴場に流れ込む川を見つけ、
少しさかのぼってみる事に。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57079927_1?1225008809


普通、海水浴場とか、海に流れ込む川のイメージって
生活排水とかゴミとかで河口付近が汚れているイメージが
強いのだが、この河口は全く違った。

流れてくる川の水が透き通っており、
河口付近もゴミが全然なくそのまま水の中へ
入っていけそうなくらい。
川の規模は小さいがこんなに奇麗な河口は初めて見た。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57079927_2?1225008809


で、その川を少し上流に登ってみると…
見つけた。大人3人が何かしていたのだが、
話を聞くと毎●放送ともう一社別のテレビの
スタッフだった。どうやら取材に来ているらしい。

あまり邪魔をしちゃまずいので適当にサクッと
写真を撮って、遠巻きに様子を見る事に。

↓ 「名水」ではなく「名木」に見えない?ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
  長さ13.5m。50cmまで長さに入れるとは。細か~( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
  そして国立公園にしてこの手作り感丸出しの看板。最高です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57079927_3?1225008809


↓ 左に流れる川が主流。右斜め上に伸びているのが
  その日本一短い川。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57079927_4?1225008809


↓ N●Kのテレビ放映の翌日に民放の取材を受ける川。
  ただ、この川が観光名所となり地元が盛り上がるかどうかは…
  ちょっと無理かも?(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57079927_5?1225008809


水は確かにきれいで、ひしゃくがかけてあった。
そのまま飲めるらしい。防水携帯カメラなので
水につけて撮ってみても良かったかな?
ちょっと心残り。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57079927_6?1225008809


正面が主流。右手に伸びるのがその川。
水が湧く音がぶつぶつと聞こえるので
「ぶつぶつ川」と名付けられてたらしいのだが、
音まで聞こえなかったような気がする。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57079927_7?1225008809


  ― そしてさらに続く!! ―

串本サイクリング レポ⑦

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

ここにもあった、沈下橋。
こちらは「潜水橋」となっている。
今は使われなくなっているようで、対岸側の
橋の一部が欠落していた。昔は重要な橋だったのだろう。

沈下橋は全国各地に存在すると思うのだが、
昔々によく橋が流されていた河川にかかっている。
人や物が通る道だけで非常にシンプルな作りになっている。
欄干がないのは洪水が起きた時に、欄干に水流や流木等が当たり、
橋が崩壊してしまうため。あえて欄干を無くす事で
橋全体を守ろうという昔の人の知恵らしい。

綺麗なアーチの橋も好きだが、こういったシンプルなのも結構好きである。
風景に溶け込みやすいしね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57057727_0?1224890075


古座川を通って熊野灘からの風が
山手に向って登ってくる。当然、ひたすら向かい風(-_-;)
ゆっくりでも足にくる。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57057727_1?1224890075


牡丹岩という標識のある箇所に出くわす。
古座川町の観光案内を見るとこういった奇岩が
多く存在するようだ。
奇岩めぐりサイクリングなんてのもありかも。
一枚岩と同じ種類の岩のようで穴がたくさん空いていた。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57057727_2?1224890075


こちらもちょっと変わった山で、
想像だがこれも大きな岩なんじゃないかな?
ここは素通り。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57057727_3?1224890075


古座川沿いに走っている県道。
道幅が広く走りやすい。ただダンプが唯一のストレスか。
それ以外は問題なし。途中に銭湯があった。
ここにデポして古座川を登って行くルートもありかも。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57057727_4?1224890075


ほぼ河口まで降りてきて、集落に入った。
古い建物のようで看板が右からの読み。
まだ中は使われているかのようだったが、
何の建物かは判明せず。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57057727_5?1224890075


12時過ぎ。橋杭岩に到着。
古座川を河口まで走った後は
国道42号線をひたすら南下。
今度は風速5~6mの追い風となり
今回唯一のハイスピード区間となった。
心拍はもちろん抑えたままだが、気持ち良くスピードに乗る。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57057727_6?1224890075


橋杭岩のすぐ横に海水浴場があるのだが、
いつもは車だったので素通りしていたが、
今回は自転車。ちょっと立ち寄る。
見るとウィンドサーフィンの集団がいた。

風がきついのかスピードがめちゃくちゃ出ている。
向かい風でも斜めに進むことによって前に進むの?
沖まで行ってこちらに帰ってきてというのを
繰り返していた。見ていておもしろかったので
ここでぼーーーーーっとしばらくウィンドサーフィンを見ていた。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57057727_7?1224890075


12時半。車まで戻ってきた。昼食は食べずに
こちらに来たときにいつも寄る銭湯へ移動。
いい感じに楽しめた。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57057727_8?1224890075


  ― 実はまだまだ続く! ―

串本サイクリング レポ⑥

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

一枚岩に関してはこちら↓のHPを参照してみてください。
[(http://www.kozagawa.com/)]

とにかくでかいの一言。
河を挟んで国道側には喫茶店があるが、入らずじまい。
今から思えば入っておいてもよかったかも。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57051511_0?1224843135


端から端まで500mあるらしい。
ゴールスプリントしても早がけの距離である。
長いな~ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57051511_1?1224843135


縦に筋が入っているのは水が流れた跡。
今は流れていないところもあるが、
別の所に滝ができていたりして
筋は何本もできている。ただの岩なのに不思議である。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57051511_2?1224843135


多分、冬になって木々が枯れたら大きさがもっと
はっきり分かると思うのだが、残念ながら木々で
境界線が分かりにくくなっている。
写真の右はじから中央にかけての岩がそうである。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57051511_3?1224843135


清流という言葉にふさわしい綺麗な川。
カヌーが3艇ゆっくり下って行った。
ああいうのもいいな~(^.^)/~~~
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57051511_5?1224843135


一枚岩から少し戻ると橋があり
国道から離れるルートになる。
地図を持っていかなかったので
よく分からずに進んでしまったのだが、
これが予想外に正解。多分国道ができるまでの
主要道だったのだろうが、今はひっそりとした
林間道。車も全く来ず、路面は比較的きれい。
静かな雰囲気でのんびり走れた。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57051511_6?1224843135


その道沿いで一枚岩の一部と思われる箇所に遭遇。
おそらく中はスポンジのように穴だらけなのだろう。
どういう風に固まればこんな空洞ができるのか
さっぱり分からない。自然の造形美は不思議がいっぱいである。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57051511_7?1224843135


古座川を挟んで向かい側には走ってきた国道371号線が
あるのだが、時折ダンプが走って行く音が聞こえる。
こちらの道は静かなもんでアップダウンは皆無。
ブラボー!な道!(^^)!
スピードも落としまくって時速23~25km/hくらい。
快適快適( ̄∀ ̄*)イヒッ
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57051511_8?1224843135


  ― 続 く ―

串本サイクリング レポ⑤

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

潮岬から紀伊大島にかけて走っている県道は
40~41号線。40号線が潮岬側、41号線が
紀伊大島側となっている。
国道42号線は交通量も多く怖いのだが、
県道にはいると比較的走りやすい。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57045677_0?1224804761


再び車まで戻り、朝食。10時すぎくらい。
出発前とは日の高さが変わっており、
景色もだいぶ違って見えた。
海の色が本当にきれいだった。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57045677_1?1224804761


の~~んびりとおにぎりを食べ、景色を楽しむ。
漁船が帰ってきたりしていた。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57045677_2?1224804761


10時45分。国道42号線から国道371号線へ入る分岐にて。
ここからしばらく登坂が続く。地図上には「六郎峠」が記されていた。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57045677_3?1224804761


ここが六郎峠。何か標識でもあるかな~?と思って探したが
何も見つからず。串本町と古座川町を分ける峠である。
トラックが多く、やや走りにくい道であった。
トラックが少なければ気持ち良く走れる緩斜面である。
土曜日ではなく日祝日なら良かったのかも。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57045677_4?1224804761


古座川町の案内標識。五郎橋というのもあるらしい。
人の名前がついているのは興味あり。
昔何かあったのだろう。と、ちょっと想像。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57045677_5?1224804761


↓ 日本のエアーズロック。古座の一枚岩。
 切れ目なしの一つの大きな石(岩)なのだが、
 とにかくでかい。岩石なのに何本か小さな滝ができているし、
 木も生えている。また川面には小さな穴がいくつかあいており、
 空洞であると思われる。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57045677_6?1224804761


↓ 案内板~。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57045677_7?1224804761


小さい頃にキャンプしに来た事があり、
それはおぼろげながらに覚えている。
ドラム缶で風呂に入ったような気が…。

水がきれいでかなり透き通っている。
夏には泳げそうなくらい。河原近くまで
車で降りていけるようで、駐車場があった。

↓ 当然写真には入りきらない。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57045677_8?1224804761


― 続 く ―

串本サイクリング レポ④

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

観光案内の「海金剛」という名前にひかれて
ちょっと寄り道。県道から離れて細い住宅街を進むと
日米修好記念館が出てきて、さらに岬の方へ進める。

ところがこの岬に進む道がとある道を思い出させる道で、
それがどこかと言うと、2月に強行進軍した「佐田岬」
への道に雰囲気がにているのだ。
[(http://blogs.yahoo.co.jp/rumiko_01/53535994.html)]

もちろん路面は整備されており、激坂があるわけでもないので
自転車でも乗ったまま進める。
ただし道が細いので観光客が多い時は無理。

↓ たらちゃん>こんな雰囲気、極寒の2月に見たよね~?( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
  寒かった悪夢が…(´;ェ;`)ウゥ・・・
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57032821_0?1224718874


海金剛とは金剛石(ダイアモンド)みたいなってイメージらしいのだが、
見てみると確かにすごく鋭利にとんがっている。
空から何か落ちてきたら突き刺さりそうなくらい(^_^;)

↓ 真ん中の三角形の岩が海金剛。写真で見るより実物の方が
  はるかにとんがっている。綺麗な直線が出ているためである。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57032821_1?1224718874


↓ まわりの木々は南国の雰囲気。高地や沖縄でみた森に似ている気がした。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57032821_2?1224718874


↓ 遊歩道が整備されており、何箇所か展望台が設けられている。
  すべて行き止まりだが、お弁当を持って食べにくると良さそうな場所。
  ただし、訪問者が少ないのか、くもの巣が大量発生。
  クモには申し訳ないが、巣を引っかけながら進むしかない。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57032821_3?1224718874


↓ 別角度からの海金剛。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57032821_4?1224718874


再び県道に戻り、潮岬方面へ進む。
途中に集落があるのを地図で調べていたので
寄ってみる事にした。須江漁港である。

このあたりは航空自衛隊があり、
自衛隊の官舎がいくつか建っていた。
もちろん主となる産業は漁業であるのだろうが。

地図で確認していた道が、排水管工事の為通行止め。
何とえらい細い林道を迂回する事に。
坂も結構急坂で、海に向ってどんどん下って行くものだから
帰りの事が心配になってしまった(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

結局漁港まで下り須江の集落を見て回り、
さらに須江白野海水浴場に寄り道して
来た道を戻る。案の定帰りはきっつい坂を登る事になってしまった。

↓ 須江漁港。外海の波の高さが感じられないくらい
  静かな漁港だった。水もきれいでどこでも泳げそう。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57032821_5?1224718874



漁港から県道に戻り、再び潮岬方面へ。
道は交通量も少なく快適に走れる。
ただ見晴らしがいいわけではないので
ただ単に進むのみ。

↓ 紀伊大島内の分岐点
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57032821_6?1224718874


↓ 緩やかな坂の道が延々続く。
  結構暑かったので半そでで十分だった。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/24/4d/rumiko_01/folder/493962/img_493962_57032821_7?1224718874


  ― 続 く ―

«  | ホーム |  »

プロフィール

rumirai01

Author:rumirai01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車 (2472)
アニメ・マンガ (76)
その他 (858)
第1回お深い しまなみ (35)
ドリンク (84)
オフ会関係 (202)
年間スケジュール (32)
車 (34)
淡路合同ツーリング (114)
第2回お深い 信州 (13)
グランフォンド七葛 (20)
地図・廃線 (317)
第3回お深い 徳島 (13)
CTS→TDH→エタップ (85)
第4回お深い 乗鞍スカイライン (11)
第5回お深い 大阪 (38)
ロードに乗り始めた方へ (11)
廃線 目次 (1)
メンテナンス記録 (1)
カメラ (72)
おもて書き (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR