2013-07

夜練時に

イメージ 1

マテ茶って名前はよく聞くんだけど、ちゃんとお茶として飲んだ事はない。

味は知らないんだけど、このジュース、枯れ葉の味がする…。

食用油脂も入っているらしいんだけど、もしかしてマテ茶って結構苦いのかな?
スポンサーサイト



コーヒーは飲めないけど…

イメージ 1

味覚がお子ちゃまなので、コーヒーは飲めないけど、
砂糖、ミルクが入っていればOK。

コーヒー牛乳とかカフェオレは好き~♪

お酒も飲めないけど、ノンアルコール飲料ならOK、って事ではないので、そこんとこよろしく

SL観光7(静岡県)

整備車庫の中は解体(?)整備中の車両が置かれていた。
台車はスプリングバネだからSLのではないような・・・?
SLの時代って板バネですよね??
イメージ 1
イメージ 2
 
薪が山積み~。SLを1日動かすのには、水も石炭もめちゃくちゃ必要らしい。
道理で途中の駅に給水塔がある訳だ。    ↓新品の踏切。納品直後?
イメージ 4
イメージ 5
 
↓この後ろに乗りたい~。気持ちよさそう。 
イメージ 6
イメージ 7
 
で、車に戻り、車で移動。新金谷駅から金谷駅まで。
金谷駅は大井川鉄道の端の駅。JRと引っ付いてはいるが、
乗り換えには駅舎を一回出て、JRの改札を通る必要があるみたい。
ん~、ちょっと不便だよね。
イメージ 8
イメージ 9
 
今回は見られなかったが、アプト式が見られるのもこの大井川鉄道。
次回は見に来たいな~。↓金谷駅舎に展示されていた写真。 
イメージ 10
  イメージ 11
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
金谷駅のすぐ南西に廃トンネルが見られた。何かな~?と思って見に行くとどうやらトンネルの更新で古いのは破棄されたようだ。
すぐ隣には新しいトンネルが2本走っていた。
 
8へ

SL観光6(静岡県)

北海道などでSLの車両は間近に見てきたが、
やはり静態保存。冷え冷えだったが、ここのは動態保存。
釜にマキと石炭がくべられ、機関車の運転席はかなりの熱気。
そりゃそうだ。目の前にでっかい鉄の
ストーブが置かれているようなもんだから。
 
火が入っている機関車は初めてだったが、
すごく生々しく、ただ単なる鉄の塊という感じではなかった。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 
 
  
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
→石炭に火をつける為に必要な薪。最初の火起こしは薪からだそうな。 
イメージ 6
 
 ←SLと近鉄列車。不思議な光景。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ↑整備車庫から頭を出した所。
 こんなのが見たかった♪萌え~❤ 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
↑近所迷惑にならないよう、出発前の暖機運転は煙をフィルターに通してから排出。やはり加工した石炭でもススが出てしまうそうな。
 
で、整備車庫で見た「ん?」の一枚。が↓
イメージ 10
イメージ 11
 
どうやら燃焼室の穴をガムテープでふさいでいるらしいのだが、
すんごい興ざめ。オイオイこんなんで大丈夫かいな…(^_^;)というのと
ここまでSLの動態保存を見られて感動しているところに
いきなりガムテープ補修ってのはちょっとね・・・。
 
まあそれだけガムテープが偉大だって事で。
 
7へ

SL観光5(静岡県)

明けて翌日。天気は晴れ。
庁舎駐車場にデポのままロードで新金谷駅まで。
河川敷道があり、車が来ないので安全~♪
 
イメージ 1
 イメージ 2
 
イメージ 5
 イメージ 6
 
SLの資料館にある昭和のポスター。じっくり見ると結構おもしろい。 
イメージ 7
 イメージ 8
 
SL整備見学会の受付を済ませ、整備場へ。
電源車が動いている~♪ 
イメージ 9
イメージ 10
 
 
転車台~♪これは2011年に完成したばかりらしく、
イベントの時には人力で回す事ができるらしい。
今回は固定されたままの展示だった。
転車台の下に降りる事もできるので、下からSLを見上げる事もできる。
普段目にする事のできない角度でSLを見られる。 
 イメージ 11
 イメージ 12
 
↓石炭。煙があまり出ないように
多少加工されているらしい。         ↓整備風景。打音検査、清掃等。 
イメージ 3
イメージ 4
 
 
6へ。

SL観光4(静岡県)

新金谷駅前はSL資料館があり、いろんな展示物がある。
駅前のベンチもなかなかおもしろいデザイン。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
  ↓硬券を入れるケース。          ↓日付を印字する機械。 
イメージ 5
イメージ 6
 
 ↓鉄道関係のタイピン。ほすぃ~。   ↓昭和時代のポスター。味がありまふ。
イメージ 7
イメージ 8
 
新金谷駅から嫁は輪行袋で千頭駅まで。
自分は練習も兼ねて自走で千頭駅まで。
ここから練習モードで走行。途中、マリオカートのルイージとキノコが
コンビニ休憩をしているのを横目で見つつ、
お茶畑を見つつ・・・
 
 
 
イメージ 9
イメージ 10
 
往路で撮れなかった写真を撮りつつ・・・
 
イメージ 11
イメージ 12
 
イメージ 3
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↑硬券のケースが現役で使用されている。
 
→温泉施設の入り口にかけられていた提灯。めちゃくちゃでかい。
 
千頭駅に到着したのは17時過ぎ。
もちろん嫁の方が先に到着していたが、
それほど待たなかったらしい。
 
温泉に入り、夕食を食べて合同庁舎の駐車場で
車中泊。暑かった・・・。
 
⑤へ

スポーク折れた…

イメージ 1

新品のホイールのスポークが折れた…


ガーン…(>_<)

SL観光③(静岡県)

 
イメージ 1
イメージ 2
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
家山駅の他の駅舎もいい感じに残されていて、ほとんど木造。ガラスも波打っているので古いガラスが残っている感じ。 
 
道の途中に伝説の案内看板があったが、これだけ大きな川があると
橋一つかけるのにすごい苦労しただろうなと思う。 
 
イメージ 5
イメージ 6
 
静岡県なのでお茶畑が広がっている。
嫁はこれが何の植物か知らず、お茶だと知ると
初めて見たとの事だった。今まで視界に入っていても
垣根とか盆栽くらいにしか認識していなかったよう…。 
イメージ 7
イメージ 8
 
   ↓    ん 
イメージ 9
イメージ 10
 
イメージ 11
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
新金谷駅に到着する頃には快晴になっていて、めちゃくちゃ暑かった。
駅の向かいにSLの資料館があったので、中で休憩。クーラーが効いていてかなり助かった。
 
④へ 

SL観光②(静岡県)

つり橋のすぐたもとに、茶屋があるのだが、
その中で販売されていたご当地(?)サイダー群。
カレーラムネ?わさびらむね?トマトサイダー??
もはや発想が大阪人のような・・・(^_^;)
 
イメージ 1
  イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本一短いトンネルって事で観光パンフには記載されているが、
実際にはトンネルというより何をしたいのかよく分からない建造物。
隕石防護?知っている人は教えてくだされ~。
 
イメージ 5
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↑小さな谷間にも茶畑が広がっている。 
あのう梅林だったら梅の木だね。
雰囲気は似ている気がする。 
 
 →このあたりの蔵は壁からL字型のフックが並んでいる。これも使用用途がさっぱりわからなかった。何だろう・・・??
 
↓途中の家山駅にて。                ↓SLが走るので給水塔が現役
イメージ 8
  イメージ 7
 
イメージ 9
  イメージ 10
 
暑いので家山駅のすぐ近くの喫茶店でかき氷を注文。
お茶屋さんだが、コーヒー豆も扱っていて、かなり専門的に
コーヒーを研究されて店を出されているらしい。 
 
喫茶店で涼んでいるとちょうどSLが家山駅に到着。
急いでSLを見に行く。
実はこの駅も偶然休憩に立ち寄った駅で、
この駅を目指して走っていたわけではなかった。
たまたまSLが停まる駅だった訳で、すごい幸運。
タイミングばっちりだった。 
 イメージ 11
 イメージ 12
 
③へ

SL観光①(静岡県)

イメージ 1
平成25年7月14~15日(日月)
大井川鉄道を見に静岡に行ってきた。
 
 土曜日の夜中に大阪を出発。
千頭駅横の道の駅に到着したのが日曜日の朝3時頃。眠いじぇぃzzz。
 
 車で少し仮眠をして8時から行動開始。
 嫁同伴だったので、準備に時間がかかる。
ずれにずれて9時20分ころ出発。
 
イメージ 2
イメージ 3
 
イメージ 4
 あれ?と思った方は東海or関西の方かも。近鉄の車両が譲渡されて運行されている。他の鉄道から譲り受けた車両が走っているそうで、昔、他県で走っていた車両がここにある。(自分が分かったのは近鉄車両だけ)
  イメージ 5
 
 
 
 
 山の間を縫うように大井川が流れ、川に沿って鉄道が走っている。国道・県道もそれに沿うように通っているので、道に迷う事はあまりない。
 
天気は曇りだったが晴れに近い曇り。直射日光が遮られ嫁でも何とか走れる気温。
 
イメージ 6
イメージ 7
 
途中、古い建造物なんかを見ながら新金谷駅に向かって南下。
上の橋は水路橋。山の谷間に架かる橋で結構迫力ある建造物。
川の水はかなりきれいで、近くのキャンプ場では家族連れが大挙して
押し寄せていた。
 
途中、つり橋があるのだが、つり橋からSLを見られるというのは
少し前に放映されていた旅番組で見て、知っていた。
ただ、場所がどこかは不明だったのだが…。
 
ロードで走ってみるとすぐに分かった。
人も多くて人気スポットのようだ。
 
事前に調べる時間がなく、SLがいつ通るかほとんど分からず
来たのだが、偶然タイミングぴったりでSLが走ってくるのを
つり橋の上から見る事ができた。これはさすがに興奮した。
 
遠くから汽笛が聞こえ、気分も盛り上がってくる。
回りの観光客もおお~!って感じで集まってくる。
イメージ 8
イメージ 9
 
イメージ 10
イメージ 11
 
連写で何枚も撮ったが、アップするのは一部だけ。
つり橋の真下で煙を吐かれたらすすだらけに
なっただろうけど、そうはならなかった。じゃんねん。
 
つり橋は定員10名ほどだが、この時は20人以上は
つり橋に載っていたんじゃないかな・・・(^_^;) 
 
イメージ 12
イメージ 13
 
ちなみに電化もされていて、パンタグラフ用の電線も架線されている。これがなかったらもっといい感じなんだろうけど、現実無理だよね・・・(^_^;)
 
       ②へ(長いよん)

«  | ホーム |  »

プロフィール

rumirai01

Author:rumirai01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車 (2472)
アニメ・マンガ (76)
その他 (858)
第1回お深い しまなみ (35)
ドリンク (84)
オフ会関係 (202)
年間スケジュール (32)
車 (34)
淡路合同ツーリング (114)
第2回お深い 信州 (13)
グランフォンド七葛 (20)
地図・廃線 (317)
第3回お深い 徳島 (13)
CTS→TDH→エタップ (85)
第4回お深い 乗鞍スカイライン (11)
第5回お深い 大阪 (38)
ロードに乗り始めた方へ (11)
廃線 目次 (1)
メンテナンス記録 (1)
カメラ (72)
おもて書き (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR