2013-11

明治村観光(4)

レンガ&石組みだけではなく、鉄骨の遺物も保存。
 
        (↓隅田川新大橋)
イメージ 1
 イメージ 2
 
隅田川新大橋は鉄道も走っていたらしく、
橋の上に何と複線の鉄道が敷かれていたそうな。
当時としては最先端のすごい橋だったんだろうと思う。
橋一つにこのデザインだからね…(^_^;)
イメージ 3
 イメージ 4
 
教会も数件移築保存されている。
これは旅の間に行った伊王島にあったらしい。
 (↓大明寺聖パウロ教会堂)
イメージ 6
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 木彫りの細工が細かくほどこされており、
天井のアーチもすごく綺麗。 
 
イメージ 8
 イメージ 9
 
川崎銀行は東京にあったもの。
展示物はさほど多くはなかったが、先日行った尾道で見た
金庫と同じく、「イロハ」がダイヤルの所に掘られていた。
銘の入ったプレートも立派でおじゃります。
 (↓ 川崎銀行本店)
イメージ 10
 イメージ 11
 
イメージ 12
  残念ながら銀行の建物すべてが移築された訳じゃなく、角の部分を切り取ったらしい。遠目には城の塔かな?と思ったのだが、そういう訳だったのだ。納得。
 
 明治村内が見渡せる位置に立っているのだが、残念なのは落下防止のためのガラス(?)窓がひどく汚れていて、あまりきれいに見えない。これはもうちょっと考えてくれてもいいんじゃないかな~(^_^;)
 
つ づ く
スポンサーサイト



明治村観光(3)

入鹿池沿いを徒歩でテクテク。
バス道ではない所にも遺物が置かれているのがミソ。
バスに乗って回るのもいいけど、歩いてみてね~って感じだろうか。
 
  (↓台場鼻潮流信号機(関門海峡))              ↓SL~♪
イメージ 1
 イメージ 2
 
文字通り日本全国から集められたと言っていい収集ぶり。
自分の好きな「煉瓦+石組み」建築はこの時代に集中しているので、見ていて飽きない。
 
 
 
 
     (↓明治時代の裁判の様子)         ↓左端の1文が読めません。誰か読める?
イメージ 3
 イメージ 4
 
金沢監獄の一部が保存されている。また、囚人が入っていた牢屋も保存。
旅の間に、網走監獄を見たが、結構似ている感じ。
 
イメージ 5
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この牢屋は普通に角柱を並べただけの牢屋なので、向かいの囚人が見える。
網走のはそれすらできないようにひし形の柱が組み合わされていた。
囚人同士顔が見えなくて、看守人だけが囚人を監察できる。
2年前に網走監獄を見て、今回ここのを見ると違いが分かって興味深かった。
 
        (↓金沢監獄正門)             (小那沙美島燈台と川崎銀行本店の一部切り取り)
イメージ 9
 イメージ 10
 
監獄の正門は堂々とした煉瓦組みの門。奈良にある鑑別所も
現役で使われているが、この時代のは本当に立派。
耐震性がどこまであるかは不明だが、こういうデザインは好き~♪
 
つづく
 

明治村観光(2)

明治村内は、1~5丁目と区画割されていて、
入鹿池沿いが村の敷地になっている。
とにかく広いので1日で全部を回るのは不可能。
興味がある所なんかはじっくり見たいしね…。
徒歩で敷地内をうろうろするのは結構体力が必要なので
やはり乗り物券は必要と感じた。
       (↓北海道通信局等)               (↓東京駅前にあった派出所)
イメージ 1
 イメージ 2
 
        (↓京都市電)                 (↓同じく京都市電)
イメージ 3
 イメージ 4
 
日本各地にある明治時代の遺物がたくさん保存されているのだが、
そのほとんどが現役。SLも市電も当時の物を修理して動態保存されているのだ。
京都市電に関してはパンタグラフの付け替えが生で見られる。
空中につるされた電線から車両に電気を取り込む部分なのだが、
現在普通に使われているパンタグラフは◇←こんな形をしている。
 
当時は単純に棒が天井についているだけで、ものすごくシンプル。
単線を行ったり来たりしているのだが、折り返す際にはこのパンタグラフの
向きを逆向きに付け替える作業がある。    ↓こんな感じ。
イメージ 5
 イメージ 6
 
電線からパンタグラフが離れている間は、車両に電気が流れていないので、
車両内の電灯は消灯される。(照明が着くのは夕方だけ)
こういった一つ一つの作業がすごく新鮮。
         (↓品川燈台)                 (↓灯台官舎のご不浄(トイレの事ね))
イメージ 7
 イメージ 10
 
霧砲は灯台に設置されていた「音で岬の位置を知らせる道具」
武器ではなく、安全のために使われた大砲。
旅の時にも古い霧笛の痕跡を見る事があったが、
これは初めて見た。
                                   (↓霧砲と呼ばれる物)
イメージ 8
 イメージ 9
 
  (↓さほど興味がわかなかったので入らず)
イメージ 11
 イメージ 12
 
 つ づ く (このペースでレポ20くらいまで?)

明治村観光(1)

平成25年11月24日(日)
愛知県犬山市にある「博物館明治村」に行ってきた。
(※ナビでは“めいじむら”では出ず、“はくぶつかんめいじむら”で出る)
 イメージ 1
最近嫁と一緒にどっかに行くという事がなく、久しぶりに日程が合ったので、どこ行こうという話に。
近畿圏は避けようとなり、んじゃ、自分が行ってみたかった明治村に。
 
小学生の修学旅行で、明治村とリトルワールドと犬山城と鵜飼いを見たのはうっすら記憶にあったが、実際にどんな所だったかはさっぱり記憶に残っていない。
(おそらく卒業アルバムには写っているハズなんだが…)
 
てなわけで前述のとおり、渡船ポタを終え、いったん帰宅。
夜8時に岸和田和泉インターから小牧東インターへ。
入鹿池の近くで車中泊。
 
起きてびっくり。入鹿池は釣り客で大賑わい。
日の出前にはすでに池の水面にボートがたくさん浮かんでいた。
多い日には400そうほど浮かぶとか。
イメージ 2
 イメージ 3
 
ゲートが開くのが朝9時半という事で、しばらく犬山城下を車で散策。
戦闘機が近くにいるのか、時折ジェット機の轟音が一体に響き渡っていた。
肉眼でも数回目撃。犬山市の北西に自衛隊の航空基地あったっけ??
 
他にも入鹿池(いるかいけ)の氾濫の慰霊碑があるのを
観光案内板で見つけ、見に行ってみたり。治水は大変だ…。
(入鹿洪水溺死群霊塔だけを説明したHPは見つからず)
イメージ 4
 
気が付くと9時半直前になっていたので、急いで明治村駐車場へ。
正門と北口があるが今回は正門側の駐車場に停めて、正門から入る事に。後で分かったが、北口から入った方が効率良かったかも…。
 
 
 
入村料は1,600円。乗り物1日乗り放題は1200円。
足して2800円だが、乗り放題券とセットになって2600円也。
何でこんな料金設定なんだ?と思ったが、年間フリーパスが3000円と
結構お得。多分その人が乗り物を使う際に1200円の乗り物券を
購入するんだろう。
 
近くに住んでいたら絶対年間フリーパスを購入するのだが…(^_^;)
イメージ 5
 イメージ 6
          (↑旧三重県庁舎)
金額的に安いか高いかはその人の価値観によるのだが、
自分的には非常に安いと感じた。まあちょうど自分の興味のある
時代のものがたくさんあるので、これだけまとめて
見られれば、満足満足。
 
つづく(今回はめちゃくちゃ長い・・・)

明治村のもみじ

土曜日、渡船ポタ後、帰って嫁と合流し、そのまま愛知へ。
車中泊で明治村観光。
天気に恵まれ、最高の観光日和だった。
たくさん撮ったのだが、とりあえず紅葉だけアップ。
下手でも数打ちゃ、当たる。エヘイメージ 13
 
イメージ 1
 イメージ 2
 
イメージ 3
 イメージ 4
 
イメージ 5
 イメージ 6
 
イメージ 7
 イメージ 8
 
イメージ 9
 イメージ 10
 
イメージ 11
 
 
 ちょうど、この連休は夜のライトアップを行っており、色鮮やかに見られた。
 
観光客もたくさん来ていたが、あちこちで撮影会のようなのも行われていた。
 
穏やかな秋の一日の2日目。 
 
 長い長い明治村レポのプロローグ・・・イメージ 12
 
 
 
 ・撮影カメラ:ソニー DSC-TX5 
 

大阪市渡船ポタ

イメージ 7
 
 
 
前回の大阪オフ会以来、久しぶりに渡船ポタをする事に。
事の発端は、会社で営業に来られている担当者の方との会話で、「んじゃ、一回行ってみます?」の一言から。
スポーツはされない方で、自転車もママチャリ。でも、渡船ポタなら問題なく行けるだろうと思い、さそってみた。
 
 
 
 
 
23日は快晴に恵まれ、予想していたより気温も高く
風も穏やかだったので、1日楽しめた。
イメージ 1
 イメージ 2
 
お子さんは幼稚園と小6年。さすがに3輪車で来るのは厳しいので
お父さんにはがんばってもらって、二人乗りで走る事に。
 
イメージ 3
 イメージ 4
 
お昼ご飯を食べた後、後ろに乗ったお子さんが寝てしまって、
首が真後ろにコロンと落ちそうになる瞬間があったり…。
 
イメージ 5
 イメージ 6
 
朝10時に集合して午後3時半頃までのんびりポタリング。
小6のお子さんはそろそろ思春期?かなりシャイで
言葉少な目。でも自転車は好きらしい。
楽しんでもらえたかな?
またご家族で走ってみてくださいね~と別れた。
 
秋ののんびりした1日だった。
 
おしまい

川湯ツーリング2013(4)

 
イメージ 1
 イメージ 2
 
朝6時起床。別部屋をとっていたハズの店長が大部屋の畳の上で座布団で寝ていたのはびっくりした。イメージ 3
 
 
 
 朝食をとり、7時45分に宿出発。
昨日来た道をそのまま戻る。
下った坂は上りへ、登った坂は下りへ。
 
イメージ 4
 イメージ 5
 
イメージ 6
 イメージ 7
 
天気は曇りだったが、お昼に近づくにつれて太陽も顔を出し、暖かくなってきた。
 イメージ 8
 
 
 イメージ 9
 
 
 
 イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
お昼12時頃大塔を最後尾でクリア。
お迎えツーリングに来ていたシュガーレイ氏と一緒にダウンヒル。五條までは一気に下る。時間にして40分くらい下りっぱなしの踏みっぱなし。
 
前日落車したチームメイトは父君に迎えに来てもらい、
五條のコンビニでピックアップ。お大事に~(^人^)
 
13時過ぎに五條出発。14時半頃紀見峠クリア。
店には16時半到着。パンクなく復路は落車もなく、
無事帰阪。初心者の方はかなり自信がついたと思う。
毎年同じコースで同じように紅葉を見ながら走るが、
毎年いろいろ違っていてとても面白い。
 
参加された皆さん、お疲れ様でした~(^^ゞ
 
おしまい
 
距離:往復約300km

川湯ツーリング2013(3)

 
イメージ 2
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
道の駅ほんぐう付近になって、新しい道が完成していた。
長いダウンヒル後、道なりに走ると、この新道に入るのだが、
ここを通ると道の駅に行くにはちょっと行き過ぎてしまう。
 
全然知らなかったので、新道でも道の駅に行けると
思っていたので、そのまま新道を走行。
分岐で、道の駅に行くにはちょっと戻ると分かった時には
もういいやって感じになって、そのまま休まず走る事に。イメージ 10
 
RCShirahamaのK口さんから前日にメールが来ていて、
近くを走っているのは分かっていたが、時間も時間で
すでに道の駅を出発してると思い込んでいた。
 
本宮大社のある集落でトイレ休憩が必要になり小休止。
K口さんに「道の駅に行けず、ニアミスしました」の
メールを送った直後、北の方からローディーの大集団が…。
 
まさかのK口さんの集団(約25名)だった。イメージ 6
RCShirahamaの皆さんや、つよちゃん、REDMANまでいるし。
ご無沙汰しております~(^^ゞ
残りの距離と時間を考えると、ゆっくり話をする時間はなかったが、
会えるとは思っていなかったので、めっちゃうれしかった。
 
一言二言話をしてお別れ。お気をつけて~(^.^)/~~~
 
こちらは15時半頃川湯温泉に到着。
途中、トンネル内で落石を踏み、1名が落車したそうなのだが、
サポートカーにて回収後、宿へ。
   イメージ 5
 
 名物の仙人風呂は残念ながら権利者が変わって12月からのオープン。11月からにした方が、観光客来ると思うんだけどね~。紅葉シーズンだし。
 
代わりに常設の川原の温泉へ。
イメージ 7
 
 
 
指をつけてみると、めちゃくちゃ熱いイメージ 8
 
ポンプの電源を入れ、川の水を投入。
15分くらい経って、何とか入れるようになり、入浴~♪
最初はかなり熱かったが、続けて川の水を入れ続けたので適温に。
 
だんだん人も増えてきて、オートバイの方や、
ドイツ人旅行者(徒歩で4日ほど歩いて旅しているとか)とか。
 
17時頃から入り始めたのだが、水を止めたり出したりして
適温をキープ。まさかの1時間入浴。こんなに温泉につかったのは
何年かぶり。いや~気持ち良かったイメージ 9
 
18時から夕飯兼宴会。チームメイトの抱腹絶倒トークショーで
夜は更けていった。
 
つづく
 

川湯ツーリング2013(2)

走っていて目を引くのが、2年前に起きた土砂災害の爪痕。
いまだに崩れたままの所や、引きちぎられたガードレールが
そのまま残っていた。
幸いにも何年も前から進められていた道路工事が
進んでいて、新しい道が通れたので、大きな影響はなかった。
 
イメージ 1
 イメージ 2
 
↓昨年も見たが、さほど変化はなく・・・。
 砂防ダムは完成していた。 
イメージ 3
 イメージ 4
 
                                  ↓直す必要のない所はそのまま。
イメージ 5
 イメージ 6
 
 
イメージ 7
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 →ダムだと思うが、とても綺麗な色の川が見られた。翡翠色の水。
ちょっと珍しいよね?
 
 
 
 
イメージ 9
 イメージ 10
 
秋を楽しみながら、つづく。
 
 

川湯ツーリング2013(1)

イメージ 12
イメージ 13
↑だいたいこんなルート
平成25年11月16日(土)~17日(日)
毎年恒例のチームイベント、
川湯ツーリングに参加してきた。
 
6時に店前に集合。自宅は5時半に出発。
前日に泊まる荷物を店に預けたのだが、その中に防寒具を
入れてしまったため、寒い恰好で暗い中店まで走る事にイメージ 6
 
イメージ 1
 イメージ 2
 
ここしばらく、週末が雨という事が続いていたのだが、
今回は完全に晴れ。気温もめちゃくちゃ寒いという程でもなかったので
何とかガマンできた。
7時半頃紀見峠手前で小休憩。トトロ街道を走り紀見峠へ。
 
イメージ 3
 イメージ 4
 
気温が低く、太陽が出ていたのが関係したのか、
ものすごいガスが出ていて、あたり一面まっしろけ。
紀ノ川の河川敷も例年見られない景色になっていた。
 
イメージ 7
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9時頃五條コンビニ到着。小休止後、大塔の道の駅まで長めのヒルクライム。
 
イメージ 8
 
 
 
 
最後尾サポートで走っていたが、登りが長く最後尾の方がちょっと限界気味。sポートカーに迎えに来てもらい、登坂ワープ。自分はそのままヒルクライム。
 
紅葉がいい感じで進んでいて、山が色づいていた。でも完全に染まるにはあとちょっとかな~?
イメージ 9
 
 
 
 
 
 11時少し前に道の駅大塔到着。
 メイン集団はかなり早く着いていたそうだ。 
 サポートカーからウィンドブレーカーを受け取り、ダウンヒル。さみぃぃぃ~ 
 
イメージ 10
 イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 つづく

«  | ホーム |  »

プロフィール

rumirai01

Author:rumirai01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車 (2472)
アニメ・マンガ (76)
その他 (858)
第1回お深い しまなみ (35)
ドリンク (84)
オフ会関係 (202)
年間スケジュール (32)
車 (34)
淡路合同ツーリング (114)
第2回お深い 信州 (13)
グランフォンド七葛 (20)
地図・廃線 (317)
第3回お深い 徳島 (13)
CTS→TDH→エタップ (85)
第4回お深い 乗鞍スカイライン (11)
第5回お深い 大阪 (38)
ロードに乗り始めた方へ (11)
廃線 目次 (1)
メンテナンス記録 (1)
カメラ (72)
おもて書き (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR