2014-09

ハンドルの寿命はいつ?

現在乗っているルック号は2004年4月に購入したので、
使用を初めて10年となった。
細かいパーツは寿命が来てから交換してきたが
ハンドルはまだ当時のまま。
 
日東のシルバーのハンドルだが、
このハンドルに慣れてしまっているので
なかなか交換できないでいる。
 
しかしさすがに金属疲労が気になってきた。
 
これを読まれている方で、ハンドルバーが
金属疲労で折れた方とかおられます?
走っている最中に突然ボキっと折れちゃうもんですか?
折れたらブレーキとか効かなくなりそうなイメージがありますが、
止まれるもんですか?
 
いつかは交換しなきゃならないパーツなんだろうけど
いつ交換すべきなのか全然知りません。
誰か教えてくださ~いm(_ _)m
スポンサーサイト



四国カルストへ(5)

戦後すぐに起こった昭和南海地震。
石碑に文字が刻まれていて、横には読みやすいように
新たに説明看板が設置されていた。
旅の時もこれは読んだ。
 
イメージ 1
 イメージ 2
 
高知灯台~。          
 
イメージ 3
 イメージ 4
 
高知の蔵はこんな感じ。風雨が多い為。  ベタに坂本竜馬像。嫁「何した人?」
 
イメージ 5
 イメージ 6
 
もう定番中の定番で、はりまや橋、高知駅、アンパンマン像、ひろめ市場
 
イメージ 7
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バイキンマンは悪役なのに、ナゼかすごい人気。
 
帰りは高速代を節約で、高知市内から下道で鳴門ICまで。
帰宅は23時過ぎだったかな。
 
  お し ま い

四国カルストへ(4)

(3)の続き。
イメージ 1
 イメージ 2
 
イメージ 3
 イメージ 4
 
四国カルストを下り、須崎方面へ車で移動。
「ゆすはら」という地名は初めて聞いたが、
街の雰囲気がいい感じで、整備されていた。
坂本竜馬が脱藩したルートの途中らしく、
脱藩の道という看板があちこちに設置されていた。
 
イメージ 5
 イメージ 6
 
イメージ 7
 イメージ 8
 
イメージ 9
 イメージ 10
 
イメージ 11
 須崎は鍋焼きラーメンが有名らしく、日本一周の旅の時にも立ち寄った土地で、ふ~んこんなのあるんだ、程度に見ただけだった。
 
食べてみると、土鍋で温められているのでいつまでたっても熱いまま。
麺が伸びてしまうので、最初から麺は硬めで出される。イメージ 12
 
スープは透明な醤油だし(?)であっさり。
とてもおいしかった。
 
翌日、嫁が行った事のない、高知へ。
途中、バイクをおろし、自分は高知市内を目指して、旅の時のルートを逆走していく。
当時の景色とは反対向きなので景色が
新鮮だった。振り向くと、記憶がフラッシュバックした。
 
武市半平太の銅像の所で、歴史にとんと興味のない嫁のセリフ。
「たけうち、はんぺんた?」
う~ん・・・、喰いモンか?
 
(5)へつづく

今日のジュース

イメージ 1

久しぶりのチームのツーリング参加。

途中のコンビニで買ったジュース。
ザクロハチミツは好きなんだけど、ザクロジュースは二回目。

ん~…、ザクロ味のの酸っぱさがあってちょっと変わっていた。

て事で55点。

練習の副産物

イメージ 1

今日は距離稼ぎでぷらっと走った。
いつもの練習コースで栗の木があるのは知っていたが、そこで何年かぶりに栗を拾えた。

ポケットに入ったのは一食分だけだけど、楽しかった。

明日の晩御飯は栗ご飯。

俺…

イメージ 1

ん~、五種類の果実をフルーツオレにしたら…

喉ごしなめらかなミックスジュースなだけじゃ~ん
(ノ-o-)ノ ┫

ま、甘いしうまいからいいけどね。

四国カルストへ(3)

写真だけ。こんな感じの所でした~。
(めっちゃ手抜きで申し訳ない・・・orz。)
イメージ 1
 イメージ 2
 
イメージ 3
 イメージ 4
 
一人で奥まで行ったけど、やっぱり嫁にも見せたい景色だったので、
走っておいでと携帯で連絡して登ってきてもらう。
バテバテだったが、やっぱり見てもらって良かった。
 
イメージ 6
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 イメージ 10
 
(4)へ

四国カルストへ(2)

登っている途中に、遺跡らしきものがあったらしく、
説明看板があった。ただ、雑草が生い茂り、
痕跡は発見できず。
 
カルスト地形の名称は初めて聞く言葉が多く
興味深かった。
イメージ 1
 イメージ 2
 
イメージ 3
  イメージ 4
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 対向できない道幅で大きな車がすれ違いに苦労している間、自転車も完全にストップ。天気も良かったので、大渋滞になっていた。
当然ここは早く抜けなければならないので、
全力で嫁を押しスト。車から応援された。 
イメージ 6
 イメージ 7
 
峠になっているポイントを越えるといきなり、目の前に
カルスト台地が広がっていた。こりゃ~、きれいだわ。
道路が完全な峠状態になっているので、坂を越えたら
景色が一気に開ける状態。なので、じわじわ見えずに
いきなり景色が開けるのも、感動の原因のひとつかも。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
嫁はすでに限界だったようで、この茶屋がある所で
「待っているから奥まで行ってきて」との指令。
一人であの山の向こうに行ってみる事に。
 
 (3)へ

四国カルストへ(1)

イメージ 2
イメージ 3
平成26年9月14日(日)
四国カルスト(愛媛県・高知県境)に行ってきた。
 
土曜日は昼まで仕事で、午後、職場から直接出発。瀬戸大橋近くまで下道で行き、日が明けてから橋を渡った。
 イメージ 4
 
讃岐うどんが食べたいと嫁が申すので
橋を出た所でうどんを食べに一旦下へ。
うどんを食べた後、また高速に乗り、
松山方面へ。(須崎からの方が近かった
のだが、これまた嫁が松山経由を希望)
 
松山から国道33号線を使い、久万高原町を経由し、四国カルストのある方向へ。
 
久万高原町を通った際に、地図に載っていない新築の道の駅があり、いったん休憩。
8時半頃だったので、まだ店は開店していなかったが、人は結構集まっていた。
 
イメージ 5
 
 
 
天気もいいし、ゴール地点までそんなに
距離もない(35kmほど?)ので、ここから走っていくことに。
 
どう見てもこの先は登りがありそうなので、嫁は車で走り、ゴール近くでバイクをおろす作戦へ。
 
道の駅みかわまで緩斜面の下り坂。イメージ 1
足の調子が良く、踏みに踏みまくって快調に飛ばせた。 
イメージ 6
 
途中、国道440号線に曲がる分岐をスルーし、
私道(?)を走ってトンネルを迂回するルートを選択。
しかし、飛ばしすぎて、曲がるポイントを見落としてしまい、ユーターン。イメージ 7
 
トンネルを使わないルートは、これまた
緩斜面の登り坂。さほどスピードも落とさず登れた。車も来ないし、これは自転車にとってはおススメの迂回路だった。
 
 
   (2)へ
 

乗鞍の前日

        ↓水力発電小屋                  ↓浮釣木(うきつりぼく)という植物らしい。
イメージ 2
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ↑絵になるおばあちゃんだこと。              ↑これはフツーのシダ。
 
イメージ 6
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
とまあ、こんな感じで、乗鞍の前日は中山道の
妻籠宿、馬籠宿、木曽福島関所、奈良井宿を散策。
 
天気も良く、のんびり散策できた。こっちの「みたらしだんご」は醤油味でしょっぱい。

«  | ホーム |  »

プロフィール

rumirai01

Author:rumirai01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車 (2472)
アニメ・マンガ (76)
その他 (858)
第1回お深い しまなみ (35)
ドリンク (84)
オフ会関係 (202)
年間スケジュール (32)
車 (34)
淡路合同ツーリング (114)
第2回お深い 信州 (13)
グランフォンド七葛 (20)
地図・廃線 (317)
第3回お深い 徳島 (13)
CTS→TDH→エタップ (85)
第4回お深い 乗鞍スカイライン (11)
第5回お深い 大阪 (38)
ロードに乗り始めた方へ (11)
廃線 目次 (1)
メンテナンス記録 (1)
カメラ (73)
おもて書き (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR