2015-08

乗鞍終了

無事帰宅しました。
三年連続でコース短縮。
今年は30周年記念大会って事で、非常に楽しみだったのですが、結局雨でショートコースにて開催。

主催者側の執念とでもいいますか、あの状況でやるか、という雨の波状攻撃。

距離7キロに短縮され、超短距離競争に。

スタートダッシュして、血の味がするころにゴール。

一瞬のレースでした。

楽しみだったシロしば氏との勝負も流れてしまい、縁がないのかな~とも思ったり。

それからJCAの対応が悪く、情報が全く手に入らず、メールでレース仲間に聞きまくり、何とか準備できた次第。

30年やってて、このアナウンスは無いんじゃない?と正直感じた。

走らせてもらっている立場なので、主催者の批判は避けたいけど、募集要項に書いているなら、書いている方法で、情報を流してほしいものである。
スポンサーサイト



日曜乗鞍

日曜日は決戦乗鞍ですが、
天気がかなり悪い予報です。
中止になる確率もかなり高めだと
思いますが、とりあえず30回記念大会という事もあるので
現地には行こうと思います。

最高気温13℃、最低気温9℃との予報で
寒いのが嫌いな自分としてはかなりビビっておりますが、
レースが開催となったら全力で頑張ってきます。

中止と踏んで現地に来ない方も増えるだろし
ちょっとでも順位が上になるチャンスがあるなら行かなきゃね。

コース問い合わせ(東京都町田市)

関東のローディーの方に問い合わせです。

チームメイトが9月頃から町田市に転勤になるのですが、
練習コースやサイクリングコースをどなたか
ご存じないでしょうか?
(町田市のどこかまでは聞いていないので、
とりあえず町田市役所をスタートとして。)

もしよければ、ルートラボなどで教えて頂けると
ありがたいです。

走力は自分と同じくらい。
100km過ぎたあたりから調子が出てくる方です。
逆に自分は100kmまで人間なので、一緒に走るときは
100kmを超えないようにしています(^_^;)

できれば交通量や信号が少ないコースがありがたいです。

よろしくお願いします。
イメージ 1

シマノ鈴鹿ロード2015(2)

2)エリート 未登録 7周
昨年は7月8月と立て続けに3回落車した影響で
路面ウェットのコーナーがとにかく怖く、
集団にはついていけていたが、びびりまくって
途中で自主DNF。
今年は晴れて路面もドライ。
特に問題なし。

チームTTが終わって1時間くらい?
アップなしで問題なし。
スタートから最後尾に位置し、
最後までそのままの予定。
先輩チームメイトも当日参加でエントリー。

で、集団の後ろを見るとなんとマトリックスの
安原監督が当日参戦で列に並んでいる。イメージ 3

sakataniのやまんぼさんも同クラス。

それから黒潮ロードで一緒に走ったという方が
声をかけてくれた。
2日目からの参戦だったそうな。
チームジャージを見て気づいて頂いたそうで。
ありがとうございます(^^ゞ

スタート直後からペースは比較的落ち着いたペースで進む。
シケインをクリアして、立体交差の上部通過あたりから
向かい風がきつく、スプーン手前まで向かい風。
下りなのにスピードが乗らない。

スプーン中は横風で抜けた先はまた斜め前からの向かい風。
単発で抜け出す選手もいたが、大きな差にはならず。

立体交差後のデグナーから先の
S字連続ダウンヒル中にそれは起きた。
4周回目くらいだったかな?

チームの方々がコース脇でずっと応援して
くれているのは視界に入っていたのだが、
レッドマンの姿が見え始めた。

ダウンヒル中で高速だったのだが、
レッドマンが差し出す補給が・・・
1回目…2L(?)の紙パック日本酒イメージ 2

2回目…瓶のワイン イメージ 5

3回目…焼きそば 
イメージ 6

他、気づけず。

・・・って、オイッ!!イメージ 1

下りでしっかり踏んでいくところで
おもいっきり力が抜けるわっ!
しかもまわりは爆笑しとるしイメージ 4

途中、集団先頭に出て、抜け出したものの
特に何かができるわけでもなく、
そのまま集団に吸収。

6周回が終わった最後のシケインから
足が攣り始め、後半は攣った足との戦い。
ラスト1kmの遠い事遠い事。

集団を見送り、単独でゴール。
昨年完走できなかったので、とりあえず今年の目標は達成。

5ステージに出ていたPITの店長に
アシストして頂いたのもあったが、
何とか走りきれた。ありがとうございます~m(_ _)m

ゴール後、お礼を言い、コースから出た所で
足が棒のように固まりフリーズ。
見かねたスタッフの方が集まってきてくれて
あれよあれよという間に救護室へ…。

しかもバイクから降りられなかったので、
ぐっさんやラモンさんに手伝ってもらって、
前輪を外してバイクからおり、車イスへ。

緊急連絡先を印刷して首から吊っていたのが
役に立った。前年まではお守り代わりに
持っていただけなのだが、まさか役に立つ日が来るとは。
救護室でしばらく休み、チームメイトが待つ観戦場所へ。
お待たせしました~m(_ _)m

国際ロードは誰も出ないので、チームはそのまま撤収~。
お疲れ様でした!

結局ま~し~さんや岩田2号さんには合流できず。
日帰りだと時間がかなり厳しいのと
今回はチームTTと7周の部が時間が近かったので
あまりウロウロできず。残念。

ブースもあまり収穫は無かったが、
シマノのシューズが今後こう変わっていきますという話を
聞けたのは唯一の収穫かな。

これで夏のお祭りの一つが終了。
来週乗鞍を終えたら秋だ。

おしまい

シマノ鈴鹿ロード2015(1)

今年は日帰りだったので、当日バタバタ。
写真もほぼゼロなので、昨年同様レポを簡潔に。

6時過ぎ出発、名阪国道の事故渋滞で20分ロス。
会場着9時頃。ブースをぐるっとひとめぐりしてレース準備。

1)チームTT 2周
前の週にチームメイトから挑戦を受けた関係で
絶対にそのチームに負けられない。
一緒に組む3人とチームTT練をやってきたので
ローテーションはうまく回るはず。後は実践あるのみ。

スタートし、クリートが全員ハマったところで加速開始。
順番も決めていたので、迷わずその並びに。
シケインの先まで先頭固定で、下りが入ってから
ローテ開始。体型の大きい人は下りで前へ。

チームTTの経験がこの4人の中で一番多い自分が司令塔。
ただ、4人の中でレベルが一番下なのも自分なので
遅い自分のペースに合わせて走ってもらう。

例年と違い、2周回と周回数が少ないので、
細かい所でミスなく走らないとダメージがでかい。

スタート順も後方からのスタートだったので、
滅茶苦茶速い1チームに抜かれた以外は
どこにも抜かれず。

全力で走り切り、4人でゴール。ほぼ完ぺきな内容だったと思う。
ローテーションも練習通りうまいこと回ったと思う。

ゴール後、しばらくすると、どうやら入賞しているらしいとの話が来た。
HPのリザルト確認ページで確認してもらうと
何と4位に入っている!おぉ~!初めての経験♪

しかも、挑戦を受けたチームメイトの組にも勝ってるし♪
4位も嬉しかったが、実はそっちもうれしかったり…(^_^;)
レース前、実は負けるかもと心底思っていたからね。

4位なので表彰台はなし。
でも賞状をもらう事ができた。
ありがとうございます~(^^ゞ
一人の力では取れなくても、チームとして走って
入賞できるのはうれしいもんだ。

少しだけクールダウンして次は7周の部。

鈴鹿

無事?終了しました。

七周の部でゴール後、足がつり、初救護室へ…。

チームTTで初めて入賞したかと思えば、初めて救護室利用。

98年に初めて鈴鹿に来て十ウン年になりますが、いまだに初物があります。

やっぱり夏の祭典はやめられません。楽しすぎ。

来年はまた土日で来たいと思います。

お疲れ様でした~

今日のネットのニュース
人工的に脳を作り出す事に成功したとあった。

理系ではないので、書いている事はあまり理解できないが、
治療の為の神経系の脳ミソパーツって事かな?
まだまだ実用には時間がかかるだろうけど。

この技術が進歩していったら
ゆくゆくはサルくらいの脳とか
作れるようになるの?

最終的には人間と同じサイズの脳も作成可能?
それって人間?作られた脳は物事を考えたり
痛いと感じたりするのかな?

SFマンガで銃夢ってのがあって、
そこには脳だけのキャラクターや
脳がチップのキャラクターも出てくる。
脳まで作れるようになったら、「じゃあ人間って何?」って
哲学的な問いにならない?

遠いSFの話が少し身近に感じられて、
すっごくいろいろ想像をかき立てられたニュースだった。

今年の鈴鹿と乗鞍

今年は先日子供が生まれたので、泊りがけで鈴鹿に行くのは無しに。
とは言え、乗鞍はさすがに日帰りで行くのはもったいないし、
時間的にもちと厳しい。なので、乗鞍は1泊で。
※首が座れば、一緒に行くけどね…。

今回は両レースともライバル(こいつには負けたくないって人)
出走するので結構楽しみ。
(※向こうがこっちをライバル視しているかは別問題)

まず鈴鹿はチームTTでチーム内バトル。
土曜日のチームメンバー飲み会で
挑戦状を受けたので、負ける訳にいかない。
イメージ 1

次に乗鞍はこれまたチームメイトのシロしば氏。それからRCシラハマのK長老。

シロしば氏は春先から夏にかけて「タバタ」なる高強度のトレーニングを積み、もはや
名スプリンターだけではなく「登れるスプリンター」へと変貌した。


昨年大山HCで直接対決したが、
あの時とはシロしば氏のレベルが全く違う。
そしてレース距離も全く違う。

メジャーHCでの直接対決は初めてとなるので
勝つにせよ、負けるにせよ、かなり楽しみ。
ピュアスプリンターと元クライマーとしての戦いになる。

今年に入っての鍋谷のタイムでは大きく負けているのだが、
昨日の自分の鍋谷の走りは結構納得のいく走りだったので
そんなに大きなレベル差はないと予想。

それから乗鞍は何度か走っているので
コースのペース配分も分かっているのがやや強みか?
シロしば氏は初乗鞍HC?
そこはレベル差のハンデってことで(^^)v
イメージ 2

K長老はこれまたやや年配ながら
黒潮ロードで常に入賞しているし
ヒルクライムでもボコボコに負けている。
今年はこれが最後のHC直接対決に
なるかもしれないので、これまたかなり
気合いが入る。

鈴鹿が終わると夏が終わりって気分は
毎年同じだけど、今年は「アイツ(失礼)には負けたくない」
思える状況なのでいつもより非常に楽しみな2レース。

完全に負けるってレベル差でもないだろうし
勝つにしてもぎりぎり勝てるかというレベル差のはず。
そのあたりでわくわく、どきどき♪イメージするだけで
心拍が上がる。

レースって表彰台に立つのは全選手の最終目標ではあるけれど
やっぱりそれ以外にも出場する意義はあると思う。

出てもどうせ優勝できないからレースに出ないと思っている
そこのアナタ。落車のリスクはあるので強制はできないけど
一度レースに出てみてください。
きっと今までと違う世界が見られると思いますよ。
「ライバルがいてくれる事の幸せ」ってのはアルと思います。

盆最後に

イメージ 1

期間限定商品~♪

結構楽しみに買ってみたら、予想外にブルーベリー味が薄く、イマイチ。

じゃんね~ん。

45点。

初・夜堺浜

イメージ 1

仕事帰りに夜堺浜。
夜に来るのは初めて。

海沿いなので、景色が結構いい。

しかも、日中と違い、涼しい。

«  | ホーム |  »

プロフィール

rumirai01

Author:rumirai01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車 (2472)
アニメ・マンガ (76)
その他 (858)
第1回お深い しまなみ (35)
ドリンク (84)
オフ会関係 (202)
年間スケジュール (32)
車 (34)
淡路合同ツーリング (114)
第2回お深い 信州 (13)
グランフォンド七葛 (20)
地図・廃線 (317)
第3回お深い 徳島 (13)
CTS→TDH→エタップ (85)
第4回お深い 乗鞍スカイライン (11)
第5回お深い 大阪 (38)
ロードに乗り始めた方へ (11)
廃線 目次 (1)
メンテナンス記録 (1)
カメラ (72)
おもて書き (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR