2016-07

大塔~天川村(2)

イメージ 1
イメージ 2









対応をしてくれた方がこの建物の説明をしてくれた。
明治時代から鉄鉱石が採れたため、鉱山事務所があったそうだが、この建物がそれだということ。元々は学校ではなく、鉱山の会社だったのだ。造りが贅沢で細かく見なくてもお金がかかっているのがよく分かる。

天井の角は丸みを帯び、教室も廊下も台形の天井。
普通こういう建物は四角の天井がほとんどだが、無駄にこっている。
鉱山事務所という事で納得。

柱や梁なども当時のままらしい。
良く見ると窓ガラスも波打っていて、
当時のモノが残っている事が分かる。(すべてじゃないけど)

イメージ 3
イメージ 4

イメージ 5
講堂もあり、ここも木造。この面積の天井を支える梁ってどんなだろ。結構大きかったし床はぎしぎし言ったがまだ使えそう。

暗幕が当時のままかは分からないが、まだ綺麗な方だと感じた。



教室の一つにこの学校の歴史から地域の歴史資料が展示されていた。
鉄鉱石の見本もあり、写真展示から小学生中学生が調べて作った手作りの
資料も展示。くわしく分かりやすく描かれていて面白かった。

イメージ 6
イメージ 7

校舎新築の時は学童も手伝いしたとか。
今から考えると信じられないけど、自分が作った校舎だと思うと
大事に使うだろうね~。教科書では得られない大切な体験だったんじゃないかな。
もちろん怪我もあったかもしれないけど、こういう活動は好き。
イメージ 8

他に鉱山の資料もあり、五代さんという人が活躍したという内容の資料があった。
天川村に五代松鍾乳洞と言うのがあるらしいがこれもその関係らしい。

イメージ 9



ひとしきり資料を読み、施設を退館。
ありがとうございました~。
ちなみに、現在は木工作業所として開放されているらしい。木工細工が好きな人が集まる場所となっているとの事。
イメージ 10


仏像なんかも手掘りしていて何体も展示されていた。お手本は円空仏との事で、それらしい雰囲気。

学校を出た後、ハンガーノックになったので、天川村の河合交差点で少し補給。
空腹で死ぬかと思った・・・。

県道49号線で五條方面へ。
夕方帰宅。

テキトーに走ったけど予想外の収穫があり面白かった。学校の他でも地元の方と話ができたし、ちょっと旅っぽい感じになったのでよかった。

大阪と違いかなり涼しいので、また来よっと。

 お し ま い
スポンサーサイト



大塔~天川村(1)

イメージ 1
平成28年7月23日(土)

4月に日帰り新宮をやった際に、国道168号が通行止めで迂回させられ、初めて通った道が気に入って、今回で3回目の走行。

イメージ 2









国道168号の崩落現場は、こんぴら館の200mくらい上。
この日は片側通行で通る事ができた。
この区間だけ信号機がつけられ、車は少し渋滞。

イメージ 3
イメージ 4









道の駅大塔まで登り、南へダウンヒル。
橋を渡って、坂本のT字路へ。
ここにも通行止めの看板があった。
今回のコースではないが、国道309号の
工事通行止めのようだ。
この辺りは年間降雨量が多く、崩落が多い地域でもある。
イメージ 5
イメージ 6









イメージ 7







イメージ 8

天川村は水が綺麗なのが有名で、名水祭りが毎年4月に開催されている。
気温も低く、大阪よりははるかに気持ちいい。
夏休みに入ったという事もあり、家族連れがたくさん来ていた。
川に入りてぇぇぇ~~(^_^;)

イメージ 9
イメージ 10

しばらく走ると古い木造校舎が見えたので、寄ってみる事に。
現役なら不審者立ち入り禁止なのだが・・・。

近くに行くと「見学無料」の看板。
玄関まで行くと、中から男性の方が出てきて、どうぞ~の挨拶。
暑かったので、中で涼ませてもらおうと思ったら
これが予想外にクリーンヒット。
いろんな話が聞けた。

(2)へ

JCAの講習

JCAの行っているサイクリングリーダー
サクリングインストラクターなる講習、資格があるんだけど、
行ってみたくて何年も前から調べたり問い合わせしている。

ところが、発表は2週間前に日程発表とかで
すでに予定が入っている事がほとんど。
しかも開催地が北海道とか九州とか遠方地。
飛行機とかの予約を考えるとせめて数か月前から
日程発表があってほしいところ。

問い合わせをしてもHPに日程が発表されるからちょくちょく見ておいてね。
って感じで、定期的に行われている様子でもなく。
組織的にかなり内向きな印象。
各都道府県とは言わないが、せめて近畿地区とか東海地区とか
地区別で開催すべきなんじゃないかな~と思う。

年1回、どっかのタイミングで、日本のどっかで
やりますので、HPを見ておいてね。
発表は開催の2週間前ですよ。
それで来れなきゃあきらめて。

ってオーラがばんばん出ている。

谷垣さん、入院してる場合ちゃいまっせ。

小豆島(2)

さっき調べてみたら、このイベント、
というものだったらしい。
小豆島だけじゃなく、瀬戸内海の島々で
いろんな芸術作品が見られたらしい。
日帰り自転車で全部回るにはちょっと時間が足らないかな…。

イメージ 1
イメージ 2

ナウシカの巨神兵みたいに見えますが・・・。

イメージ 3





棚田を見終わり、しばらく走行。
暑い中、アップダウンを走る。
瀬戸内側(島の北側)は快晴。


道の駅の大阪城採石公園でクールダウン。
暑くて走ってられない。日陰は涼しかったけど・・・。
水分補給をし、再出発。

道の駅の中の資料館には初めて入った。
採石の道具や運搬道具などいろんな道具の資料展示。
平成に入って、手作業採石・運搬を再現してみたっていう資料もあった。
イメージ 4

大部港から寒霞渓へ向けて登坂開始。
約10km弱。斜度が一定で登りやすく、車の交通量も少ないので、結構おすすめ。
ただ、休むところがないので、しんどいっちゃしんどい。有名な18%の斜度はこのコースではないのでご注意を。
序盤は大部港も見えているが、しばらく走ると、木々に覆われ見えなくなる。

T字路の分岐に入り、展望台で休憩。
すると車で嫁が合流。
子るみがけたたましく爆笑している声が聞こえる。
何だ何だ??(^_^;)
イメージ 5

嫁に聞くと、あやしながら車を運転していたら、突然スイッチが入ったようで、爆笑モードになったそうな。おいおい・・・。


ロープウェイの所で休憩。写真撮影。
子るみの爆笑モードはノンストップで。
暑さでやられたかな?

チームメイトが珍しくここに行ってみたいという
お店があったのでダウンヒルをかっ飛ばして、その店まで。
生そうめんを作っている所らしく、行くのは初めて。
イメージ 6

小豆島はそうめんでも有名だが、ほぼすべて乾麺。生めんは初めて聞いた。

暑さMAXだったので、走行はここで終了。
車にバイクを積み、大阪屋へ移動。

定食を食べ、さてフェリーに乗ろうと乗り場へ行ってみると、とんでもない大渋滞。

先に乗船券だけ買って来ようと売り場へ行くとこれまた人の列。
待っている間に嫁から電話が入り、立哨の人曰く、
今日は予約なしだったら乗れませんとのこと。

この時点で、島から出られない可能性が出てきた。
イメージ 9

 ま・・・まじっすか・・・

あわてて、2つほど別のフェリー乗り場に
問い合わせてみるとまだ乗れる所があった。
ただし、先着順なので、予約はできませんとのこと。イメージ 7

急いで坂手港から東部の福田港へ。
後ろから同じことを考える車が追ってくるが
さすがにゆずる訳にいかない。こっちだって本土へ帰りたいのだ。

フェリー乗り場に無事到着。
港に行ってみると、まだ大丈夫だったようで、乗船ラインに車を停めるように指示が出た。

受付に行くと、乗船券はまだ発行されていない。
女性がかなりの塩対応でちょっと残念だった。

イメージ 8
風呂に入っていなかったので、港近くの海水浴場へ。
人のほとんどいない所で、シャワー室あり。
お金いるかなと思って、小銭を用意して行ったが、何と水のシャワーが無料。ラッキ~♪

石鹸を使い、汗を流してさっぱり。
船にも無事に乗れて、一安心。

最後はかなりどきどきしたが、楽しい旅だった。

この旅で子るみに関するネタも新たにできたが、
29日が1歳の誕生日なので、その時にでも。

 お し ま い



小豆島(1)

イメージ 1
平成28年7月18日(月)
小豆島ツーリング(香川県)へ行ってきた。
※さぬきへ(2)の続き。
こんな状況 → 

イメージ 2




朝5時起き、6時出港。
高松-小豆島-神戸を行ったり来たりする大きいフェリーで、このサイズのに車ごとのるのは久しぶり。テンションアップ♪

予約もナシで乗れたので、帰りも大丈夫だろうとふんでいたのだが・・・。

イメージ 3
7時すぎくらいに小豆島に到着。
着岸寸前で、神戸在住のチームメイトと偶然フェリー内でばったり。
今年の鈴鹿チームTTを組む人で、これにはびっくり。おはようございます~(^^ゞ

神戸のチームの方々と小豆島を走る予定らしい。お気をつけて~(^^ゞ

イメージ 4

フェリーを降り、車からバイクを出して準備。
妻子と一緒に走るチームメイトは初小豆島。

嫁は行きたい所があるそうなので、車でドライブ。途中途中で合流できそうなら合流するかもって感じ。あまり細かく決めずに旅行するのはいつものこと。
イメージ 5

坂手港に着いたので、とりあえず24の瞳の映画村を目指す。
風もなく朝は涼しくて走りやすかった。
映画村は開館前でまだお客も来ていない。
湾内は静かなもんだった。
映画は2回ほど見た事があるので
何となく分かる。

次にオリーブ公園へ。8時40分頃。イメージ 6
日差しがきつくなってきて、暑くなっていた。
芝生も綺麗なので、子るみを芝生ではいはいさせる。
草の感触が嫌で、機嫌悪し。

イメージ 7



ここで嫁と別れ、こちらは土庄へ。
エンジェルロードを見て、迷路の町を散策。
エンジェルロードの展望台は初めて。
いい感じに見られた。
小一時間ほど待てば干潮になり完全に道がつながるらしいが、そこまでは待てない。

イメージ 8
イメージ 9

迷路の町を散策。
お寺があるが、山門の彫り物がおもしろい。
すいかとネズミ。これってネズミにすいかが食べられている図?
意図するところがよく分からない・・・。

嫁もやや遅れて合流。
和菓子屋に入り、オリーブシュークリームを食べる。
店内が涼しくて助かった。
イメージ 10

ここで完全に嫁と別れ、こちらは棚田へ。
嫁は来た道を戻っておみやげ屋をはしご。

小豆島全島で大規模イベントを行っているようで、ここも人が多かった。
要所要所で統一デザインののぼりが立てられており、目印になっている。
立哨警備員も複数人いて、観光客も大勢。
何だなんだ?とうろうろ散策。

(2)へ

さぬきへ(2)

イメージ 1
こんぴらさんはこれで2回目。
前回は嫁と来た。
近くの駐車場に停め、子るみを背負って階段を上る。
これがきついのなんのって・・・(^_^;)

でも周りを見るとツワモノがいて、前後に子供を背負ったお父さんがいたりと、弱音を吐ける状況ではない。

イメージ 2







イメージ 3









ある程度予想はしていたが、外国人がけっこういた。白人も多かったな。

夕方から登り始めたので、強烈に暑いという事はなく、暑さは多少マシだった。
イメージ 4


イメージ 5








下りは嫁に交代。
階段から落ちるなよ・・・。
イメージ 6






17時半頃、駐車場出発。
高松の銭湯へ向かう。湯楽温泉400円。

風呂上りに座敷で休憩していると子るみと同い年くらいの子供がいて、お父さんと少し話を。
近くのグルメ情報を聞き、そこへ行ってみる事に。

イメージ 7

骨付き鳥一鶴丸亀鳥というお店で、教えてもらった方の先輩が店長をされているらしい。

親鳥、若鶏と二種類あり、これがなかなかうまかった。やっぱり地元の人に聞くとはずれがないね。(TD熊野の桂城も地元漁師に聞いてHITだったし)

子るみにはきつい時間帯になり、終了。
フェリー乗り場へ移動し、近くで車中泊&テント泊。
おやすみなさ~いZzz。

さぬきへ(1)

平成28年7月17日(日)イメージ 1
さぬきうどんを食べに香川県へ行ってきた。
※雨で走らなかったので、書庫はその他で。

土曜日は夜8時半頃出発。
加古川BPなどを通り、瀬戸大橋の与島Pにて車中&テント泊。
(妻子とチームメイト1名)

イメージ 2
朝がた雨が降ってきて、劣化していたテントが少し浸水。
もう限界かも。モンベルはパーツごとに売っているのでポールとフライシート以外を買いかえれば大丈夫かと。

6時頃与島を出発。
雨雲レーダーを見ると断続的に雨雲が流れ込んでいたがこの時は降っておらず。

7時少し前に「宮武製麺所」に到着。とりあえず最初の一杯なので
かけうどん(温)小で。嫁はあおさうどん。どちらもおいしかった。
うどんなら子るみも食べられるので、何本か朝食代わりに。

イメージ 3
イメージ 4

8時半頃、豊稔ダムへ。
このあたりでぱらぱら降り始め、ダムを立ち去って数分後には本降りに。
前回も豊稔ダムは雨だった。ナゼダ・・・。

イメージ 5


満濃池を見たくて、国立公園に行くも、
入場料が取られるのでゲート前でユーターン。規模はかなり大きいようだが、ここが主目的地ではないので。

次に、近くに看板が出ていた「大根劇場」。
何かな?と思っていたらこれもうどん屋。
大根をすりおろして食べるうどん。
イメージ 6






すだちと醤油をかけて食べるのだが、これがなかなかうまかった。
さっぱり夏の食べ物って感じ。
夏大根なので辛みが強かったが、すだちの酸味で
ある程度辛さがまぎれ、おいしく食べられた。子るみも食べられた。

イメージ 7

次のうどん屋へ行く前に日がさして、晴れてきたので、近くの河川敷でテントを干す。
その間に、子るみはミルク補給。

普段、あまり外に出さないので、こういった機会は貴重。草の感触にも全然慣れずビニールシートから動かすと大泣き。
イメージ 8









イメージ 9


山下うどんへ行くと、すでに売り切れで閉店。
近くのカレーうどん屋へ行くと、これが予想外にHIT。おいしかった。
結構混んでいたけど・・・。

特に行き先を決めていなかったので、そのまま城山を車であがり、讃岐平野を見る。ちょっとかすんでいたかな・・・。

城山から高松へ移動するのにはすこし時間が早かったので、
ちょっと戻ってこんぴらさんへ。

(2)へ

7月15日

日が長くなって、早く帰れた時に夕日が見られるようになった。
国道170号線岸和田貝塚あたりから見た夕日。
空気が澄んでいれば、明石海峡大橋が見える。

イメージ 1
イメージ 2

イメージ 3
イメージ 4

イメージ 5
帰ったら嫁がナスを収穫。実がうまくつかず、これが最初の一個。で、最後の一個になるかも?
花は咲いているのに、小さかったり、土についてダメになったりと全然だめ。シソも背丈が高くならず、葉のつき方もイマイチ。



夏のナスが終わったら秋ナスができるらしいが、
一度枝を切った方がいいのかな?
最初に植えた3年前が一番うまくいった気がする。
土がダメになってきているのかも?
いろいろ難しい・・・。農家さんってすごいと思う。


暑いので

イメージ 1

大好きなライチ味~♪

暑いし湿度高いし汗ぼと・・・。

終末、49日法要。
一区切りとなる。

チームTT練

昨年に続き、今年も鈴鹿のチームTT練を開始。

今年のメンバーは昨年とは変わり
昨年組んだ3名はライバル組へそのまま移行。

今年のメンバーは一人初心者が入っていて
昨日が初めてのローテーション練習。

フルマラソン3時間2~4分のレベルの方なので
心肺機能は高い。ロードバイクを買ってちょうど1年くらい。
マラソンやってた人っていきなりバイク乗らせても速いんだよね~。
って思っていたら案の定初心者のレベルではない。

ローテーションの練習はいろいろあるが、
基本的なところから一人ずつ変わっていくローテ、
二人一組のセットで変わるローテ、
代わるタイミングを素早くするローテなど
スピードは出さずに、ローテーションに
慣れてもらう練習を90分ほど。

一回休憩を入れて、ペースを上げてのローテ。
気温が高かったので、8時半から始めて昼前には終了。
途中で一人体調不良で離脱。ちょっと心配。

本番まであと約1か月。
4人集まれるタイミングがそんなにないので、
連絡を取って、試行錯誤して最終的には
ライバル組に勝つところまでもっていきたい。

«  | ホーム |  »

プロフィール

rumirai01

Author:rumirai01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車 (2472)
アニメ・マンガ (76)
その他 (858)
第1回お深い しまなみ (35)
ドリンク (84)
オフ会関係 (202)
年間スケジュール (32)
車 (34)
淡路合同ツーリング (114)
第2回お深い 信州 (13)
グランフォンド七葛 (20)
地図・廃線 (317)
第3回お深い 徳島 (13)
CTS→TDH→エタップ (85)
第4回お深い 乗鞍スカイライン (11)
第5回お深い 大阪 (38)
ロードに乗り始めた方へ (11)
廃線 目次 (1)
メンテナンス記録 (1)
カメラ (72)
おもて書き (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR