2016-08

乗鞍HC 2016(2)

平成28年8月27日(土)
上田観光(長野県)
に行ってきた。

主目的は日曜の乗鞍HCだが、同行のチームメイトのけみかる氏が
珍しく自分から行きたい所を言ってくれたので、行ってみる事に。
大河ドラマの真田○を放映中とかで(自分は見ていない)
上田城に行ってみたいとか。へぇ~。

今年は金曜夜に出発。イメージ 1
22時少し前に岸和田和泉ICから京滋BP
回りでいっきに坂城ICまで。
夜中3時頃道の駅上田に到着(5時間ちょうど位)。車中泊&テント泊に分かれ、3時間だけ仮眠。


朝6時起きで6時半頃撤収。

上田城観光で8時前にお城に着くスケジュールで動く。
雨が降っていたので、車で移動。晴れてたらバイクで
うろうろしたんだけど、残念極まりない。
イメージ 2
道の駅を出ると、周りの状況が分かる。
すぐ横に大きな崖があり、迫力満点。
何コレ?

お城の南側に無料駐車場があるので、
そこに停め、お城内へ。お城の敷地そのものは公園になっていて24時間いつでも入れる。やぐらなどが有料施設で開館時間がある。

自分はというと、旅の行き先に廃線があるかどうか調べて行くので
今回も調べてみると、上田駅から真田という地区に線路があったらしい。
しかも、お城のすぐ横を廃線跡が通っているようす。

イメージ 3
イメージ 4

ブラタモリで紹介されていたので、何となくの雰囲気は知っていたし、ブラタモリで紹介されたポイントは現地で確認してみたかった。

ちょうど、この廃線跡は桑子さんが、地元のかたにいじられたあたり。(イモ姉ちゃんのくだり)

イメージ 5
イメージ 6

東の大手門跡の石垣はかなり密に組まれていて、数か月前に行った妙義神社(群馬県富岡市)の石垣に近い雰囲気。あそこまですごくはないが、それでも必見の密着度。



イメージ 7
イメージ 8

ここでもポケモンGOに関する立て看板があった。
まあ車は来ないので安全ちゃ安全だけど
わざわざこんな所に看板を立てなきゃならないとは。
ちょっと興ざめだよね~。雰囲気台無し。

事前に調べた情報では8時開館だったのだが、
現地に行ってみると、8時半開館になっていた。
時間があまったので、徒歩で城公園を散策。

イメージ 9
イメージ 10


(3)へ
スポンサーサイト



乗鞍HC 2016(1)

平成28年8月28日(日)イメージ 1

乗鞍ヒルクライム(長野県)
に行ってきた。
レース以外のレポはまた後程。
先に記憶が消えないうちにレースレポを。

道の駅車中泊で朝4時起き、4時50分出発。
ガスがかなり出ていて、この時点ではまだ開催されるか分からない。
会場着が5時20分頃会場着。

駐車場がいっぱいなので、湯けむり館の交差点を南進。路駐がずっと続くので、開いているところに停めた。

荷物預けが6時半までなので、一応準備を開始。
QRコードでHP確認すると、開催が確定している模様。
全然入っていなかった気合を入れなおし、
山頂へ上げる荷物の整理。

6時15分くらいに荷物を預け、20分ほど?アップ。
ただし、自分は8時過ぎスタートなので
あまり走っても先はまだ長い。
チームメイトのけみかる氏も7時40分台のスタートなので
あわてる必要もなく。
イメージ 2

7時からチャンピオンクラスのスタートなので、会場をうろうろしていると、trueさん、河合さんらと合流。
しばし挨拶。久しぶりのフルコース開催なのでみんな嬉しそう。自分もうれしい。

長老のスタートを見送り、(REDMANをついに発見できず。忍者か?)

自分はトイレへ。トイレ渋滞を終え、
チームメイトのけみかる氏のスタートを見送る。
がんばって~(^^ゞ

昨年、一応一緒には来て走ったが、例の7kmレースだったため、
フルコース参戦は初めて。さてどのくらいのタイムかな?
イメージ 3

その後、特に何をするでもなく、各カテゴリーのスタートを見送る。
テツさんと偶然会えたのはこのタイミング。
奥さんのサポートでホイールを持っておられたが、テツさんは今回も走らず。しばし挨拶。

何でルックなの?いや~、やっぱりこっちの方が乗ってて楽しいし…(^_^;)
とりあえず楽しんできま~す(^^ゞ

8時6分スタート。
いつものように最後尾から落ち着いて出発。クリートをはめ、計測ライン少し手前からおもいっきり加速。

しばらくは平地で全車線使えるので、選手の間を縫って
がんがん前へ。

1㎞からキープレフトになる(大会規則)ので、
センターを割らないようにできるだけ左側を走行。
一気に心拍が上がり、血の味がするがおかまいなしに
ペースを上げる。
イメージ 4

1~2名ほど自分よりちょっと速い人が見つかり少しの間、抜きつ抜かれつの状態で走れたが、予想通り、自分がタレてじわじわ離されていった。
橋を渡る平地区間は単独。下ハンを持って
ギアを上げ、加速。タイムを稼げるところではできるだけ稼ぐ。

昨年のゴール地点(7km)では去年とほぼ同じタイム。
何秒か去年よりは遅い。集中力は去年のほうが高かったかも。
7㎞を過ぎ、足がいい感じに回るようになり
徐々にペースアップ。

前から落ちてくる選手はほとんどがキープセンターなので
左側がかなり開いている。
本来、前の選手を抜くときは右側からが原則だが、
キープレフトのルールで、ほとんどの選手がキープセンターの場合、
ラインが開いている左側を通らざるを得ない。
イメージ 5

たぶん、大会規則を読んでいないか、
いっぱいいっぱいで自分が道路のどこを走っているか意識がいっていないんだと思う。
普段から道路のどの位置を自分が走っているのか意識して走るようにしないとこうなる。
(炎上しそうなくらい上から目線で申し訳ないが、今回は特にひどかったように感じる)

乗鞍のカーブだが、左カーブは斜度がややきつめ、
右カーブは左カーブよりやや緩めの斜度のような印象。
けみかる氏も同感。
イメージ 6

なので、左から前を進む自分はどうしてもきつめのラインを選択せざるを得ない。ギアはフロントコンパクトでリア28Tの軟弱ギア。厳しいところは迷わず28Tを使用。
斜度が緩くなるとすぐにシフトアップで細かくギアを選択。
岩の切り通し付近でtrueさんに追いついた。
がんばれ~(^^ゞ

友人に会えると元気が出る。
trueさんの視界から消えるところまでペースを上げて
視界から消えたであろう区間からガクッとペースが落ちた。オイ。
イメージ 7

中間くらいでガスの中に突入。
真っ白い世界の中を突き進む。
体もしっとり。

その先進むと、森林限界を超えガスを抜けた。景色は一気に見晴らしが良くなり雪渓が見えた♪
空気も澄んでいて見たかった乗鞍の景色。おお~♪♪
しばらく景色を楽しみながら前へ。

もうスピードも一桁だったりと結構限界。
鈴鹿で攣った足のダメージもまだ残っており
「このヒト踏みを踏み込めば、絶対攣る!」
って感触が時々発生。その都度ペースダウンでタイムは損した。

イメージ 8
ゴール手前1kmくらいで下山組と対向。
長老を発見し、声援をもらう。ありがとうございます~!
ゴール手前300mくらいから大渋滞。
前にいきたいのにいけないもどかしさ。
下山が始まっているし、峠は狭いしで渋滞は仕方ない。



ゴールは惰性でゴール。スプリントはできる状態ではない。
まあ、渋滞がなくてもスプリントできたかは怪しいが…。

ゴール後、荷物受取りに進む。
右の股関節(外側)がめちゃくちゃ痛い。
体が硬くなっているので、どっか痛くなるのは分かるが、
こんなところが痛くなるとは?なじぇ?
イメージ 9

豊中のテツさんとjinjinさんと合流。
お疲れ様でした!
ゴール直後でみんなテンションMAX!
いや~、みなさん笑顔が良いです。◎

しばし歓談。荷物を受け取り、着替え。
汗が冷えるからね。
そうこうしているうちに、エタップつながりのM田さんが声をかけてくれた。お疲れ様でした!
イメージ 10

そしてtrueさんも合流。
気温はそんなに寒すぎず、問題なし。
今年の気象条件は本当にベストコンディションだった。

下山以降のレポはまた後程。

(2)へ

乗鞍

イメージ 1


四年ぶりに山頂まで行けます!
みんながんばって!

自分は8時すぎスタートです。

乗鞍

さすがJCA。
今週末(28日)にレースっちゅーのに、23日にいろいろHPで告知。
投資で億単位を焦げ付かせ、謝罪のコメントは一時期アップされていたが、
その後の報告が全然HPでアップされていない。
大会スケジュールが決まりましたって、そんなギリギリまで
決まっていないモノなの?
30年以上開催して、いまだにこの運営?
ちょっとひどくない?
去年だって、開催するしないで悩んだのは分かるけど
告知が全然なされなかったし、ひどいもんだった。

インストラクター講習会の問い合わせの件からこっち、
JCAに対してはすんごい不信感ばっかり。
一回、役員など一斉に変えるとか、何か大きな改善の一手を打ってほしい。

イメージ 1

・・・というのが自分の主観的主張なんだけど、
客観的に見ると、週間天気予報を見てから
スケジュールを決めたとか、スタッフの人数が足らず
どうしてもぎりぎりまで動けなかったとか、
何か事情があるのかもしれない。

この記事に対しては炎上する可能性があるので
とりあえずファン登録のみで。
「るみちゃん、いや、それは違うんだよ」ってのがあったら
教えてください。イベント運営側を経験していないから
運営側の意見が聞きたいです。

シマノ鈴鹿ロード2016(3)

【 5周の部 】
8時過ぎのスタート。
アップなし。何年かぶりにjunさんと同じカテゴリーでの
スタートとなった。junさんが気づいてくれてスタート前に
少し歓談。いや~、うれしいっす。

号砲が鳴り、レーススタート。
やや距離が長いので、序盤はゆっくりめに走行。
と思ったが、前日のTTで全力で走った影響で
足が結構軽い。疲労感はあるけど回ってくれる感じ。

ん~♪ いいぞ?イメージ 1
少し前のほうに移動しようかな・・・。でも
あんまり先頭に出るのも嫌だしな~・・・。
あ、車間開いてる。すぽっ。
ありゃ、ホームストレートだ。

ってのが、1周目のあの順位で(5位?4位?通過)。
あとはずるずる下がってしまい当初の予定通り、集団最後尾でゴール。
集団最後尾で中切れだけ注意していれば何とかなる。

逃げが見えたが、最後尾からでは追えるはずもなく見送り。
ん~、もったいなかった。
イメージ 2
逃げはそのまま逃げ切ったようで、すごいな~と。
レース展開はさておき、気になったのが気温。

5周回目の後半に、嘔吐しながらバックアタックする選手が一名。口に手をあてていたが、ドボドボ・・・といった感じ。
おいおい、怖いよ~(-_-;)

でもそうなるのも分かるくらい暑かった。

放送でも熱中症に気を付けて、影に入って、
水分をしっかりとってと何度も呼びかけていた。

次のレースまではブースを見て回り、ちょこっとだけ買い物。
消耗が激しいグローブなど。

【 7周の部 】
午後1時頃のスタートということで、
暑くなるのは予想済み。
ということで2ボトル体制。これは久しぶり。
1本は飲むようでもう一本はかぶる用。
イメージ 3

M岡さんとはブログラインズ時代の友人で現在は東京在住。しかもこの1レースのためにわざわざ5時間かけて来たそうな。
気合い入ってます。
sakataniの店長も同じカテゴリー。

合図でレーススタート。
最初っから最後尾で完走するつもりだったが、集団が結構きれいに流れていく。
ペース速いな~とは感じたが、嫌な集団の感じではなくいい緊張感の集団だったような印象。変な動きもなかったし、ただひたすら全力で走るって感じ。
1周目でチームメイトのMさんが切れ、行方不明に。あれ?

4周回目だったかな?スプーンカーブで1組に追いついた。
ヘアピンに入りながら集団が交錯。
こええぇぇぇ!!!と思ったが
1組の先導オートバイが1組の前を抑えてくれた?
1組の選手が2組の後ろに着こうとしたら
クラクションを鳴らして注意をうながした。
ありがとうございます。

この配慮のおかげで1組2組混走にならずに済んだ。
4周回目の後半、S字下りで足がぴきっときて、
5周回目に入った最初のシケインで集団を見送り完全に一人旅に。

足が攣ってしまい、半周クランクを回しては足を止めの繰り返し。
シューズのベルトを緩めて足先の血流を確保したが時すでに遅し。

6周回目に入るホームストレートで1組に追いつかれ追い越される。
1組について行く足も残っておらず、コース左側をとぼとぼ走る。
イメージ 4

6周回途中で両足のシューズを緩め、ただただ惰性で流すのみ。かける用の水ももうない。

7周回目に入るホームストレート。登りを上っていると、放送でチーム名が大きく呼ばれる。

あれ?一人旅なんだけど、がらぱさんが、呼んでくれたかな?
と大きな勘違いをしていると、どうやら5ステージの集団スプリントが
後ろで行われていたようで、チームメイトのシロしばさんが
スプリントを制してトップでゴールしたらしい。(レース後に聞いた情報)

自分が走っている時は暑さと足の痛さでそこまで頭が回らず。

7周回目後半になると足の攣りが少し収まり
普通に走れるように。とは言っても、巡航30km/hくらい?
スプーンカーブあたりでオートバイが近づいてきた。
げげっ、最後尾じゃん。

スプーンあたりで数人、立体交差下で数人、
コース脇に立っていた。どうやらどこかの組みで
落車があった模様。
イメージ 5

自分と同じゼッケンの人を一人だけ追い越し、最後尾から2番目の位置を確保。
あとは無理やり足を回してゴールラインまで。

何とか足切りにはあわなかったが、今回ははっきり言って6周回目くらいで、「もう足切りにして!」と祈りながら走った。
自分から棄権すりゃいいんだけど、できたらそれはやりたくない。
一人旅の6周回目と7周回目は苦痛の2周だった。
いや~、同情の「がんばれ~」がグサグサ刺さるのなんのって・・・。

それから熊野仲間のU井さんがシケインあたりで
応援並走してくれ、力が湧いたが、後半は逆にそれもきつく・・・orz。

やっぱり練習不足で走っちゃダメなカテゴリーだね。
参加する資格がなかったという事で。
※エントリーした時点では練習するつもりだったんだけど。

レース後、岩田2号さんとこに行き、少し歓談。
5ステージのチームメイトとも合流しお祝い。
優勝おめでとうございます!!

yamanboさんにも会えたが、自分はほぼ最後尾ゴール。
いや~、恥ずかしいのなんのって…(^_^;)お疲れ様でした~(^^ゞ
イメージ 6

風呂は入らず着替えただけでまっすぐ帰路へ。
バンビーノには子るみを出させたかったが、
夏風邪で連れてこず。残念。来年はベビーカーでバンビーノに出させる予定。

今年は例年になく暑い鈴鹿だった。

年をとったというのを確認できたし、いろいろ反省点の多い内容となった。
ま、お祭りイベントだし、レースに出ずに遊びに来るというスタンスの
REDMAN、Trueさん、U井さんらを見習って
来年から観戦のみってのも一つの手かも?

遊んで頂いたみなさん、ありがとうございました~(^^ゞ
また来年。

シマノ鈴鹿ロード2016(2)

【 チームTT(未登録) 】
14時08分スタート。
出走順がかなり後方からだったので、
後ろはあまり気にせずスタートできる。
ただ、一人が諸事情により参加できなくなったので
3人での出走。ペース配分が難しい。

号砲・・・は鳴らない。
時間が来てスタート。
クリートキャッチも問題なし。
声をかけて一気に加速。

距離が短いので迷った分だけタイムを損する。
あらかじめ、足合わせの段階で並ぶ順番を決めておいた。
予定通りその順に並んでホームストレートを上がっていく。

シケインのあたりで少しペースを落とし、
立体交差の上部あたりにかけてじわっと加速。
今年は海からの風が強く、ホームストレートは追い風、
スプーンカーブからヘアピンにかけて向かい風。
自分を含め3人のうち、Iさんは走力十分でレース経験未。

Mさんはベテランでレース経験も十分。イメージ 1

ただ仕事が忙しくなかなか走れていないので少し引く時間を少なめに。
自分は調子イマイチなのでそこそこで。

一応テーマを決めて3回に分けて練習をしてきたがやはり本番は勝手が少し違う。
ペースの上げ下げが生じてしまい、
なかなか難しい走行になってしまった。
また、ホームストレートは追い風で楽かと思いきや風がなく暑さだけが強調され、灼熱地獄。
肌がじりじり焼ける感じがする。

1周回目はまだ何とかなったが、2周回目からは暑さとの戦いになった。
Mさんのペースダウンがやや増え、少し待つ状態も発生。
ローテーションの間隔を変え、Mさんにはツキイチ状態で
走行してもらい、前二人で先頭交代。

今回は3人ということで、誰一人切れる事ができない状態で
かなり難しい内容だった。
でも、簡単な競技だったら飽きちゃうしね。
難しいから、またいろいろ考えて次に生かそうと思える。

今回は初めての3人体制でのスタート、灼熱地獄と
悪条件が重なってちょっと満足できる内容にはならなかったが、
一緒に練習できたことは収穫になったと思う。
ありがとうございました~(^^ゞ

シマノ鈴鹿ロード2016(1)

平成28年8月20日(土)
シマノ鈴鹿ロード2016(三重県)に行ってきた。
今年で33回目になるようだ。

レースレポは現在下書き中なので、
レース以外のレポを。画像はまた後日追加。
イメージ 5

土曜は朝6時に岸和田和泉SAでチームメイトにピックアップしてもらって一路鈴鹿へ。
名阪国道から1号線に入るコーナーで
ロードバイクを積んだ車が横転していた。
急いでいて曲がりきれなかった様子?。

すでに警察は来ていて、顔を血だらけにしながら何か書類に記入しているところだった。怖いな~・・・。
レース以外での事故は避けたいところ。

会場に着くとかんかん照りで暑いのなんのって。


今回、土曜日は昼からのチームTTのみだったので、
それまではたっぷり時間があった。
ブースを見て回ったり、自転車仲間の所に行ったりと
うろうろ。

気になっていたのはディスクブレーキのロードバイク。
それからスルーアクスルの見た目。

どっちも見る事はできたが、試乗はせず。
なんかゴツいね~。
強度とかディスクブレーキに対しての直角精度は上がるんだろうけど
見た目、ごてごてしているし、自分的には全然欲しいとは思えない機構。
イメージ 6

ただ、ストッピングパワーがしっかりしているそうなので、超重量のキャンピング車ならぴったり目的に合うかも。

それからスルーアクスルはやっぱりホイールの脱着に時間がかかりそう。
今の自分のバイクはクイックレリーズだが、
エンドに着いていた脱落防止爪は、やすりで削って外しやすいようにしている。

そのくらい面倒くさがりの自分にとって
わざわざパーツを全部外してホイールを脱着するのは
手間以外の何ものでもない。
イメージ 2


他に気になったのはヘッド部分の巨大化。
1メーカーだけじゃなく、複数のメーカーで
ヘッドのステム部分が異形化になっていた。
チームメイトに聞くと、空力とかの関係らしいがこれもゴテゴテしていて好きになれない。
イメージ 3



ダメ出しばかりに聞こえるが、あくまで個人の好みの問題。
ちょっとでも速く走れるようにというメーカーの考えは否定するつもりは全然ないが、
形が変われば変わるほど、興味が薄れていってしまう。

2~3メーカーほど、スチールの細身のフレームを展示していたが、かっこいいなと思った。あと、折り畳み自転車。
アオバ自転車店というコミックを読んでいるので興味があるのはある。

ストライダは鈴鹿のブースで何回か見ているが
いまだに試乗できていない。
純粋に乗ってみたいというのと、
乗っても買わない可能性が高いというのとで
葛藤が・・・(^_^;)
イメージ 4

シマノのシューズコーナーもチェック。
ワイヤー式のシューズの展示があった。
ん~、もうちょっとデザインを何とか・・・。

※何か酷評ばっかりですが、悪意は皆無です。モノが悪いとは言っていません。個人の価値観の違いってだけで。

そんなこんなで、鈴鹿のブースはしっかり楽しめた。
毎年同じに見えるけど、毎年内容は違う。

土曜日はチームTTが終わってすぐに帰路へ。
2時間エンデューロにチームメイトがたくさん出ていたが、
所用により先に帰らせてもらった。

チームTT中は昨年同様、REDMANの変な差し入れ応援が・・・。
今年はサラダ油か?イメージ 1


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

明けて日曜日。
4時起き、5時にチームメイトと合流し高速へ。
7時過ぎ会場着。雨がパラパラ・・・。をい。

もしかしたら降るかな~?と思っていたが、
結局朝の試走時間とマスターズの間だけ。
後は前日と同じくかんかん照り。あち~・・・。

5周の部を走った後、7周まで時間があったので
ブースを回って昨日チェックしておいた買い物少し。

この日は熊野メンバー、Trueさん、AKIRAさん、
U井さんと合流。しかもAKIRAさん以外は観戦のみだって。
走ろうよ~(^_^;)

岩田2号さんとKさんのご家族とも会えたし、
チームメイトのK息子さんの優勝も見られたし、
5ステージのシロしばさんのゴールスプリントを
背中で感じ(?)れたし。

東京に転勤になったO庭さんやM岡さんにも会えた。
そろそろ大阪に帰って来てほしいな。
O庭さんはかなり丸くなっていた・・・。大丈夫か?

今回は友人知人に大きな落車がなく、
それよりチームメイト2名の優勝がうれしかった。
自分もがんばらねば!とまでは言えないけど
活力をもらった気がする。

またここでしか会えない人もたくさんいるので
やっぱり来てよかったと思った。
天気も良すぎるくらい良かったし
楽しい2日間だった。

遊んで頂いたみなさん、ありがとうございました~(^^ゞ


スズカ

イメージ 1


スズカサーキットに来てます。
ま~し~さんが2周の部を無事完走したとこ。
暑いです。
14時からチームTT。

人のレースを見てると、気合いが入りますね!
気合いが走りに反映されればいいのですが・・・

鍋谷峠トンネル

イメージ 1
ホームグラウンドの鍋谷峠のトンネル工事が始まって
もう何年にもなるが、まだ終わっていない。

やっとこさ、今年に入ってトンネル貫通したらしいが、ここからまだトンネル内の設備等の工事が続く。


これまで使っていた国道480号の荒れ具合も
ちょっと補修されたり、木が切られて明るくなったりと
改善が見られる。
イメージ 2
イメージ 3

イメージ 4
イメージ 5

イメージ 6
イメージ 7

中学生の時に弁当つくってもらって、1日かかって初めて登った鍋谷も
今じゃ30分とかからない。昔は地道だったが、中学の時にはすでに
アスファルト舗装になっていた。
いろいろ思い出もある鍋谷峠だが、どんどん変わっていく景色に
寂しさと楽しみとが入り混じる。

シマノ鈴鹿

週末、シマノ鈴鹿ロード予定。
スタートリストや大会プログラムがHP上でアップされ、
いろいろ見ているが、今回のルールで「ロードバイクの
ディスクブレーキは不可」の文言あり。

シマノが主催している大会であえて中止にするあたり
黎明期なのかな~と想像。
ロードのディスクブレーキは自分は使う機会がないから
よく分からないけど、今後は増えるのかな?
何年かしたら、「ロードバイクのサイドプルブレーキは不可」
の文言が大会プログラムに記載されているようになっていたりして。

今年はチームで宿が取れなかった関係で、
土曜日出場し、いったん帰宅。
日曜日に再度鈴鹿へというちょっともったいない選択。
まあ一人で車中泊でもよかったんだけど、
やっぱりこの時期は暑いし鈴鹿で車中泊する自信ゼロ。

   初めてレースに出られる方は「緊急連絡先カード」を
   準備しておいてくださいね。
   使わないに越したことはないですが、
   万が一、事が起こった際は、あると医師や
   スタッフの判断が早く済みます。

   昨年、初めて救護室に行くことになり、役に立ってしまいました。
   首からかけるカード入れ(100均)に入れて走りましたが
   さほど気にならなかったです。お守りと思ってください。

例年4レース走っているが、今年はモチベーションが上がらず
3レースのみ。yamanboさんはエリートで別の組に。残念。
吉武店長やM岡さんや古さんが一緒にスタートできそう。
今年はあまり走れていないので、完走すらできない予想だが
年1回のお祭りレース。楽しもう。

そして鈴鹿が終わったら乗鞍。
昨年みたいなのはやめてね~(^人^;)

«  | ホーム |  »

プロフィール

rumirai01

Author:rumirai01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車 (2472)
アニメ・マンガ (76)
その他 (858)
第1回お深い しまなみ (35)
ドリンク (84)
オフ会関係 (202)
年間スケジュール (32)
車 (34)
淡路合同ツーリング (114)
第2回お深い 信州 (13)
グランフォンド七葛 (20)
地図・廃線 (317)
第3回お深い 徳島 (13)
CTS→TDH→エタップ (85)
第4回お深い 乗鞍スカイライン (11)
第5回お深い 大阪 (38)
ロードに乗り始めた方へ (11)
廃線 目次 (1)
メンテナンス記録 (1)
カメラ (72)
おもて書き (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR