2017-04

高松~徳島

 

イメージ 1


イメージ 2


昨日は所用で高松へ。

たらちゃんとヨルクラ後、日曜日はけみかる氏と無計画ツーリング。

久しぶりの津田の松原~ランプロファイア岩脈~引田~大坂峠。

距離は少なかったけど、天気良く気持ちいい気候で楽しめた。

ありがとうございました~\(^o^)/

子るみは今年に入って、3回目の四国。自分は1月から4月まで、月一回は四国に来ている…💦
四国には何かとご縁がありますね😅
スポンサーサイト



藤棚

イメージ 1
イメージ 2

平成29年4月22日(土)
仕事から帰って、嫁に子供を預け、夜間走行へ。距離稼ぎのみ。

テキトーにふらふら走って、ふと思い出した。藤棚を見に行ってみよう!

信達宿の野田藤と言うのが泉州の南の方にあるのだが、
毎年満開の時期には府外に出ていて、咲いているのを見た事がなかった。
今年は無理やり見に行った感じ。多分、ここしか見に行くチャンスがなかった。

イメージ 3
イメージ 4

場所は何度か通っているので、想像はついたが、
夕闇だったので、近くまで行き、案内板などを頼りに
その方向へ向かっていく。
近くまで行くと、たくさんの人が道を歩いていた。

イメージ 5
イメージ 6









イメージ 7







ここの藤棚は個人宅の木で、住まれている方の好意で公開されている。
なので、あまり騒がないようにクリートでコツコツ・・・

イメージ 8





奥に進むと、建材の足場が組まれていて、
藤棚を上から見る事ができる。
クリートで登るにはかなり恐怖感があったが・・・(^_^;)

イメージ 9






日中に見てみたかったが、これはこれで
なかなかいい感じ。
ただ、ライトアップされているのは入口の
木製看板のある所だけ。

イメージ 10





中は白熱電球の提灯がぶら下がっているのだが、やや暗いので、カメラで撮っても
綺麗な紫色が出ない。デジ一でも多分そうなんじゃないかな~?知らんけど。
一応ホワイトバランスの切り替えをやってみて、違和感ない色で撮ってみたけど・・・。

肉眼では十分楽しめたし、この状態ではまだ満開ではないそうだが、初めて訪れたので、感動は大きかった。綺麗綺麗♪

関東にも有名な藤棚があるそうで、観光パンフでは見た事がある。
そこも一度は行ってみたいなと思う場所の一つ。

春は順番に花が咲き乱れるので、行きたい所が多くて仕方ない。
行けるかどうかは別問題だけど・・・。

 お し ま い

 80kmちょい

マキノ海津大崎ツーリング2017(5)

イメージ 1
イメージ 2

賤ヶ岳トンネル手前の桜の花びら絨毯区間が、車が通った影響か
風の影響できれいさっぱりなくなっていた。残念。でも朝のうちに
見られて良かった♪
峠を越えた後は、来た道を戻る。

イメージ 3
イメージ 4

朝曇っていた所も快晴で見られた。
近所の家族かな?
家族連れでこの区間をサイクリングしていた。いいな~。子るみが3輪車に乗ったら
ロープで引っ張ろうかしら。


イメージ 5
イメージ 6

余呉湖に戻ってきたのが、15:05。けみかる氏が
100kmにぎりぎり届かないとかで、追加で余呉湖を1周回る事に。

イメージ 7
イメージ 8


イメージ 9
イメージ 10

イメージ 11
イメージ 12

近くに風呂が無いので、着替えだけして
帰路へ。スタート地点を変えたら風呂も入れるんだけど、早朝の静かな余呉湖が見られなくなるから、スタート地点はちょっと変えられないし・・・。難しい・・・(^_^;)


今回はうちの車が出せなかったので、けみかる氏に
車を出してもらった。往復の運転まで。
ありがとうございました~\(^o^)/

   お し ま い

16:10 高速へ
18:30 帰宅

マキノ海津大崎ツーリング2017(4)


イメージ 1
イメージ 2


休憩も兼ねつつ、写真を撮りながらヒルクライム。今の自分にはきつい登りっす・・・。

イメージ 3




風が出てきて、花吹雪がすごかった。

イメージ 4











イメージ 5










奥琵琶湖パークウェイのサービスエリアでは車が大混雑。駐車場も満車で順番待ちが道路まで伸びていた。

イメージ 6
イメージ 7

















売店があるエリアから東側は自転車を含め、すべての車両が
一方通行となっている。
時折木々の間から見える景色を眺めながら、
アップダウンを走る。

イメージ 8
イメージ 9











先行した前の二人!
ちゃんと景色見てっか!?
イメージ 13
・・・待ってぇ~・・・

イメージ 10



イメージ 11




イメージ 12









一番景色が良い所で止まって記念撮影。
ここの見晴らしも大好き♪
休憩も含め、ここでしばらく写真を撮って
ダウンヒル。
   (5)へ

マキノ海津大崎ツーリング2017(3)

全然ネタが無いので、あと3つ~。

 ~ 海津大崎 ~
イメージ 1
イメージ 2

イメージ 3
イメージ 4










イメージ 5







イメージ 6



イメージ 7






海津大崎のルートから、今度は奥琵琶湖パークウェイのルートへ。

イメージ 8







登りが始まるまでは、道のカーブに対して桜並木の曲がり具合が絶妙で、いい景色が続く。
また、桜の木々の間からは対岸に先ほど通ってきた海津大崎の桜並木が見え、
これまたいい感じ。
イメージ 9



12:50ころ、かぐや餅着。
すでに10数人並んでいたが、昨年に続き、今年も並ぶことに。二人とも食べるのは初めてとの事なので、ここは是非。
自分も好きだし、味もおいしいし。

イメージ 10







イメージ 11
 

結局30分ほど待って、購入完了。イメージ 12
自分が是非と言って待ったので、お二人には湖岸で待機してもらった。
お待たせ~(^_^;)杵と臼でついているので、
時間はかかるが、つきたてで柔らかくておいしい。

お餅を食べた後は、坂を上りましょう~・・・
orz。
二人ともさっさと登ってしまって、姿が見えません。狭い日本そんなに急いでどこへ行く
(T_T)

   (4)へ

                   ※(6)でおしまい


マキノ海津大崎ツーリング2017(2)

イメージ 1
イメージ 2
←↑※画質落としています。

イメージ 3






自転車道は農道も兼ねているので、
トラクターが通った跡に土塊がコロコロ
落ちている。ちょっと要注意。

イメージ 4
イメージ 5

石化木を見て、道の駅追越峠で昼食。
11時着。まだ昼食の時間ではなかったが、
食事を始めるころには、どんどん観光客が入ってきてイメージ 6
席が埋まっていった。セーフ♪
窓からは渋滞で車が動かない坂と、その先にはV字谷と琵琶湖の風景。そしてあちこちに見える満開過ぎの桜並木。
う~ん、春じゃイメージ 7

食べ終わって11時40分頃道の駅を出発。
昨年、ま~し~さんに教えてもらった清水の桜を見に行く。今回で2回目。

イメージ 8






横にある道は大渋滞。さらに道の駅からこの木に行こうと思ったら、道路を横断しなければならない。
結構危険な所だが、致し方なし。

行くと、ここも綺麗な桜並木。
たくさんの人が来ていた。
奥には駐車場もあるので、車でもOK。
すれ違いはちょっと大変だけど。

近くに鉄道があり、桜と自転車と鉄道車両をセットで撮ったが、
車両が遠すぎて白い線にしか見えないので、アップなし。残念。

イメージ 9
イメージ 10

再び海津交差点から海津大崎をまわるルートに入る。今度は車と同じ方向に進むので、多少気持ちは楽。
ただ、車の渋滞がこれまた進まず、カオス状態。こういう時は、焦らず、動かない時間を桜鑑賞にあてる。
イメージ 11

せっかく来たんだから、マイナスの感情は極力なくす。渋滞を待つ分だけ長く桜を見られるのだから。

イメージ 12











← 混雑のピーク地点。
船着き場があり、徒歩客やら車やら2輪やら、大混雑。無法地帯。細心の注意が必要。

(3)へ

マキノ海津大崎ツーリング2017(1)

平成29年4月16日(日)イメージ 1
マキノ海津大崎ツーリング2017(滋賀県)
に行ってきた。
04時45分 起床→05時30分 出発
05時45分 合流→06時05分 高速へ

今回もチームメイトのけみかる氏と、あとはチームメイトの真夏のワンコ氏。(一緒に走るの、いつ以来だ?)

週間天気予報で雨予報だったのが、奇跡の快晴に。ヒャッホイ♪
現地8時20分ころ到着。大体予想通りの時間。やや曇っていたが、ガスである事は分かっていたので心配なかった。
イメージ 2

準備をして8時35分ころスタート。
余呉湖湖畔道路を走り、まずは足慣らし。
早朝だけ、余呉湖にはあまり風が吹かないので、湖面に景色が綺麗に反射している。

すでに観光客が家族連れで何組も来ていて、湖畔で思い思いに過ごしていた。

景色いいし、静かだし、いいところだよね~。

あ、今回は修理に出していたコンデジが返ってきたので、
ソニーDSC-TX30での撮影。やっぱり操作が簡単で
撮影しやすい~♪

イメージ 3
イメージ 4

イメージ 5
余呉川沿いに菜の花と桜の木が咲く所があるのだが、去年ほど菜の花が咲いておらず、ちょっと残念。菜の花はもうすでに終わっていた感じかな~。昨年が良すぎたのかも。
賤ヶ岳峠(旧道)を登り、トンネルを抜けると琵琶湖にもやがかかっていて、幻想的な光景。おお~♪イメージ 6


峠からの下りは桜の花びら絨毯の上をダウンヒル。見た目はかなりきれいなのだが、スリップしそうで、内心はかなりの恐怖。
しかも前日降った雨で路面がまだウェット状態。ひやひやしながら下った。

下った先からしばらく桜並木が見られないので、一気にワープ。(藤ヶ崎トンネルは使わず。岩熊トンネル使用)
イメージ 7






海津大崎への湖岸道路に入ると、交通量が
一気に増え、徒歩の人もままちゃりの人もオートバイも車も動きが混沌としている。

一応海津の交差点から東向きに車は一方通行となっているのだが、
徒歩や自転車はフリー。なので、いい景色を見ようと、右側通行(逆走)の
自転車乗りが突っ込んでくる。

マキノ駅を通り、メタセコイア並木道へ。
まだ新緑のシーズンではなかったが、
遠くに残雪の見える山々をバックに並木道を通過。

イメージ 8
イメージ 9

↑ここの景色も好き~♪

並木道は県道287号なのだが、その北端から農道に入る道があり、
自転車道につながっている。車がほぼ通らないので、安全に走れる。

イメージ 10
イメージ 11


(2)へ

4月8日~9日、雑ネタ

イメージ 1
8日は昼まで仕事。
午後からキルワニさんの個展を見に
富田林駅前まで。
雨が降っていたので、携帯で雨雲レーダーを見ながらの雨宿りしながらの走行。

イメージ 2










途中、天野山の桜を見つつ、石川サイクリングロードへ。
サイクリングロードに入るまでは民家もあるので、
軒先を借りて雨宿りして何とかなっていたけど、
サイクリングロードは何もないので、さらさら雨が降る中、
走って体温を上げて、濡れた分だけ乾かす作戦。
しんどいっちゅーねん。

イメージ 3
イメージ 4

途中で、桜と雪柳の組み合わせの所があったので、止まって撮影。晴れていればな~。

14時40分頃到着。
会場にはキルワニさんがおられたほか、
手話通訳を仕事でされている関係で、手話の方々がたくさん。
音は静かだけど、空気はすごくにぎやか。何かすげ~・・・。
完全アウェーの中だったけど、キルワニさんに通訳をしてもらいながら
会話に参加。結構ドキドキ(^_^;)なかなかできないというか初めての体験でした。
貴重な時間をありがとうございます。        ↓うちの滑り台。こたつの板。
イメージ 5

帰りは雨も少しマシになり、ずぶ濡れにならずに帰宅。一晩放置したバイクは見事にチェーンまっかっか・・・。

やっすいオイルを使って雨中走行したらこうなるって典型的な症状だった。
イメージ 6



明けて9日は朝雨で、予定していた又兵衛桜を見に行けず、今年は断念。
雨雲レーダーを見ながら、雨が上がった瞬間に玄関を出て出発。
チームメイトのけみかる氏と近場うろうろ。

走力に差があるので、ハンデを付けてもらって。どうやらツーリングの方向に向かうようで、練習としてパニアバッグ(小)を付けての走行。これで千切れたらどうしよう・・・。
どきどき・・・。
イメージ 7



永楽ダムの横を通り、ダム湖畔の桜並木を見た後、犬鳴峠越えで和歌山へ。

犬鳴峠の登りできっちり千切られましたが・・・何か?(T_T)
イメージ 8


登りで遅れた分は下りで取り返します!
て事で全力ダウンヒル。十字切ってチーン。『シャカリキ!』のユタ。


イメージ 9










下り切ってけみかる氏の言いなりで最初ヶ峰登坂。
ちょうど、その週の半ばにN○Kで紹介されていたので、
車の量がかなり多かった。(県外ナンバー)
そしてきつい。ここでも登りで千切れ・・・。

登った先は満開の桜と見下ろした景色には桃の花が満開。
曇っていたけど、なかなかの絶景。

イメージ 10
イメージ 11










紀ノ川の河川敷の菜の花畑と桃園を通り、
ハード系パンで有名なドーシェルへ行った後、東へ進み、裏鍋谷へ。し、死ぬ・・・。

イメージ 12



4月1日にトンネルが開通したのに合わせて、道の駅も営業開始。
めちゃくちゃな大混雑で、道路は今までこの道で見たこと無いくらいの大渋滞。
ちらっと中を見て、峠を越えて帰阪。
トンネル通っていれば、もっと楽に帰れるのに・・・orz。
オチなく お し ま い

4月1日~2日、雑ネタ(2)

明けて日曜日。
散っているのは分かっていたが、距離稼ぎ走行のため
再びあのう梅林へ。
イメージ 1
イメージ 2









イメージ 3







イメージ 4







国鉄バス跡の道をたどっていくと、枝垂れ梅があるのだが、すでに咲き終わっており、枝が剪定されていた。よく見ると、枝振りが、水面を小石が飛ぶような形になっている。
おそらく、計算して枝を剪定しているのだろう。しかも長い長い時間をかけて・・・。


イメージ 5
とりあえず梅林も見に行ってみるが、当然咲き終わり。色も緑が混じってきていた。
淡い色できれいなのは綺麗だった。
その代り、梅林の入口で別の木が満開。
種類は分からず。桜っぽ感じもしたが、違うような・・・?      ↓

イメージ 6









前日と同じく、紀ノ川の河川敷を通って、鉄分補給した後、
加太周りで帰路へ。

イメージ 7
イメージ 8


イメージ 9






ところが前日のダメージがひどく、加太の途中の大川峠旧道でハンガーノックになり、瀕死状態に。
自販機で糖分補給して近くの道の駅まで。
これまたタイミング悪く、レストランは営業時間外。ガーン・・・。
イメージ 10

仕方ないので、カップ麺を購入してとりあえず補給。
イメージ 11






イメージ 12










加太海岸にある道の駅は海釣り公園としても整備されているのだが、
「まき餌、赤土、砂、麦等を使用する釣り行為」が禁止・・・。
赤土?ムギ?何に使うの???

 お し ま い

4月1日~2日、雑ネタ(1)

4月1日~2日あたりの雑ネタ。イメージ 1
特に予定もなかったので、
近場うろうろ。しだれ桜は例年より1週間遅くに見ごろを迎えた。

4月1日は待望の鍋谷トンネル(国道480号)の開通式。16時半から正式開通という事で、最後の突貫工事が近くの交差点で行われていた。何かぎりぎり??(^_^;)

イメージ 2
イメージ 3

待望のとは言っても、トンネルは車専用道。
自転車は結局今までのとおり、峠道を上る事になる。
イメージ 4

ナンデヤネンッ!!


イメージ 5
イメージ 6

しかも旧道と新道と交わる区間は何と「自転車は押してください」
との看板が設置されている。(一時的なモノではなく、常設で)

歩道とも呼べない外側線の外側の通路。イメージ 7
徒歩で通行した方が、危険じゃないか??
どう考えてもおかしい区間。
ここを徒歩で自転車を押して歩けという意味がさっぱり分からんちん。
責任者出てこい!ってくらい腹が立ったが、今のところどうしようもない。

鍋谷峠はローディーが多く、プロ選手も通る峠だったが、この先は通る人が減るだろうな~。
このトンネルができる事で和歌山がさらに遠くなった気がするよ。

イメージ 8
開通イベントに際して、和歌山側では町の空気がすっごい浮かれた空気になっていた。人の動きも車の動きも危険極まりないカオスな動き。怖いったらありゃしない。

せめて左右に動く時は指示器があるんだから指示器だしてくれ。

紀ノ川の河川敷ではドクターヘリが目の前で着陸。しばらくすると、近くをQQ車が通り過ぎて行った。何かあったのかな?

イメージ 9
自転車道の工事も終了したようで、かなりの区間が一気につながり、走りやすくなった。
工事の方、お疲れ様でした~(^^ゞ
お陰様で走りやすくなりました。

イメージ 10











イメージ 11

南海線の鉄橋の橋脚を見て萌え~♪
なって、鉄分補給。
イメージ 12







岬町の新しくできた道の駅?も4月1日、この日開業。とんでもない混み具合だった。
せっかくバイパスが同日開通したのに・・・。


久しぶりのロング通勤。120km。
Ave激遅・・・orz。

(2)へ


«  | ホーム |  »

プロフィール

rumirai01

Author:rumirai01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車 (2472)
アニメ・マンガ (76)
その他 (858)
第1回お深い しまなみ (35)
ドリンク (84)
オフ会関係 (202)
年間スケジュール (32)
車 (34)
淡路合同ツーリング (114)
第2回お深い 信州 (13)
グランフォンド七葛 (20)
地図・廃線 (317)
第3回お深い 徳島 (13)
CTS→TDH→エタップ (85)
第4回お深い 乗鞍スカイライン (11)
第5回お深い 大阪 (38)
ロードに乗り始めた方へ (11)
廃線 目次 (1)
メンテナンス記録 (1)
カメラ (72)
おもて書き (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR