2017-08

乗鞍HC 2017(2)

平成29年8月26日(土)イメージ 1
仁科三湖ポタリング(長野県大町市)
に行ってきた。
乗鞍前日という事もあり、あまり無理のないコースを選択。
仁科三湖は何度か走ったが、
最後に走ったのはもう何年も前の事。
コースはほとんど覚えていないくらい。
イメージ 11


出発は金曜夜9時過ぎ高速へ。
途中で高速を降りて、瑞浪ICの公園でテント泊。明け方、雷がすごく目が覚め、レーダーを見ると、すぐ隣の市が真っ赤っか。
急いでテント撤収し、出発。間一髪。

5時半頃再び瑞浪ICから高速に乗り、安曇野ICまで。

イメージ 2







ちょっと早く着きすぎたので、付近を散策する事に。

自分が廃線好きなのを知っていて、

いろいろ情報を探してきてくれるけみかる氏が今回も廃線跡を調べて教えてくれた。


JR明科駅から廃線跡が伸びているそうな。
行きましょう。
すぐ行きましょう。
早く行きましょう(^.^)♪

雨が降っていた影響で地面が濡れていたが、
雨上がりのしっとりした空気。


駅からの遊歩道は通らず、駅前の観光案内版で、
遺構が残っていそうなポイントを見て車で移動。

イメージ 3
イメージ 4

イメージ 5









行ってみると、トンネルや、電信柱がそのまま残っており、バラストもそのまま。
しかも踏切がまだかなり新しい感じで、
つい最近付け替えた?ってくらいきれいだった。

8時半頃まで廃線跡周辺をぷらぷら散歩。
道の駅池田へ移動する。
池田に着くと地面はすでにドライで、遠くの方には青空も見られた。

イメージ 6
イメージ 7











道の駅池田にデポしてツーリング開始。
9時過ぎかな?まだ少し空は曇っていたが
走るのには全く問題なし。
北上して仁科三湖を目指す。

イメージ 8


道の左側には田んぼがあり、その遠くには残雪で白い線が見られる山々。
風もひんやりで、いい感じ。レース前日なので無理せずの~んびり平坦基調の道を
ポタポタ走行。



10時少し前に信濃大町駅に到着。
黒部ダムへ向かう玄関駅という事もあり、
黒部ダムの情報があちこちにあった。
へぇ~。黒部ダムへは途中まで車で行けるが、
その向こうはトロリーバスでしか行けないよう。自転車も同じかな?
気になるけど今回は予定していなかったので、スルー。また来年。

イメージ 9
イメージ 10

イメージ 12

信濃大町の駅周辺は長い商店街が続いていたが、半分くらいはシャッターだったかも。
水が豊富に流れているようで、地面の下で水の流れる音があちこちから聞かれた。

駅前には観光案内所があり、黒部ダムへ向かう際の情報が得られる。
商店街周辺には湧水ポイントがいくつかあるようで、地図にはマークがいくつも描かれていた。(今回は行かず)

(3)へ
スポンサーサイト



乗鞍HC 2017(1)

平成29年8月27日(日)イメージ 1
乗鞍ヒルクライム(長野県松本市)
に行ってきた。
レース以外のレポはまた後程。
先に記憶が消えないうちにレースレポを。

起床4時50分。会場入り5時40分頃。
今回はいろいろあって、白骨温泉側の道から来たが、道路にすでに駐車が始まっており、その列に並ぶ。

会場ではたくさんの方とお会いでき快晴の中楽しい時間が過ぎた。
(詳細はレースレポの後で)
イメージ 2


スタートは8時12分。
同行のけみかる氏は8時6分。
差は6分差。追いつかんがな・・・。

例年通り、チップ計測なので、集団のスタートを見送って少し間を空けてからスタート。加速してスピードに乗ったところで
計測ラインを踏む。サイコンもぽちっと。

集団最後尾の渋滞を縫うように進み、前へ前へ。
練習不足が出たのはスタートして1分ほど。
登りが始まった所で、失速開始。まあ予想はしていたけどね・・・。

今回は(も?)選手が道幅一杯に広がっているので、
隙間を縫って進む。三本滝までの区間で、速そうなトレインが
追い抜いて行くので、ちょっと乗って、降りて、
ちょっと乗って、降りて、ちょっと乗って、降りて・・・
を繰り返し、微妙に順位を下げつつ上げる。(どっちやねん!\( ̄ー ̄;))

何度か乗って降りてを繰り返していると、ペースが近い人が
数人見つかり、その人をターゲットにしてペースを維持する。
相手の方が微妙に速いので、後ろについて、
ライン取りを工夫したり、風除けにして
できるだけ離されないように頑張る。
イメージ 3

三本滝を過ぎ、徐々に勾配が上がっていく。
ヘアピンなどのイン側は誰も走らないので、ラインが空いており、インを使ってセコく距離短縮。いくつかヘアピンをクリアすると
追い抜いて行った人に追いついたりで、モチベーション維持に役立つ。


第二チェックポイント(給水)から先は景色が綺麗に見え、
テンションが上がる。森林限界を超えるとそこはもう別世界。

遠くの山々を見ながら、きっついな~と思いつつ、時速一桁で
フラフラになりながら登る。ラスト5kmからは足の攣りを感じ始め、
完全に攣る直前。頑張って踏んでいればゴール前で確実に
ストップする感じがしたので、ペースをさらに落としてたらたら登る。
イメージ 4

下山が始まったようで、対向グループからテツさんの奥さんにるみちゃ~ん!と声をかけて頂いた。ありがとうございます!
長老も見えたが、選手のかげになって向こうからこっちは見えない様子。
今年も速かったんだろうな~。

ゴール手前ではセンターにカラーコーンが置かれていて道幅が狭くなっている。追い越しも厳しくなるので、
後続の確認と前の隙間を確認し、くねくねと縫うように
ラストスパート。最後に3人ほどをちょい刺し?ゼッケンは確認せず。
自分とはカテゴリー違いかどうかも確認できなかった。
というより確認する余裕すらなく・・・。

手元のサイコンでは20分が切れたかな~?という
微妙なところ。目標としていた20分切りは多分できたんじゃない??
という半信半疑ながら、グレーゾーン。
イメージ 5

どのみち、昨年記録した自己ワーストタイムよりはるかに遅いのは明白。天気良かったし全力出したからタイムは気にしない気にしない。
気になるのはチームメイトとの勝負のみ。

ん?

普段から練習で引きずり倒され、上りではぼこぼこに
されてしまうけみかる氏。
イメージ 6

練習走行時の機材とレース時の機材は
結構違う(計量化)ので、練習時の走力が
そのままかというと、ちょっと違うが、それを計算に入れても負けている可能性がかなり高かった。

荷物受け取りのところで合流でき、話を聞くと自分と似たようなタイムらしい。
下山して完走証を受け取るまでは結果は分からない。
結構ドキドキ。

(2)へ続く。

乗鞍2017

イメージ 1

行ってきました。乗鞍HC2017。

快晴に恵まれ、ここ数年で最高の気象コンディション。
ここでしか会えない人も多く、充実した旅になりました。
詳細レポはまた後日。ありがとうございました!!

※写真は「富士山だと思いたい山の形」ってことで。
富士山かどうかは定かではないです。
乗鞍から富士山は南東方向なので、どうだろうな~・・・?

パーツがない・・・

先日、久しぶりにルック号のチェーン交換をした。(10s)
すると、変速が綺麗に決まるかと思いきや、
まさかのスプロケ摩耗でチェーンがかみ合わず。
そういやチェーン、何年変えていないんだろう・・・(・_・;)

記録に残していないので少なくとも2万キロは交換していない可能性がある。
(ここ数年はロードバイクのメンテ記録を全部残しているので・・・)
これまでかみ合っていたスプロケも、チェーンと同じように摩耗していたようで、
新しいチェーンとは隙間が全然合わなくなっていたようだ。

で、アンカー号についていたスプロケを入れ替えると
今度はちゃんとかみ合ってくれた。
いざツーリングに出てみると、今度はフロントのインナーがうまくかみ合わない。
まじっすか・・・(◎_◎;)

さ~、これは買い換えようかと思って調べてみたら、まさかの・・・
「廃版」!(×△×;)ギャフン!
クランクはシマノのFC-R700。PCD110で5アーム時代の物。
ちょうどコンパクトクランクが世の中に出回り始めた頃の
商品で、今はもう無いのだが、まさかチェーンホイールが
無くなっているとは思っていなかった。

店長に相談したら、クランクごと買い換えた方がいいんじゃない?
とのこと。その他にいくつか情報を頂けたが、判断に迷うところ。
クランクごと買い換えならアンカー号も合わせて買い換えたいし、
出費が大きくなりそうな予感。

スギノの34Tもあるそうだが、シマノに比べてやや割高らしい。
それからインナーを変えるならアウター(50T)も合わせて
変えた方がいいとのこと。さ~、どうしたもんか。
イメージ 1

てなわけで、皆さんにご相談。

SHIMANO(シマノ) FC-6650-S/
FC-R700 チェーンリング
 34T シルバー Y1H034000
→これ、誰か持っていませんか?

できれば新品がいいですが、無ければ、ちょっと使って(5000km未満くらい?)11sに変えたからもういらないよ~って方。
あれば一度ご相談させて頂きたいです。

まあ、それもいずれ摩耗して無くなるもんだから、全部買い換えれば?
ってのが当然のご意見なんですが・・・(^_^;)

今年最後の桃ジュース

イメージ 1


今年最後の桃ジュース。
黄金桃という種類の桃との事。
明日で今期の店じまいだそうで。

今年はあまりあちこち行けなかったおかげ(?)で桃ジュースは例年よりたくさん飲めました。

うまかった♪

探訪:岐阜GF練習走行会(3)

調子に乗りすぎて、国道360号線をまっすぐ下ってしまった。
白川郷に入ってから周辺案内地図を見ると、
この下りの途中に、展望台へ行く分岐があった様子。
展望台へは行ってみたかったので、これはちょっと残念。
イメージ 1
イメージ 2

お盆休みとあって、人ごみは結構な混み具合。
20分ほどだけ観光の時間をもらえたので、
集落をちょっとだけ散策。外国人がとても多かった。

イメージ 3
イメージ 4

集落内の道路から展望台が見えるのだが、シャトルバスが出ていて
割と本数も多い。ただ、バスを見るとかなりの混雑ぶりで、
朝の出勤ラッシュのような感じ。これはちょっときついな・・・。
時間も足りなかったので、展望台へは行かず、何か所かで
写真撮り。電信柱がなく、空が広いので、いい雰囲気。

イメージ 5
イメージ 6











また、集落内にはあちこち水が出しっぱなしになっているが、これまた氷水みたいに冷たい水。ボトル補給もここでさせてもらった。
15時45分集合で16時少し前に出発。
また来よう。うん。

イメージ 7

集落内には観光客向けの駐車場はなく、少し離れたところに広い駐車場を設けていた。ただ、そこも満車でさらに離れたところへ警備員が誘導していた。どんだけ混んでんだか・・・(^_^;)

出発してすぐにダムへの登りがあり、
こで自分は先頭グループから離脱。
もう足売り切れでついていけませ~ん。
けみかる氏はついて行ったが・・・。イメージ 8
道の駅飛騨白山で休憩、さらにその先で
2回ほど休憩と後続待ちをして18時頃デポ地へ戻ってこれた。

特にメカトラもなく、足がつって一人離脱した以外は問題ないいいツーリングだった。
道も荒れていたし、パンクあるかな~?と思ったが、誰もパンクなし。すばらしい。

企画していただいたHさん、ありがとうございました。
とても楽しいツーリングでした。また行けそうなら
本番も行ってみたいと思います。

 お し ま い

・補給ポイントはやや少な目。
・登り坂は斜度きつめで初心者向きではない。
・天生峠前後は携帯の電波届かない。
・天生峠は自販機もなく、補給できる水もなし。(湧水含め)
・白川郷の展望台は天生峠から下る途中に分岐があり
 左折して行くようだが分岐点の目印はなし。
・湯の平温泉はクーポンを印刷して持って行けば500円。石鹸シャンプーあり。
・本番の集合地点は牧歌の里。ひるがの高原スマートICを降りてすぐ。
・(明暗両方)トンネル多く、ライト必携。
・県道452号線の峠からの下りは路面荒れていて、穴も大きい。注意必要。

探訪:岐阜GF練習走行会(2)

下小鳥ダムの近くでは水が澄んでいるのが見られた。
岩もいい感じ~♪
イメージ 1
イメージ 2













イメージ 3








その後、道路崩落により道が半分埋まっていたが、謎のワープ(ん?)にて先へ。

結構大きいダムで、景色も良かった。

イメージ 4
イメージ 5






















ダムの西側を通り、国道360号に入ったところで小休止。
イメージ 6
イメージ 7












たまたま日陰を見つけて近寄ると、
桶に水を出して野菜を冷やしてくれていた。
しかも「ご自由にお食べ下さい」とのメッセージ付き。

水はこれまた氷水のような冷たさで、頭や足にかけると
とても気持ち良かった。

ここから9.6kmの登りで平均斜度7%ちょい。
数字でだいたいのきつさは判断していたが、
やはり予想通りのしんどさ。
1人速い方がいて、最初の1kmくらいはついて走ったが、
あっさり切られた。
イメージ 8
イメージ 9












途中でチームメイトのけみかる氏に追い越され、後半に再度抜き返したが、ゴール
手前でさくっと刺されてしまった。
レースとちゃうっちゅーねん。
ハァハァε-(。_。;)ノ┃木┃
イメージ 10



登坂途中で女性ライダーがいたので、頑張ってと声をかけるとまさかの外国人女性。
パニアバッグ2つつけて汗だくで登っていたが、かなりきついと思う。
イメージ 11



頂上で後続を待つ間に少し話を聞くと、大学院生で1か月くらいの休みの期間を利用して走っているとの事。この日は高山から走ってきたとか。まじっすか・・・(^_^;)

1名遅れていたので、戻ってみると、両足が攣ったとのこと。携帯もつながらないとのこと。コースは知っているので、回復を待って再スタートします。先に行ってくださいとの事だったので、情報を伝えに峠に戻る。

途中でもう一人下ってきたので、情報を伝え、峠を越えて白川郷へダウンヒル。
いろいろあって、メイン集団は先に下山していたので、
けみかる氏と全力下山。この下山はなかなかおもしろかった。

(3)へ

探訪:岐阜GF練習走行会(1)

平成29年8月12~13日(土日)イメージ 1
岐阜GFの練習走行会(岐阜県郡上市)
に行ってきた。

ツールドあいちの企画で行われるグランフォンドのコース下見的なイベントかな?
いつまでに受付締切などの文言がなかったので、天気予報と自分の都合を見て直前に検討できるのが大きかった。
イメージ 2









またコースも白川郷に行くとの内容だったので、
一度行ってみたかった所でもあるし、参加させてもらう事に。

土曜日の夕方6時少し前に高速へ。
渋滞情報が表示されていたが、その区間に近付くにつれて
だんだん渋滞が解消されていき、ほとんど渋滞にハマらず。ラッキー♪

イメージ 3
道の駅大日岳にデポしてテント泊。
気温18度まで下がり、かなり快適な気候。
同行してもらったけみかる氏は繊細なので
車の音などであまり眠れず。スマネ~(^_^;)

流星群が来ているという情報を教えてもらったので、空を見てみたが、全然見つけられず。
街灯がありちょっと空が明るかったからかも。残念。

朝は、かなりひんやり。フライシートも夜露に濡れて水滴がついていたほど。
この時期の大阪ではありえない気温。
おかげで体がすごく楽だった。


7時前に撤収完了し、準備をして7時過ぎに集合地点へ。
すぐ横には分水嶺の石碑があり、ここから日本海側と
太平洋側に川が流れていくらしい。へぇ~(◎O◎)

主催者の方に挨拶をして、受付。500円はたぶん保険代だけ。
ボランティア?
7時45分から説明、集合写真を撮ってもらい、8時に出発。
自分の携帯はガラケーだし、ガーミンなんてハイテク機器は持っていないので、
事前にルートラボから分岐点と距離を確認し、Qシートを作成。
距離の割に、分岐数が少なく助かった。

イメージ 4
イメージ 5

出発の時点では16人だったので2組か3組くらいに自然に分かれた。
分岐では主催者が待っていてくれて迷子になることもなく、安心して走れた。
最初の登りは後半に斜度が上がるきつめの坂。
登坂ホイールに変えてきたのは正解だったが、
足が無いので何をはいてもしんどいもんはしんどい。

イメージ 6
イメージ 7









川の水はとても綺麗で澄んでいた。
キャンプ客もそこそこいて、家族連れで
しめそうな雰囲気の山。
イメージ 8




下って道の駅荘川で休憩。
ホースで水を貯めていたので、水に触ってみると、これが氷水のような冷たさ!

普段走るコースにも湧水があり、かぶって涼を取ることが多いが、ここの水温はそれの比では無かった。こりゃびっくり。

イメージ 9




ボトルに水を補給し、スタート。
途中で一人遅れていた方が追い付いてきた様子。すげ~(^_^;)

走力差があるので、一本道でも時々停まって後続待ち。こういうのは初参加者として
安心できる点。

昼食は少し早めに11時から。
最初に入った店でちょっと問題発生で、
2軒目へ。とうふ専門店だったが、バイキングがあり、割安感があってここは自分的に
HITだった。味もおいしかったし♪
イメージ 10
イメージ 11










イメージ 12
昼食後、しばらく川沿いに緩やかな下りが続く。川底は白い岩が見え、水はエメラルド色に透き通っている。

水量は多く、水の音を聞きながら涼しい
ツーリングが続いた。

(2)へ

白川郷

イメージ 1


1度来てみたかった白川郷♪
念願叶いました。
ツールドあいちのプレイベント?
練習走行会という名目のツーリングに参加させてもらっています。

気温低くて、めちゃくちゃ気持ちいい気候です♪

亡母実家へ(2)

明けて日曜日。
この日は、この海の家で小学生30人の教室が開かれるとか。
邪魔にならないよう、7時半頃にはテント撤収。
朝は涼しく、泳げるかな?と思っていたら、
日が射して来たら一気に気温が上がり、
9時の時点でかなり暑かった。         ↓今回のお気に入り写真(親バカでスマネ~)
イメージ 1
イメージ 2












ちなみにこの日の豊岡の最高気温は39度だったらしい。まじか・・・(^_^;)

海の教室はシーカヤックの教室だったようで、カラフルな船がたくさん海に浮かんだ。
イメージ 3



こちらも海に入り、2時間ほど海水浴。11時過ぎ撤収し、家に挨拶に行き、12時過ぎお別れ。おじいちゃんにはがっつり遊んでもらった子るみだった。笑顔をたくさん振りまいてくれたのでGood Job♪

イメージ 4


香住と言えばカニ。まあ時期が違うので
多分冷凍かな?母が子供の頃はカニが
おやつであまり好きじゃなかったそうな。
何て贅沢なお話だこと(^_^;)

カニもおいしいのだが、バイ貝という貝があり、以前結婚の報告に来た時に香住でバイ貝を食べさせてもらったら、これがめちゃくちゃうまくて、嫁も自分もHIT。

イメージ 5
お店に入り、海鮮丼を注文。もともとバイ貝は入っていなかったが、店の人に相談してバイ貝に変えてもらった。
もう一品はイカ丼。両方うまかったが、お水もお茶も「無い」と言われたので、ちょっと
”おしい”店だった。

イメージ 6




昼食後、嫁の希望で佐用町のひまわりを
見に行くことに。や まさんの情報で、徳島の方が綺麗というのが頭にあったが、佐用町のはまだ自分も見た事なかったし、行ってみる事に。

香住から佐用町は結構離れているので、
着いた頃には夕方になっていた。
子るみも移動疲れで、ちょっと機嫌があまり良くない状態。

イメージ 7



駐車場は200円と良心的な金額。警備員さんとか雇っているようだったので、P有料は
仕方ないかな。
耕作放棄地をひまわり畑にしたのか、縦長の土地にたくさんのひまわりが植えられていた。
イメージ 8

また、元は田んぼだったのか、土地の高さがまちまちで、見渡す限りのひまわりってのとはちょっと違った。
それから、ひまわりとしての自覚が足りないのか、すべてのひまわりが太陽に背を向けて、ぐったり気味。おいおい。

               自覚の足りないひまわり→

1時間ほどひまわり畑の中をうろうろして写真撮影。
帰りは渋滞を回避して、ノンストップで帰宅。
子るみは初めての体験がいろいろできたので、良かったと思う。
また行こ~ね。

 お し ま い


«  | ホーム |  »

プロフィール

rumirai01

Author:rumirai01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車 (2472)
アニメ・マンガ (76)
その他 (858)
第1回お深い しまなみ (35)
ドリンク (84)
オフ会関係 (202)
年間スケジュール (32)
車 (34)
淡路合同ツーリング (114)
第2回お深い 信州 (13)
グランフォンド七葛 (20)
地図・廃線 (317)
第3回お深い 徳島 (13)
CTS→TDH→エタップ (85)
第4回お深い 乗鞍スカイライン (11)
第5回お深い 大阪 (38)
ロードに乗り始めた方へ (11)
廃線 目次 (1)
メンテナンス記録 (1)
カメラ (73)
おもて書き (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR