2017-09

阪神高速 5号湾岸線工事

ラジオで情報を知りました。

10月1日~11月1日まで

泉州方面から湾岸線を通ってアワイチや
徳島等に行く際はご注意を。
スポンサーサイト



大阪の棚田

平成29年9月24日(日)
下赤阪の棚田(大阪府千早赤阪村)イメージ 1
に行ってきた。

前日、どこを走ろうかいろいろ検討していて
棚田と茶畑を入れたロングコースを組んでいたら夜中の日付が変わってしまい、結局日曜の朝は起きれず。
イメージ 2



目覚ましを4時に合わせていたので、中途半端に二度寝になってしまい、7時半頃に起きた時にはめちゃくちゃ眠かった。

イメージ 3




とりあえず予定していたコースは完全に無理なので、せめて棚田だけでも行ってみる事に。

朝8時過ぎくらいに出発。
場所がイマイチよく分からなかったが、
行ってみると、確かに分かりづらい所。
分岐からは農道になるので、地図には載りにくい道なのだ。イメージ 4






それでも観光客で三脚を持ったデジイチの人が何組か来ていた。

イメージ 5


HPや地図上にはピンポイントで「
田はここ
」って感じで記載されているのだが、実際に現地に行ってみると、そのポイントより、ちょっと山手の方にある棚田の方が自分の好みだった。

他にもこの周辺は棚田が多く点在しているようで、遠景にもあちこち棚田が見られた。
ちょうど稲刈り直前で、稲穂が綺麗に色づいていた。

イメージ 6
この棚田のちょっと手前で財布を持ってきていない事に気づき、棚田を見た後、一旦帰宅。往復60km。あ~時間もったいね。

昼食を食べ、夜勤明け翌日で頭痛がひどいというけみかる氏を無理矢理連れ出し、再び棚田へ。(鬼か)

イメージ 7


朝の陽ざしと午後の陽ざしで景色が変わるかな~?と思って行ったのだが、なんと午後から曇り空に。まじか・・・orz。

どんよりした曇り空では、棚田もコントラストがいまいち・・・。

イメージ 8


イメージ 9










河内長野駅の近くのモトクロス施設で自転車イベントがあるという情報があったので、行ってみると、結構いい雰囲気。

イメージ 10

こじんまりとした広さだが、何か会場がいい感じだった。
古い友人とも久しぶりに会えたし、少しだけ行った会場だが、行って良かった。

その後、ちょっとだけ練習(ん?)をやって
解散。ありがとうございました~(^^ゞ

吊り棚

今日は朝から嫁が一日外出なので、家で留守番。
ちょっと前から自分が考えていた事と
嫁が考えていたことが一致したので、さっそく作成。

車はフリードスパイク。
天井横のグレーのバーはオプションで車を購入する際に
つけてもらったが、上の白い突っ張り棚は、
家で不要になった物を再利用し結束帯でバーに固定。

イメージ 1
今日作成したのはそこに架ける吊り棚。
材料はS字フック4個入/パック、
プラスチックチェーン1本を4つにカット、
A4トレー1個の組み合わせで324円。

不要な時はすぐ外せるように、というのと、
載せる荷物量で高さ調整できるようにというのでS字フックにしておいた。

耐荷重がどのくらいかは実験する気にならないが、別に鉄アレイ載せるわけじゃないから、普段使いなら問題ないはず。

後は実際に荷物を載せて、山の中を走ってどのくらい揺れて荷物が落ちるかは実験が必要かも。

他には車中泊をする時に、LEDランタンを置いたら
まぶしくなく明るく使えるかも?と思って乳白色のトレーにしたが、
これも実際に使ってみないと分からない。

珍しく朝から1日家にいるので、
他にもいろいろやっている最中(家事もちゃんとやってます)。

子るみは定時午睡中。静かな休日。

GF奥三河(3)

バイクを車に積み、嫁が見つけてくれた風呂へ。
スタート地点から1kmくらい上流の所にある
百年草という施設。なんと日帰り入浴が200円!
これは驚き。入ってみると外湯はないものの
洗い場は8~10か所くらいあり、湯船もそれなりのサイズ。

この金額で石鹸・シャンプーまでついているという信じられない風呂。
安いから汚いという事もなく、綺麗な風呂で、
脱衣所は鍵付きのロッカー。へぇ~!(◎O◎)

イメージ 1
子るみと一緒に入り、さっぱりしてから足助の町並みを車で観光。
夕方5時近くなり、店は閉まりかけていたが、雰囲気は楽しめた。

イメージ 2





偶然なのだが、この旅行に行く直前にN○Kの番組で鶴瓶がここを訪れている映像があり、ちょっと見たのだが、タイミングが良かった。この番組で町の様子を事前に少し頭に入れる事ができた。

イメージ 3
イメージ 4

17時15分頃、足助を出発。

伊勢湾岸道の木曽川河口付近で車内から宿を検索。台風が来なければ車中泊とテント泊でもOKなのだが、さすがに今回はやばそうな進路だったので、宿を取る事に。
イメージ 5

四日市で格安の宿が取れ、滑り込みセーフ。外で夕食を食べて、宿に戻る頃には強風になってきていた。

今回は台風でいろいろ振り回されたが、
結果オーライって感じ。とりあえず天気は悪かったけど初めてのコースを楽しめたし、自作のQシートがどこまで使えるかの実験もできたので、行って良かったかな。
イメージ 6






アイサイのコースは全然知らない所ばかりなのと、コースが結構いい所を走るので、また次回もチャンスがあれば行ってみたいなと思う。     お し ま い

GF奥三河(2)

序盤にちょっと変わったお地蔵さん群があった。
岩肌に、ふる~いお地蔵さんが、ランダムに立てられており
ちょっと独特の雰囲気。カーブ途中だったので、
昔ここで何かあったのかな?説明板はなし。

イメージ 1
イメージ 2

緩やかに登って行くと斜度がじょじょにきつくなり
ひいこら言っている間に四谷千枚田に到着。
ちょうど稲刈りが途中まで進んでいる状態だったので
タイミングは良かったんじゃないかな?

山手の方から谷向きに田が広がっており、
谷側の棚田は、やや扇形になっていた。
棚田のちょうど真ん中くらいに、カーブを描きつつ
農道が山の上の方まで続いており、これがアクセントになっていい感じ。

車の乗り入れは不可で、駐車場はあり。
徒歩での散策はOK。自転車の乗り入れは不明。
作業中は乗り入れ避けた方がいいと思うけど、
農閑期はどうなんだろ?ダメ?

イメージ 3
イメージ 4

下から棚田を見上げた時に上の方にガードレールが見えたが、
「まさかあそこまで登らんよね?」と思っていたら、自転車あるある。
きっちりそこまで登らされた。

ピークにある仏坂トンネルは素掘りをちょっと綺麗にしただけの
荒々しい感じ。トンネルの下半分はごつごつした壁だったんだけど
写真には写らず。残念。

イメージ 5
イメージ 6

設楽町役場まで下り、県道33号線をヒルクライム。
ここが今回のコースで一番登りが長い区間。

イメージ 7
イメージ 8


距離13kmで平均勾配5%。
大体数字通りの体感斜度だったが、コース後半にこの登りってのがきつかった。
途中で2回くらい足を着いて、小休止。
持ってきたパンもこの区間で止まって食べた。

途中水が補給できそうな所があり、夏場は使えそうかな?
飲めるかは不明だけど、夏にかぶったら気持ちよさそう。

イメージ 9
イメージ 10













県道33号線の峠を越えて、ダウンヒルすると空は晴れてきて日もさしてきた。
路面は完全にドライで、いいペースで回せた。
調子に乗って下りで踏みまくっていたら、
105km地点の登りを確認しておらず、
登りに差し掛かり足が攣り始め、またストップ。

で、何とか15時前にはゴール。
Ave21くらい。出発前に嫁には14時半から15時くらいに
戻ると思うと伝えていたが、ぴったりその30分間に到着できた。
今の自分の走力は読み間違えていない。うん。

イメージ 11
イメージ 12

(3)へ

GF奥三河(1)

平成29年9月17日(日)
GF奥三河(愛知県豊田市)イメージ 1
に行ってきた。

台風18号の進路予報がどんぴしゃで17~18日あたりに来そうだったが、現地に行かないと中止かどうかの事前発表はないとのこと。
問い合わせても回答しませんよ~という事なので、直接現地に行く必要があった。

土曜は当直明けで昼まで仕事。
そのまま嫁に迎えに来てもらい、出発。
運転は任せて車内で仮眠。
イメージ 2

特に急ぐ必要もなかったので、京奈和道と名阪国道を使って格安で東へ。東名阪からは高速に乗り、名古屋市街地で夕食。
嫁の希望で手羽先を食べる。

居酒屋で携帯を見ると、18時40分に
携帯に中止の連絡が入っていた。
もうこっちに来とるっちゅーねん。


道の駅瀬戸で車中泊&テント泊。
台風進路を見ると、ちょっと遅れている?
この様子なら多分大丈夫と判断。(テント泊ね)

朝起きてみると、曇りだけど雨も降っていないし、風もなし。
これは行けるだろうと判断し、会場へ。
誰か来るかな?と思って一応8時まで待ってみたが、
誰も来ず。(当たり前だ)
イメージ 3

子るみは嫁に任せ行ってきま~す。
本来なら序盤は道を知っている人の後ろについて走ればいいのだが、単独なので分岐では一応確認が必要になる。

Qシートを自作して、複雑な分岐の画像だけストリートビューで事前に確認していたので、ややこしそうな所だけは何とかなった。
細かい分岐はその都度現地で確認。


出だしは早朝に降ったのか、地面はびちょびちょ。
レインシューズカバーとドロヨケをつけて正解だった。
イメージ 4

交通量の少ないコースを厳選してルートを作ったんだろうけど、あまりに車と人がいな過ぎて、だんだんさびしくなってきた(T_T)
田んぼの稲刈りはこれから?済んでいるところもあったが、ほとんどがこれからという感じだった。台風大丈夫?

序盤にこまかいアップダウンが続き、割と最初の方から足が削られていく。路面ウェットなのと、落石が多く、パンクのリスクが高めだったので、下りもかなりゆっくり目。

道の駅作手村で小休止。子るみに寒天のお菓子を買っていく。

イメージ 5
コースは→のような小川が流れる山間部の道を通る所が多く、似たような景観が多かった。

県道435をしばらく走ると石組みの棚田が出てきた。あとで調べてみると、島田の棚田という所らしい。へぇ~。
イメージ 6










イメージ 7
イメージ 8









耕作放棄地もあるが、草は刈られているよう。稲刈りはこれから?

狭い谷間に高低差のある石組みの棚田が広がっており、ここは見事な景観だった。

イメージ 9

峠を一つ越え、東斜面に下ると、こちら側も石組みの棚田が続いていた。

こちらの方はさらに面積が小さく、細かい田が上から下まで続いているようだ。
もう使っていない所も増えているようだが、
景観はここも良かった。

下り切って国道257号に入ったところで
雨脚が強くなり100均カッパ使用。

イメージ 10
イメージ 11










海老池海津交差点からしばらく登り。
交差点に観光マップがあったので、見ると「四谷の千枚田」の写真あり。
もし見られなかったら嫌なので、
これをパチリ。
(2)へ

GF奥三河

イメージ 1


とりあえず現地に来ちゃったもんで、イベント前日の夕方に

中止の発表なんかされてもどうしようもなく。

朝8時の時点で誰もおらず、仕方なく一人で出発。
雨も風もなく、路面も少しウェットなだけ。
走りはじめて50km地点あたりで雨が降り始めカッパ使用。
75km地点くらいでカッパを脱いだ後は雨ふらず。

結局、台風の影響は皆無で後半は路面ドライ。

香嵐渓 紅葉なければ ただの川

ってことで、またな!

※詳細レポはまた後日。
現在、四日市市で宿を取り、台風をやり過ごしていますが、

宿が揺れてすきま風がすごくて、とても眠れそうになく…💦
妻子はそれでもすやすやzzz

紀南ツーリング2017(3)

明け方4時くらいに強風が吹いてきて、
テントが飛ばされそうになり目が覚めた。
いちおう屋根と壁がある所で寝たのだが、
ちょっと怖かった。携帯で雨雲レーダーを見ると
ちょうど赤い点(豪雨?しかもピンポイント)が
すぐ横まで来ているようで携帯を見ている間に、
雨の音が聞こえてきた。

イメージ 1
イメージ 2

日が昇ったくらいには雨はあがったが、レーダーを見ると
近くにまだ雨雲がいるようす。海を見ると、そこだけ降っているのが見えた。↑

や まさんは蚊と格闘のすえ、結局眠れず(T_T)

雨雲レーダーを見て、予報を見ると、どうも走行中に
雨が降りそうな感じ。とりあえず、デポ地に移動して出発の用意。

コースはこちら
当初は潮岬を先に回る予定にしていたが、や まさんが機転を利かせて
先に北部を回ってみては?との案で、雨を回避する事に。

イメージ 3
イメージ 4

その案が的中して、一枚岩のあたりで晴れに。
道中で、シラハマの長老が合流Σ('◇'*)エェッ!?
出発は5時過ぎだったらしい。みんな、元気だわ(^_^;)

イメージ 5
イメージ 6

このコースは特に見どころもなく、淡々と走るのみ。折り返しポイントごとに、奇岩が見られる、奇岩めぐりコースとなっている。

練習コースにはもってこいなんだけど、道中の景色はわりと単調。↑


イメージ 7

古座一枚岩がメイン目的地。
次に滝の拝に行き、牡丹岩、虫喰岩と立ち寄り、古座川河口から国道42号線に沿って伸びる細い市道を西へ。

イメージ 8










古座川の河口で10時20分頃。
潮岬を先に回っていれば、ちょうどお昼くらいの計算なのだが、
雨回避の為、結構予定より早い時間に通過する事となった。

橋杭岩で記念撮影。

イメージ 9
イメージ 10










その後、串本から潮岬へ。
燈台に登り、芝生広場を通過して樫野崎灯台へ。
天気はあまり良くなかったが、雨が降ったようで、路面は水たまりがあったり
濡れていたり。湿度がかなり上昇していて、気温も高く、
気象条件(不快指数)はかなり高かった。

イメージ 11
串本に戻る直前で「水門まつり」というお店で昼食。
長老は食後にここでお別れ。
ありがとうございました~(^^ゞ
自分とや まさんは車まで戻り、風呂に入って帰路へ。

結局雨には降られなかったが、降った直後に通過したってのが、何カ所かあり、紙一重で雨をかわした感たっぷりだった。

イメージ 12
16時半頃岸和田SAでや まさんとお別れ。2日間、ありがとうございました(^^ゞ
子るみとは初対面。次に会う時にはもう少し大きくなっているかな?

自宅に戻り、家の近くの田んぼを撮影。
や まさんの近くの田んぼも稲刈りが終わっているらしいがこちらはまだこれくらいの
青さ。種類の違いなのか全然違うもんだ。
不思議フシギ。

今回は絶対に晴れると確信して行ったのにまさかの曇り。
また次のチャンスがあれば、ぜひ晴れた日に見てほしいな~と思った。
2日目のコースは再考の余地ありかな?

  お し ま い

紀南ツーリング2017(2)

赤木城跡は県道40号線から見下ろす事が出来る。
城跡にも立ち寄れるのだが、かなり下って、戻るのに
かなり登らないといけないので、今回は上からのみ。
時期が時期なら雲海が出て天空の城になるらしい。

この赤木城前後で一時雨がパラパラ・・・
ナンデヤネン!!(;==)ノ☆);><)
イメージ 1
イメージ 2









北山村を通過し、道の駅おくとろで大体の現在地を確認。外国人が何組か来ていたような・・・。こんな山奥まで(^_^;)
イメージ 3




川の水は残念ながら綺麗とは言い難いくらい濁っており、「おススメですよ~」とや まさんに言っていた張本人からしたら、非常に残念な川の色。

当然下流にある瀞峡も似たような川の色で、濁り気味。原因は不明。

昨年の10月にコースの下見に来た時はもう少し綺麗だったと思うが、その時の写真を見ると、天気は晴れだったので、その影響もあるのかな?記憶は美化されるもの?


イメージ 4

11時半までに入らなきゃと思って走っていたが、直前に電話予約してみると、11時半から開店とのこと。しかもすでに何組か予約が入っていて、1回転してからのご入店となりますとのこと。がーん。

走行の合間にも電話をかけてみたのだか、コールが鳴るばかりで全然電話に出られなかったのだ。

瀞ホテル到着が11時過ぎ。
開店が11時半で1回転目のお客が入って、自分たちが店に入れたのは12時半頃。
まるまる1時間店の外で待機。
写真を撮ったり、3号さんの話を聞いたりで
退屈はしなかった。
これが一人だったら入っていないと思う。
イメージ 5
川ではカヌーが何舟か出ていたが、乗っているのは外国人観光客。これから川下りのようだ。

メニューは昨年10月に来た時は2択だったのが、今回は何とついにメニューが1つのみ。(昼食という意味で)
迷う必要はないので、楽だが、せめて2択にはしてほしかったな~。
イメージ 6

それから前回は2階(3階)で昼食を食べられたが、それもなし。見学は自由だったが、これもちょっと残念なところ。
まあ階段で食事を運ぶのに上り下りする
時間がもったいないのだろう。

自分の中では前回よりポイントが下がった点だった。

イメージ 7







昼食中に、3号さんのチームメイトKさんが合流。
何と白浜から海岸沿いを通って、熊野川を上ってきたらしい。150km走ってAve33とか。おいおい・・・。しかもアップダウンばっかりのコースなのに。来年は実業団の上の方のクラスで走るそうな。

途中合流なので、昼食をとる間は外で待ってもらった。

イメージ 8
昼食後、しばらく国道169を走り。ゆるやかにダウンヒル。
国道168に入る少し前に、パン屋があったので、予定には無かったが立ち寄り。
小学校を再利用した施設で、喫茶店併設。中の雰囲気はとても良かった。

パンを買って、向かいの北山川の川べりで食べたが、結構おいしかった。

途中合流のKさんはまだ帰宅まで距離があるのでパン屋に入る所でお別れ。
ありがとうございました~(^.^)/~~~
イメージ 9

熊野川沿いの裏道を通り、熊野本宮大社へ。3号さんとはここでお別れ。
お迎えを呼んでいるらしい。
お付き合い頂き、ありがとうございました!
(^.^)/~~~

イメージ 10



さつき温泉に戻り、風呂に入って、ちょっと休憩。夕食の店は18時半に予約していて、時間が少し余ったので、車で那智の滝へ。

道中、強烈な雨に見舞われ、ワイパーも効かないほどの豪雨。まじで・・・orz。

簡単に写真だけ撮って、夕食の店へ。

イメージ 11





マグロ専門店の桂城という店で、TD熊野の時には良く来る店。最初に来た時にでっかい黒マグロの解体ショーがあり、驚いたが、そこからしばらくは見ていなかった。
今回運よく、久しぶりにマグロの解体ショーが見られた。
今回はメバチマグロ。ニュースでは最近マグロがとれなくなって、
困っているというニュースがあり、桂城が取材されていたのだが、
マグロの種類によるのかな?
イメージ 12
手際よく、解体が進み、いくつかの部位はサービスで頂く事ができた。
「魚へんにうまいって書いて何て読む?」とは漁師さん。「答えは鮨」。「すしにして食べて。」という言葉で桂城から酢飯が出てきて、各自ご自由にお寿司を握って下さいと。

や まさんがにぎってくれたが、切り身がかなり大きすぎて、ご飯の量のバランスがかなり難しかったかも・・・(^_^;)
でも醤油なしでも酢飯の味がしっかりしていてとてもおいしい鮨だった。

ありがとうございます(^^ゞ

21時半頃には就寝したかな?
(3)へ  

紀南ツーリング2017(1)

平成29年9月9~10日(土日)イメージ 1
紀南ツーリング(和歌山県)
に行ってきた。

自転車仲間のや まさんが紀南に来た事が無いという事で企画自体は約2年前からあり、予定は毎回していたのだが、天候や仕事のシフトや実母の体調不良などいろいろな用件が続き、流れに流れて今回まで伸びてしまった。

10日間天気予報も毎日見たし、
週間天気予報も見たし、
気象庁の予想天気図も見たし、
金曜日の夜まで天気予報を確認して
「今回は絶対快晴の秋晴れの中の気持ち
いいサイクリングができるぞ!」
と100%の確信を持って臨んだのに・・・orz。
 ※9月9日の実際の気圧配置←一体どこに雨の降る要素があるんだ・・・orz。
イメージ 2

4時50分、予定通り岸和田SAにでや ま号と合流。
SAは一般道で裏から入れるので、早朝に嫁に送ってもらった。や まさんもICを降りる必要がないので、時間短縮にもなる。

この時は雲一つない快晴だったのに・・・。


5時SAを出発。上富田ICで降りて、国道311号を東へ。
太陽が真正面からでかなりまぶしかった。
さつき温泉到着が7時35分ころ。イメージ 3

火曜に3号さんに連絡を取り、参加確定が金曜。現地合流予定だったのが、7時55分になっても現れず。
連絡を取ってみるも、つながらず。あれ?
8時に出発しようとしたら連絡が取れ、先にスタートしてと。

このあたりから、ドヨドヨとにわかに黒い雲が出てきて・・・ナゼッ!?

スタートして少し走ったあと、熊野川を渡るあたりで
3号さんと合流。しかもまさかの自走。Σ(- -ノ)ノ エェ!?
どうやらご家族が車を使っていて、車がなかったらしい。
紀伊山地のど真ん中走ってきて100kmくらいない?(^_^;)
登りも多いのに・・・。
イメージ 4

峠を一つ越えて、紀和鉱山跡を通過。
TD熊野の第二ステージで通過するあたりなのだが、3号さんは何回も来ているのに、
紀和鉱山の構をご存じなかったようで
ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

今回のメインである丸山千枚田は翌日の日曜日に稲刈りがあるという事をHPで公開
していたので、刈られる前にと思ってこの日にしたのに、
序盤の田んぼはすでに稲刈りが終わった後。なにゆえ!?(◎△◎;)
イメージ 5

岩のあるあたりまで登ると、右手の棚田はまだ残っていたが、岩より左手の棚田はすでに稲刈りが終わっていた。
まじっすか~orz。

どうやら1枚1オーナーの田んぼは日曜に刈る予定で、他の元々農家さんが所有している田んぼはすでに平日に稲刈りを済ませてしまっていたようだ。残念~(×◇×)

しかも雲が結構出ていて、空はグレー。
あれだけ天気予報を見て晴れを確信していたのに・・・。
どこをどう間違えばこんな天気になるんだ??

イメージ 6
千枚田でゆっくり写真を撮って、展望台へ。ちょうど数日前にTVでさらにこの上からの眺望の映像が流れていたが、残念ながら徒歩で35分ほどかかる山道。クリートではとても行ける所ではないので、今回は行かず。

来た道を少し戻り、赤木城跡を横目に見つつ、和歌山県の飛び地、北山村を目指す。
                  (2)へ

«  | ホーム |  »

プロフィール

rumirai01

Author:rumirai01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車 (2472)
アニメ・マンガ (76)
その他 (858)
第1回お深い しまなみ (35)
ドリンク (84)
オフ会関係 (202)
年間スケジュール (32)
車 (34)
淡路合同ツーリング (114)
第2回お深い 信州 (13)
グランフォンド七葛 (20)
地図・廃線 (317)
第3回お深い 徳島 (13)
CTS→TDH→エタップ (85)
第4回お深い 乗鞍スカイライン (11)
第5回お深い 大阪 (38)
ロードに乗り始めた方へ (11)
廃線 目次 (1)
メンテナンス記録 (1)
カメラ (72)
おもて書き (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR