2017-11

愛岐トンネル2017(1)

平成29年11月29日(水)イメージ 1
愛岐トンネル群公開(愛知県春日井市)
に行ってきた。

去年偶然何かで知った廃線イベントで
子るみ1歳ちょっとで行ったのだが、
成長が見たくて今年も行くことに。

昨年は土曜日で晴れていたので、人も多かったが今回は曇り時々雨予報で平日だったので、去年ほどの人出ではなかった。

嫁を職場に送った足で高速へ。
去年より始動が1時間遅かったので、受付到着は1時間ずれ込んでの12時50分頃。
(神領駅12:35発)

電車がすっかりお気に入りの子るみ。
遠ざかる電車にバイバイしていたら駅員さんが
新幹線のシールをくれた。ありがとうございます~\(^o^)/

イメージ 2
イメージ 3

6号トンネルまで片道1.7km。
去年もそれなりに歩かせたが、途中で泣き出して
抱っこしたり歩かせたりを交互に。
今年は2歳4カ月での挑戦。足取りも去年よりマシになってきている。
(バラストが残っているので小さい子にとっては歩きづらいのだ)
イメージ 4
イメージ 5

イメージ 6
途中に、子供が遊べる手作りおもちゃが
あり、子るみもやってみる。
去年は紐を広げると上にのぼっていくやつ。今年は紐を交互に上下すると上にのぼっていく。考えた人すげ~。

イメージ 7













「抱っこ~(ToT)」とせがまれても、抱っこしてあげるポーズのまま
後ろ歩きを続けたら疲れて泣きだしたが、泣いたのはその1回だけ。
えらいえらい。
チョコスティックパンを時々食べて休憩しながら
折り返しポイントまで。

イメージ 8
イメージ 9









公開は15時までなので、折り返しからは
急ぎ足でUターン。
スタッフの人も、残っている人たちに声をかけながら、入(出)口の方へ戻ってきつつあった。ご苦労様です(^^ゞ

       (2)へ

スポンサーサイト



ヒメチ(ヒメジ)その後

イメージ 1
先日買って処理したのち、冷凍保存していたヒメチ(ヒメジ)翌々日の夜に天ぷらになった。
一応フライ(素揚げ)もやってみたが、天ぷらの方がかなりおいしかった。
素揚げにすると、身が硬くなり、水分も飛んでしまったので、自分的には素揚げより天ぷらが気に入った。

小骨がやや多いものの、身はふわふわで、
塩をかけて食べたが、あっという間に食べきった。
子るみも満足した様子。
キス天に似ているような感じもあった。イメージ 2

背骨(?)は外して骨のフライに。
骨に味は無かったが、パリパリで全部食べ切れたので、結局捨てたのは処理した時の頭と内臓だけ。

予備知識なしでたまたま目にとまり、安く買えたので買ったが、るみ家では大ヒットの魚になったので、また見つけたらきっと買うと思う。

あとは刺身をやっていないが、
どんな味なんだろ(@ ̄¬ ̄@)ジュル

11/26走行

イメージ 1

昨日は当直入りで夕方から出勤。
午前中から昼過ぎにかけて少しだけ走行。

ちょっとタイミングがずれたけど、鍋谷の和歌山側ふもとにある串柿の里へ。

イメージ 2












11月も終わりなので、干された柿は色も落ちてきて、
写真映えはしなくなってきている。また大きさも水分が飛んで
かなりしぼんでいる。
色が鮮やかな時はこんな感じ

イメージ 3
イメージ 4












お正月の飾り用として作られており、
長期保存できるらしい。

子供の頃は飾りから外した後の串柿が好物でよく食べていた。


イメージ 5


干し終わった物から順に取り入れて出荷していくのだろうか、この日も地元の方が作業されていた。

カメラ撮影の人も何組か来ていたが、
「もう終盤だから、色が鮮やかじゃないね~」と。
イメージ 6

鍋谷を下り、これまた何年かぶりに、大嫌いな広域農道へ。
ジェットコースターのようなアップダウンがあったり、小刻みなアップダウンがあり、レースの練習にはいいが、ツーリングには不向き。景色も単調だし。

イメージ 7


並走する京奈和道が完成した事でどのくらい交通量が減ったかな~?と走ってみたが、やはり以前よりは交通量が減った気がする。
ちなみにちんたら走ったので、登りは時速一桁。下りは足を止めて。をい。

イメージ 8










自宅近くまで帰ってくると、近所のお寺で市が催されていた。こんな近くでこんなのやってるって全然知らなかった。

イメージ 9





子るみを連れて来ようかと思ったが、小雨がパラつき始めたので、市の様子だけ写真に収め、帰宅。

天気が曇り続きの寒い一日だった。
あと1か月ちょっとで今年も終わり。
1年が早い。

 お し ま い

染めQで色つけしたサドル3

11月11日に使い始めて今日で
とりあえず496km。(約500km弱)

まあ、ちょっとは予想していたが、
やはり色が落ち始めた。


イメージ 1
イメージ 2

↑保護ツヤ出し塗布前            ↑保護ツヤ出し塗布後
(※水色の発色が違うのはツヤ出しの影響ではなく、照明の影響)

イメージ 3
← 見事につやつや。
   保護ツヤ出しもすぐに乾く。
   念のため、一晩乾燥させたが。
    ※手は子るみ。

約500km弱走ったところで、この状態(↓)。
やはり太ももの内側がず~っとこすれ続けるので、どうしても色落ちしてくる。


元のサドルの色は青なので、今見えている白い色は
最初に塗布したエーゲブルー(ほぼ白)が見ている状態。
この白が無くなると、元の青い地が見えてくるはず。
 (左ふともも側が大きく色落ちしてきているので、
  もしかしてまっすぐ乗れていない??)
イメージ 4

2017年11月26日 撮影 → 


保護ツヤ出しの効果は約200km乗ったら
無くなった気がする。
また、色の落ち方は、細かい破片になって取れてきているように見える。
もしかしたら、2重に色を付けたので、上の水色が浮いて取れてきているのかも?

それから冬場というのも関係している気がする。
夏場だったら汗をかくので、もっと早い段階で
色落ちしていると予想される。冬場で汗をかかないので、
ここまで持ったかな?という印象。

とりあえず、定期的にネタにします。

■2017/12/29 追記
塗装後、約1000km走りました。
左の色落ち部の面積が少し広くなってきました。
右の色落ち部はこのままで広さはあまり変わらずです。
原因として考えられるのは、1回目の塗装の後、乾燥させて
素手で触ってしまったからという原因が考えられます。

ちょうど指のサイズにぴったりなのと、
2回目の塗装前に脱脂せずそのまま塗装したので
おそらくその部分がレーパンでこすれて
色落ちしてしまったんだと・・・。

■2018/2/7 追記
イメージ 5
イメージ 6

塗装後、約2020km走りました。
現状は↑の写真の状態です。
やはり少し色が取れてきています。
最初に塗布したマリンブルーの層で剥離が
止まっている感じですが、どうだろ・・・。

水色の色落ち面積は確実に広がっていますが、
これはまあ想定内かな。よくまだ持っているな~というのが
自分の感想です。他の方の記事を先に読んで、
イメージしていたので、気持ち的にはダメージなしです。

また夏が過ぎたら経過をアップしようかと思います。
(夏は汗や水や熱が影響すると思われるので)

■2018/5/15 追記
塗布後、4,400km走りました。
サドルの表皮がはがれてきました。
イメージ 7
イメージ 8

サドルの先端部は表皮が剥離して下地(ベース?)の部分が
露出しています。(前方の白い部分と、後方の白い部分)

サドル中間部の色落ちは摩耗による染めQの
色落ちで、表皮はまだ無事です。
水色の所は2層に染めているので、
1層目が無くなり、2層目の色が見えている状態だと思います。


サドル表皮の剥離部分の白色とは違うクリーム色です。
紺色の文字「N」の上部もクリーム色になってきているので、
3層中2層まで無くなった感じです。(紺は3層)

見た目的にあまりよろしくないですが、
もう少し使い続けて見ます。

■2018/7/16 追記イメージ 9
塗布後、6,400km走りました。
サドル先端部の合皮剥離は面積が広くなりました。
内股がすれるあたりは色落ちが広くなってきました。
サドル後方の合皮剥離面積は変化なしです。見た目はそろそろ限界かな~(^_^;)

<これまでの経過>

・レポ4(終)

枯木灘CF(3)


イメージ 1
イメージ 2









11時5分頃第4エイド出発。
この辺になるとグループもある程度ばらけているので、自分のIグループ以外の人にも声をかけてエイドを出発。

イメージ 3



← コース途中から見える八草の滝。
昔はもう少し水量が多かったらしい。
自分のグループ内に、地元の方(試走した人?)がおられたようで、滝がある事をご存じの方がおられた。

イメージ 4

第5エイドは12時頃到着。
香ばしい香りが漂っており、見に行くと
鮎の塩焼き~♪( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう
1匹頂いたが、めっちゃうまかった。

イメージ 5




ここのエイドではドローンが飛んでおり、
とりあえずアピールしまくってみた。
映っているかな?ていうかそもそもどこで
使われるんだ??(^_^;)
イメージ 6


ここまで来ると残りは少し。
海岸沿いに出て、旧国道を南下して行く。
交通量が少ないので、比較的安全。
それでもたま~に対向車が来たりするけどね・・・。

イメージ 7


ゴールまであと2kmの所で、サプライズエイなるモノがあって、第一エイドで残ったお菓子を配ってくれていた。
ありがとうございます~\(^o^)/

イメージ 8


この区間では前のグループとそのもう一つ前のグループが合流してしまい、大所帯になっていた。
このエイドでばらけたので、ちょうど良かったと思う。
しんがり担当してくれていたつじぷりおさんも、後ろから見ていてばらけて良かったとの事。
イメージ 9
ゴールは1時頃。試走の時より1時間早く帰って来てしまった。
同じグループで走ってくれた方にお礼を言い、ジャージを受付に返却。
RCShirahamaのみなさんと一緒に風呂へ。
帰りは高速から綺麗な夕焼けが見られたが、この夕焼けをすさみで見たかった・・・。


第一回という事もあり、いくつか課題も出てきたと思うが、
ペースがゆっくりなので、大きな事故もなく、成功に終わったと思う。
来年はまたコースを少し変更する話もあるそうで、楽しみ。

来年もリーダーとなるのか、参加者として
普通に走るかはまだ未定だが、とりあえず、
すさみ町のみなさん、ありがとうございました!
スタッフの皆さん、お疲れ様でした!
いい1日でした。

おしまい

 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡 >゜))))彡

帰りにとれとれ市場に立ち寄り、嫁から買ってきてと
言われたクエ鍋用のクエの切り身を購入。(るみ家にしては高額出費)。

ついでに市場内をうろうろしていると変わった魚が売られていた。

そんなに高くないので、じ~っと、見ていイメージ 10

ると店員さんが「2皿で300円にしとくよ」
と声をかけてくれた。(1皿200円)
調理方法も知らないし、そもそも出刃包丁もないし、どうしようか考えたが、ちょっと面白そうなので、買う事に。

帰宅して、子るみを寝かせたあと、22時からウロコ取りを始めたもんだから試食できたのは23時半。思ったより、量が多く、とても1回じゃ食べきれる量ではなかった。

店の人は「煮つけが一番」と言っていたのだが、
量が多かったので、いろいろやってみる事に。
とりあえず、煮つけ分と塩焼き分と天ぷら分の3つに分けて
煮つけ分を多めに確保。


イメージ 11
塩焼きはすぐに焼いて食べたが、これが予想外に大ヒット。内臓の部分が少な目で、小さい魚だったが、ほとんどが身。
味も濃くてめちゃくちゃうまかった。

魚の名前は「ヒメチ(ヒメジ)」というらしい。
小骨が多いが、翌日子るみもばくばく食べてくれたのでこれは買って良かった。
また見つけたら買うかも。

天ぷらは時間がかかるので、まだやっていないが楽しみだ。


  お し ま い

枯木灘CF(2)

イメージ 1
第一エイドステーションの到着は8時45分。スタートして約30分。
国道42号線を南下して行くのだが、試走の時と同じく、やはり交通量は少ない。

イメージ 2





エイドではスイートポテトとエイドに建っている喫茶店の手作りクッキー。

イメージ 3


エイドの滞留時間は5分くらいで考えていたのだが、やはり予定通りにはいかない。

先にスタートしたグループが滞留しているので、3~4グループがエイドに留まっている感じ。

イメージ 4

この時点で、遅れた方が2~3名いるようで、しんがりを務めるつじぷりおさんからの報告があった。遅れた場合はあとのグループで走ってもらってもOK。(見捨てるという意味ではなく、自分のペースで楽しんでもらうという意味で)

そしてエイドから出発する際は、何人でスタートするかをスタッフに伝える必要がある。
イメージ 5

一応、自分が担当となっているグループの方に声をかけ、一緒に行く。スタート時は14名だったが、このスタートは11名。やや減った。

第二エイドは道の駅すさみ。
エビとカニの水族館がある。

到着は9時10分頃。そのエイドの少し手前で、
前のグループに追いついてしまいそうになり、ペースダウン。
かなり難しい。
イメージ 7

ここに車での間も、沿道ではたくさんの方が旗を振って、立っていてくださった。強風の中、極寒なのに・・・。
ありがとうございます!イメージ 6

第二エイドで一番問題だったのが、イノブタフランクフルト。
1回に5本しか焼けないので、大行列。
結局自分は食べなかったので、ちょっぴり気にはなった。
イメージ 8

第二エイドから出発し、2kmほど走ると山岳区間へ。
どうしても登りはペースがバラバラになるので、できるだけゆっくり走り、つじぷりおさんからグループの様子を時おり聞くようにする。ありがとうございます(^^ゞ
こういう時、お互いの走力が分かっていると、判断しやすい。
つじぷりおさんも自分と同じレースに出た事もあるので、
お互いのレベルは分かっている(・・・と思う。多分(^_^;))イメージ 9


峠には第3エイドがあり、仮設トイレがある。
補給は水分とバナナ。
峠で時間を取ると、下りが寒いので時間は短めにして、下り開始。

路面はややウェットの所もあれば、ドライの所もある。前日の雨が少し残っている印象だった。道は荒れていないが、砂が浮いているコーナーがあり、慎重に走る。

イメージ 10
第4エイドでは昼食タイム。
雲が厚くなり、ここで一瞬小雨が降ってきた。
まあ、雨具を使って体を守らなきゃならないくらいの雨ではなかったので、ぎりぎりセーフ。
ただ、集落が山の谷間に位置し、谷を抜けてくる風が強風となって吹いていた。
しかも極寒。さみ~!(×△×)

イメージ 11
昼食はイノブタ汁やらめはり寿司やら至れりつくせり。
風は冷たかったがボランティアの人は暖かだった。ありがとうございます(^^ゞ
ボランティアの方々も寒い中ず~っと外で選手を待ってられるので、体が冷え冷えだと思われた。せめてちょっとでも日が出ればね~。

(3)へ

枯木灘CF(1)

平成29年11月18~19日(土日)イメージ 1
(和歌山県すさみ町)に行ってきた。
先週試走会に行ったやつの本番である。

土曜日は雨予報だったので、10時半頃自宅出発。
下道で南下し、14時半すぎ到着。
総合センター内(役場横)にて受付。
つよちゃんと合流。しばし歓談。

外は雨は上がっていたが、地面びちょびちょだったので、車で近辺うろうろ。なんだかんだであっという間に前夜祭の時間になった。
イメージ 2


和歌山のY’sのつじぷりおさんと今回は組んで走る事になったので、前夜祭会場でお会いし、話を聞く。
じゃんけん大会は山崎店長が会場を盛り上げ(うまかった)、大盛況で前夜祭終わり。

イメージ 3


20時からつよちゃんの講習があったので、
聞きに行くために会場であるホテルに移動。
20時から始まり、いろいろ質問とかしていたらあっという間に22時半。
有料の講習会だったが、行って良かった。
イメージ 4



フィッティングもあったが、今のところ、
自分の体に故障はないし、レースで優勝を
目指す訳でもないので、今回は他の人が
フィッティングやっているのを見ていたのみ。

明けて日曜。5時過ぎ起床、6時20分くらい会場着。
朝から極寒の強風。おいおい・・・。
分厚い雲は出ていたが、6時半からのブリーフィングを聞いている間に
どんどん雲は流れ、快晴になった。

イメージ 5

Y'sとRCShirahamaの2チームがホストチームになるのかな?
サイクリングリーダーの大半はこの2チームで、残りの枠をその知人で埋めたような感じだったかな?

リーダージャージはこのイベントの為に作られた、パールイズミの半袖ジャージ。
走った後は返却しないといけないが、
これだけでも結構費用かかっているよ・・・(^_^;)
イメージ 6

エイドの内容も充実していて、70kmのコースに対してエイドが5つ+サプライズエイドの合計6つ。
単純計算で10kmちょっとに1回エイド。
なかなか多いような・・・(^_^;)

イメージ 7



最初のAグループが8時に出発。
自分はIだったので8時16分発。
各組は2分差でスタートするのだが、
出発してすぐにエイドがある。
気温が低すぎて、体が全然温まりません・・・(^_^;)

(2)へ

11/11走行(南海本線橋梁沈下)

11月11日(土)
朝は子守で、子るみと近所散歩うろうろ。

イメージ 1
イメージ 2

午後からチームメイトのけみかる氏と
近所ぶらぶら走行。けみかる氏がオフに入ったので
のんびりと』という事で出発。
※この日けみかる氏は夜勤明け。

南海本線の男里川に架かる橋梁が橋脚の沈下により
通行不能となっている区間を見に行く。

イメージ 3
イメージ 4

オフシーズンに入ったのに、なぜか遠回り。
オフシーズンに入ったのに、なぜかペースが速い。
ナンデヤネン!!(;==)ノ☆);><)

まっすぐ最短で行けば、余裕で日が昇っている間に
帰ってこれたハズなのだが、橋梁を見て、時計を見ると
帰宅まで日の入りぎりぎりの距離。
オフシーズンに入ったのに、なぜか下ハンで全力疾走にて帰宅。

イメージ 5
イメージ 6

  「オフシーズン」ってナニ・・・

  ハァハァε-(。_。;)ノ┃木┃

   お ち ま い

枯木灘CF試走会(3)

イメージ 1
イメージ 2
途中の集落でお弁当昼食。
試走会でお弁当って、ここまでやってくれるもんなんですか??(^_^;)
完全に赤字な気がしますが・・・。

イノブタ肉を使ったおかずがあり、味付けも良くてとてもおいしかった。

昼食後、ほぼ下り基調なのと、ペースがゆっくりなので、
いつものツーリングみたいに、
「食べた後がっつり走って吐きそう」って事は皆無(^^)v

途中のトイレポイントで止まったり、紅葉を見たりで、
のんびり走行。
イメージ 3
イメージ 4









川も中流域になり、水の色が透明から
水色に変化。ちょと変わった色。

この右の写真を撮ったあと、ダウンヒル中の橋の継ぎ目が段差大きく、本番は要注意と思われた。


イメージ 5
イメージ 13

本番ではトイレが解放されるはずの施設が、この日は閉まっていた。
ここでトイレに行くつもりだった3号さんはピンチ!
この後からいきなりペースが上がり、
猛ダッシュで紀伊日置駅まで。ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
後ろについていても「これはトイレで急いでいるんだ」と
伝わってくるくらいだったので、よっぽどだったんだろう( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

↓紀伊日置駅は右読みの文字が残されていた。

イメージ 6
イメージ 7

川を渡り、国道42号線の下をくぐり、旧の国道跡へ。
イメージ 8
イメージ 9

国道42号線はトンネルで道幅も広くなり、直線的になってきているのだが、
元の国道跡も走れる。
トンネルはほとんどなく、海岸沿いなので、気持ちいい。
車もほぼ来ないので、自転車で走るにはもってこい。

ちなみにこの区間は大学時代に、複数大学合同の合宿で
走りまくった区間なので、きつかった記憶が呼び起される。

イメージ 10
イメージ 11

イメージ 12
途中でトイレのペースアップがあったためか、予定より少し早目の14時ジャストくらいにスタート地点に戻ってこられた。

風は冷たく、山間部は日陰区間も多いので、当日は防寒対策が必須と思われるが、
コースはとてもいい感じ。

そして主催者側の気合の入り具合もよく伝わってきたし、事故のないよう集中して走らなければ。

声をかけて頂いた3号さん、一緒に走って頂いた参加者の方、運営をされる主催者の方、ありがとうございました(^^ゞ
当日はよろしくお願いします!

 お し ま い

枯木灘CF試走会(2)

イメージ 1
イメージ 2

峠付近は日陰も多く、かなりひんやり。
当日は気温がすごく下がるらしいので、
防寒対策は必須だと思われた。
イメージ 3

ダウンヒルはず~っとブレーキをかけ続け。
あくまで初心者が来るという想定で下るらしい。
路面は細かい落石があり、とがった石なのでパンクのリスクは高そう。アスファルトがめちゃくちゃ荒れているという印象は無かったような気が・・・。
イメージ 4


すさみの内陸部は石垣がたくさん見られ、
興味をひかれた。試走会の直前に3号さんらと走った別のコースでも石垣が見られたのだが、手入れされていて綺麗だった。

エイドステーションは多め。
70kmに対して5カ所。

イメージ 5
イメージ 6

川の水は澄んでいて、とても綺麗だった。
長老曰く、「家がほとんど無いからや」との事(^_^;)確かに、人は少なそう・・・。
それでも、田畑は手入れがされているし、
空き地の雑草もきちんと刈られていた。


診療所を過ぎ、しばらく川沿いに走ると水が綺麗な所があった。
岩場には赤い模様があったのだが、スタッフの人によると、
絶滅危惧種のコケとの事。アカマダラゴケだったかな?
ネットで検索かけてみたけど、出てこず?

イメージ 7
イメージ 8












その岩の向かいで川が綺麗に光っている
淵が見られた。日の刺しこみ角度もちょうどいい時間帯のようで、本当に綺麗だった。

イメージ 9


集団最後尾付近だったので、勝手に止まって写真を撮ろうとストップすると、先頭で走る3号さんが止まってくれた。
自分の事を良く理解している事が分かり、ちょっとうれしかったり・・・。(*^▽^*)
イメージ 10


底が見えていたが、きっと深いと思われる。
また、両岸は山なので、このように見られる時間帯は
かなり短いと予想できた。
ちょうどお昼時がベストなんじゃないかな~?
このコースで最も感動したポイントだった。

(3)へ

«  | ホーム |  »

プロフィール

rumirai01

Author:rumirai01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車 (2472)
アニメ・マンガ (76)
その他 (858)
第1回お深い しまなみ (35)
ドリンク (84)
オフ会関係 (202)
年間スケジュール (32)
車 (34)
淡路合同ツーリング (114)
第2回お深い 信州 (13)
グランフォンド七葛 (20)
地図・廃線 (317)
第3回お深い 徳島 (13)
CTS→TDH→エタップ (85)
第4回お深い 乗鞍スカイライン (11)
第5回お深い 大阪 (38)
ロードに乗り始めた方へ (11)
廃線 目次 (1)
メンテナンス記録 (1)
カメラ (72)
おもて書き (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR