2018-05

子るみ2歳10か月(親バカネタ)

イメージ 1
子るみが2歳10か月になり、4月くらいから単語が出て、何言か続くようになってきた。

身長や体重も順調に成長曲線の真ん中に位置し、問題なさそう。

月曜に通勤帰りに、後ろからバキンという
嫌な音がして、嫌な予感がしたので、
見るとスポークが1本折れていた。

嫁に電話してもつながらないので、そこから徒歩で帰宅したが、帰って自分の体重と、
子るみと荷物の合計重量を測ってみると
83kg。げげ・・・(◎△◎;)
そりゃスポークも飛ぶはずだ・・・。

ランドナー車に着けていた手組ホイールがあったので、昨日からそれで通勤しているが、これもいつまで持つか・・・。(#14スポーク)
イメージ 2

・たどたどしいが会話になってきた。
・人生の諸先輩方が言われるように
 言葉出始めの3歳前後が一番かわいいと
 いうのが理解できる。
・トイレトレーニングが順調に進んでいる。半々くらいで成功。
・風呂が嫌い
・電車、新幹線が好き
・機嫌次第で食事の好き嫌いが違う
・服を自分で着替える
・自転車のペダルはまだ着けたくない
・かけっこが長く続くようになってきた
・何でも自分でやりたがる
・「アカン」を連呼しだすと会話にならない
・いまだに左利き。7・3くらいで左手をよく使う。

・虫が怖い。おばけは平気。
・怒ると父母をたたいたり物を投げる
・「さ」行がまだ言えず「た」行に変換される。
 行ってきます→いてきまちゅ
 転車台 → てんちゃだい
 JR → でいだぁーる
・以前覚えていたはずの名詞を忘れている事がある

言葉が出ない2歳半ばまでのかわいさと
言葉が出るようになっての今とまた違ったかわいさがある。
親バカになるのが理解できる。
いつまでこのかわいさが続くのかな?
スポンサーサイト



長野電鉄 屋代線(8)

↓34 線路沿いに細い道が続く。北方向  ↓35 徐々に高度を稼ぐ。
イメージ 1
イメージ 2

水が豊富な地域なようで、いくつかに分かれた川を渡る。
橋桁は撤去済みだが、橋台が残っている。
↓36 ちょっと低い?            ↓37 一つ目の川を越える鉄橋。
イメージ 3
イメージ 4

37と38の間は距離が開きすぎて鉄橋の写真は撮れず。
↓38 橋台間の距離が広い。    わさびが栽培されていた。道路のすぐ脇。
イメージ 5
イメージ 6

39~41は正確な位置が記憶にない。多分このあたりだろうと
予想して番号を振った。
↓39 住宅街になってきた。        ↓40 工事直前?地道だが整地済?
イメージ 7
イメージ 8


↓41 緩やかに北東にカーブしていくが、 ↓42 須坂駅直前。
     地図上ではまっすぐ。
イメージ 9
イメージ 10

須坂駅の直前は河東線記念公園として整備されていた。
車庫には列車は見られなかったが、その内何か保管するのかな?
公園としてはまだ中途半端な印象を受けた。
鉄道公園として残すなら信号機とか踏切とか残して
子供が遊べるようにしてほしいな・・・。


↓42 分岐と車庫が残る。16:30頃。
イメージ 11
イメージ 12

この後、須坂駅を見て、屋代駅まで全力で戻り、イメージ 13
温泉に入って姨捨の棚田へ。

まだ無くなって時間がそれほど経っていないのに、痕跡がほとんど無くなっている廃線跡でちょっと残念な廃線だった。

鉄道公園、残された駅舎などの保存を希望したいが費用もかかるし難しいんだろうな~。

この廃線はもう来ないかもしれない。
 
 お し ま い

長野電鉄 屋代線(7)

↓28 コンクリート遺構           ↓29 位置の記憶残っておらず・・・
イメージ 1
イメージ 2

30の細い道を進むと31になるが、
車では通行不可。徒歩、自転車は可。
道に出るのに、わざわざ鉄板を敷いてくれている。
ありがたい。


↓30 細い道が線路沿いに伸びる    ↓31 交差点に線路が残る
イメージ 3
イメージ 4

須坂長野東ICの下をくぐる。
橋跡が残っていた。さらに北東にはバラストが
しっかり見られる。雑草が生えていなかったが
誰か手入れしているのかな?

↓32 水路に架かる橋跡          ↓32 同じ位置より北東方向
イメージ 5
イメージ 6

国道403の高架道路だと思うが、橋の下をくぐる。
道路工事をしている感じだった。
次に訪れた時には多分また違う交差点になっていそう・・・。
↓33 国道403の下から北東方向    ↓33 高架下をくぐった先。北東方向
イメージ 7
イメージ 8

↓井上駅跡
イメージ 9
イメージ 10









33を過ぎ、線路跡を横切って線路の
東側に出てみた。
100mほど進むと駅跡っぽい空地に出た。

近づくと駅跡の看板が設置されていた。
この駅だけ扱いが違う・・・。なじぇ?

線路跡より駅跡の方がやや高い位置に
地面があった。階段を下りてホームに出た感じかな?
ビフォーがどんなだったかは不明。
イメージ 11
イメージ 12

(8)へイメージ 13


長野電鉄 屋代線(6)

↓23 信濃川田駅方向           ↓23 東方向。緩くカーブしていく
イメージ 1
イメージ 2

上信越道と県道378がクロスするあたりで
駅跡と思われる広い所にあたった。

多分若穂駅跡と思われる。近くに若穂病院というのがあった。

ここから1kmくらい?自転車道になっている。

↓24 南西方向                ↓24 若穂駅跡
イメージ 3
イメージ 4



25、26の撮影位置が記憶あやふや。
たぶんこの辺だったはずという感じで
地図に番号を振った。本当は違うかも・・・。

↓25 自転車道は途中で切れる      ↓26 綿内駅方向
イメージ 5
イメージ 6


綿内駅舎はまだ残されていた。バス停を兼ねているようで、
バスを待つ親子がいた。線路は撤去済み。
複数の線路が敷設されていたとみて、
ホーム前の線路用地はかなり広かった。

↓綿内駅舎
イメージ 7
イメージ 8


イメージ 9
イメージ 10

 
15時半頃になっていて、お腹もすいていたので、
ホームに座って補給。三江線でもやってみたかったのだが、
ホームに立ち入り禁止だからできなかったのだ。
足をぶらぶらさせて、ぼーっと廃線を味わう。
                          ↓27 コンクリート遺構が見える
イメージ 11
イメージ 12


(7)へ
イメージ 13

長野電鉄 屋代線(5)

イメージ 1
イメージ 2












↑⑲’ 住宅街から見えるトンネル
           大室駅跡のバス停 →

イメージ 3




← 大室駅跡

きれいさっぱり何もない。空き地のみ。



↓⑳ 南西方向。ここは雑草がない。   ↓⑳東方向
イメージ 4
イメージ 5


↓21 東方向。遠くに車両らしきものが見えた   ↓21 西方向 
イメージ 6
イメージ 7


↓22 駅は目の前。線路脇に細い道が駅に向かって伸びていた。↓22
イメージ 8
イメージ 9



↓信濃川田駅跡。ここは駅舎が残っていた。バスの転回地にもなっていて
 駅前のロータリーにはつつじが咲いていた。 ↓走っているかのような車両。
イメージ 10
イメージ 11


イメージ 12
イメージ 13

駅舎の内部は運賃表や時刻表も残されており、当時の状況が見て取れた。

バスの待合も兼ねており、木の椅子があったが、改装していないので雰囲気はとてもいい感じ。
ただ、地元の人からしたら改装してほしいかも?
イメージ 14


駅舎に横付けされた車両と、少し東に静態保存されている車両があった。

どちらも塗装が取れてしまい、サビがひどく、車両の顔は見られたもんじゃ
なかったが、遠目には分かりにくい。

他にも小さい子づれの家族が見に来て
おり、子供は喜んでいるようだった。
田畑の中に静かに停まっている車両で
絵になる風景だった。

(6)へ

長野電鉄 屋代線(4)

イメージ 3
イメージ 4
↑⑮ 北方向
←⑮ 南方向
上信越道をくぐる。踏切跡の線路はきっちり残っている。取り除くのが大変なんだろう。
そこから北へはまっすぐ伸びている。



⑮~⑯の間にコンビニがあり、コンビニの北側から線路跡へ行ってみると
線路跡は自転車道になっていた。しかもかなり新しい印象。
4月から通行可になったのかな?ってくらいピカピカ。

⑯に向かう途中で東方向に見えた崖。  ↓⑯ 自転車道になっていた。
イメージ 2
イメージ 1


↓⑯ 北方向。できたてほやほや感たっぷり。  ↓⑰ ゆるやかにカーブ。
イメージ 5
イメージ 7


自転車道はまだ作りかけで距離は短い。1kmくらい?
金井山駅跡に来ると自転車道は途切れていた。
駅舎はなし。痕跡もなし。自転車置き場があったが
痕跡と言えばそれくらいかな?

↓金井山駅跡                 ↓金井山駅跡 正面
イメージ 8
イメージ 6


金井山駅から⑱までは自転車道はできておらず、
国道403号を走る。途中で線路跡を写真に撮ったが
特に違いがなかったので、ブログではアップなし。


↓⑱ 南西方向                 ↓⑱ 北東方向
イメージ 9
イメージ 10


⑱~⑲にかけては住宅街になるが、線路跡が
住宅街の真ん中を通っていて、東西に車では通りぬけできない。
自転車は通り抜け可。

↓⑲ 木製の電柱が残っている。かなり貴重~♪
                       ↓⑲ 徒歩が抜けられる通路。頭上ぎりぎり。
イメージ 11
イメージ 12


イメージ 13
イメージ 14



長野電鉄 屋代線(3)

↓象山口駅跡より南西方向         ↓象山口駅跡より北東方向
イメージ 2
イメージ 1

廃線になって時間がそれほど経っていないのに
これだけ痕跡が無くなっているという事は
撤去費用がねん出できたって事だよね?
他の廃線だと、駅舎とか遺物が結構残っているのに
この線は本当に何も残っていなかった。

↓⑪象山口駅と松代駅の間の鉄橋。1993年の銘鈑。
イメージ 3
イメージ 4


↓⑫お城跡?それっぽい建物が近くに ↓松代駅舎跡。いい雰囲気。
   見えたが訪問せず。北東方向。    現在はバス停となっている。
イメージ 5
イメージ 6

↓松代駅舎 写真4枚。木造で木組みがいい感じ。

  ホーム前の線路跡は痕跡ゼロで駐車場になっていた。味気ない・・・。

イメージ 7
イメージ 8










駅に残された地図にはまだ当時の線路が
記載されている。
イメージ 9




駅舎南西部には撤去された器具が放置。
分岐を変える装置の一部かな?

イメージ 10


駅の周辺は観光地らしく、たくさんの人がいた。
どう見ても観光客っぽい雰囲気の人たちだ。
町並み保存地区かな?よく分からなかったが、
それっぽい匂いがした。興味はあったが、時間の関係で
町並み散策はせず。また次回。

松代駅跡から少し離れて長野IC近くまで写真はあまり撮らず。

↓⑬ 長野ICの南東にある鉄橋。     ↓⑭北方向。交通量が多い区間。
イメージ 11
イメージ 12


イメージ 13
廃線跡を各地で回ると、その鉄道が地物と人に愛されていたかどうか、撤去費用が残っていたかどうかなど、何となく伝わってくるものがある。

この屋代線に関しては、一部の地元の方は愛していたんだろうけど、大多数の人はさほど好きでも何でもなかったんじゃないか?と
思ってしまうほどさびしい雰囲気が漂う。

再び訪れてみたいと思えるような廃線跡でない事は確か。
こういった存在はすごく残念。

(4)へ


長野電鉄 屋代線(2)

イメージ 1
イメージ 2










トンネル入り口 ⑤↑→
上信越道の下をくぐった先に右手に出てきたトンネル。石組みが立派♪
雑草を刈られている方が2名おられた。
ご苦労様です~m(_ _)m


↓⑥ 線路跡が見えなくなった所で
    裏道に入ってみた。           ↓岩野駅跡。な~んにも無い。
イメージ 3
イメージ 4

↓岩野駅跡に元々生えて         ↓駅のホームだっただろう場所から

  いたと思われる木。             東方向。

イメージ 5
イメージ 6










岩野駅より東側は国道403号線の道幅が広くなっており
線路に沿って歩道もある。
↓⑦ 国道403号の歩道より東向き  ↓⑧ 赤坂橋南交差点付近より西向き
イメージ 7
イメージ 8


 ↓⑧ 同じく東向き。上信越道をくぐる  ↓⑨ 南東方向
イメージ 9
イメージ 10


↓⑨’ 踏切跡より50mほど北に残っていた    ↓⑩ 線路沿いには細い農道が伸びる
イメージ 11
イメージ 12


イメージ 13
← 屋代駅側
↓岩野駅からの続き
イメージ 14

(3)へ

長野電鉄 屋代線(1)

散策日:平成30年5月12日(土)イメージ 1
長野電鉄 屋代線【屋代~須坂】
         (平成24年4月1日廃止)
距離:24.4km  
位置:長野県千曲市~長野県須坂市
移動手段:自転車

午前中に同電鉄の河東線を見た後、
午後から車で移動して屋代駅近くの河川敷公園へデポ。
屋代駅からスタート。
イメージ 2










屋代駅舎。現在はしなの電鉄の駅舎らしい。共用していたんだとか。へぇ~。


↓屋代駅の自転車置き場より。    ↓①分岐が始まったあたり。バラストが残る。
イメージ 3
イメージ 4


 ↓① 北陸新幹線の高架下あたり。 ↓東屋代駅跡。写真右は屋代中学校敷地。
イメージ 5
イメージ 6


廃線になってまだ日が浅いので線路跡を見つけるのは容易。
ただ、東屋代駅跡を見た時に、駅舎の痕跡が皆無で
かなりがっかりした。さっさと撤去してしまったようだ。

↓② 上信越道とクロスするあたり。西向き   ↓② 同じ地点より東向き。
イメージ 7
イメージ 8


雨宮駅跡はもっと難解だった。線路跡はずっと伸びているのだが、
だだっ広い空き地がいきなり現れたのだ。

基礎とか何か駅舎の痕跡が少しでもあれば
確信を持てたのだが、何一つ残っておらず、
空き地が広すぎて駅跡かどうか自信が持てなかった。

帰ってから調べてやはり駅跡だと分かったが、
現地では何とも判断つかなかった。

    ↓雨宮駅跡 東向き             ↓雨宮駅跡 西向き
イメージ 9
イメージ 10

 ↓③沢山川にかかる鉄橋        ↓④河川敷堤防に沿って伸びる線路跡
イメージ 11
イメージ 12


イメージ 13


長野電鉄 河東線(5)

トンネルを抜けた先が信濃安田駅跡。
ここも場所は知らなかったが、何となく駅跡っぽい
匂いがしたので気づけた。
ただ、土がこんもりしているだけで痕跡は皆無。

↓28 南向き。トンネルはシートで覆われている。 ↓北向き。駅跡。
イメージ 1
イメージ 2

イメージ 3
イメージ 8









↑29 南向き        北向き 29→
跨線橋は県道として生きていて、交通量もそこそこあった。線路跡は29のあたりから
まっすぐ北東に伸びている。
田畑が増え、線路跡は道路から少し離れる。


↓30 農道とクロスするあたりで遺構一つ発見。  ↓31 木島駅近く
イメージ 4
イメージ 5

31のあたりからソーラーパネルが線路跡に設置されていた。
自転車道などに転用する案は全く無さそうだ(T_T)
↓31                        ↓木島駅跡
イメージ 6
イメージ 7

駅前はかなり広い空地(?)になっており、
現在はバスが運行されている。
元々はきっと栄えていたんだろうと想像できるくらいの
広さだが、訪れた時は静まり返っていた。

↓木島駅舎跡                  ↓ホーム
イメージ 9
イメージ 10


↓駅舎内
イメージ 11

駅舎はバスターミナル駅として待合で活用されている。また隣はバス会社が入っており、会社の人が待機されていた。

駅のホームには鍵が閉まっていて出られないが、駅舎横から雑草を踏み分けて線路側に出る事が可能。(ヘビに注意)

木造駅舎はかなり傷んでおり、少し傾いていない?
地震とか大丈夫かな?
雰囲気はすごくいいので、バスターミナル兼何か他の事にも
活用してもらいたいとこだが、周りの住民の数が
少なそうな雰囲気だったので、それも厳しいのかも。

イメージ 12
イメージ 13









切符販売などをしていたであろうカウンターは木の角が取れ丸くなっていた。
味があっていい感じなのだが、やはり廃線となった駅舎。物寂しい空気が漂っている。

廃線跡はおおむね良好で、跡をたどるのは比較的容易。(雑草シーズンは厳しいかも)

コンビニなどはほぼないので、補給を持って走る事をおススメします。

木島駅舎より北東に少し進んだ所に道の駅があるようなので、そこにデポするのもありかも?

次はいつ来られるかな?



        お し ま い


«  | ホーム |  »

プロフィール

rumirai01

Author:rumirai01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車 (2472)
アニメ・マンガ (76)
その他 (858)
第1回お深い しまなみ (35)
ドリンク (84)
オフ会関係 (202)
年間スケジュール (32)
車 (34)
淡路合同ツーリング (114)
第2回お深い 信州 (13)
グランフォンド七葛 (20)
地図・廃線 (317)
第3回お深い 徳島 (13)
CTS→TDH→エタップ (85)
第4回お深い 乗鞍スカイライン (11)
第5回お深い 大阪 (38)
ロードに乗り始めた方へ (11)
廃線 目次 (1)
メンテナンス記録 (1)
カメラ (72)
おもて書き (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR