2018-06

公衆電話

勤めている建物の中に公衆電話があるのだけど、
使った方から時々問い合わせが来ることがある。

「おつり、出ぇ~へんのやけど!」

自分は受付に立つ事がないので、やり取りが
聞こえてくるだけなのだが、公衆電話の
使い方やお釣りの事など、知らない人が
結構いるようだ。イメージ 1


10円玉をたくさん入れて話をすると
話をした分だけ10円玉が回収されて
使わなかった分の10円玉は返ってくる。

しかし100円玉はおつりにならずに
そのまま回収されてしまうので
ぎりぎりまで話をした方がいいのだ。

これを知らずに100円玉を入れて10円の
おつりが返ってくると思っている人から
クレームがあったりするのだ。

携帯電話が普及して公衆電話がどんどん減っているが、
あるところにはある。
子るみが大きくなったら使い方をちゃんと教えようと思う。
スポンサーサイト



ロングライド渥美半島(2)

イメージ 1イメージ 2

イメージ 3
↑ 現実逃避の数々・・・。

  いい景色だな~ ・ ・ ・ (  ̄_ ̄)トオイメ
  晴れていれば良かったのにな~・ ・ ・
  誰もいないな~ ・ ・ ・

  ぼ~ ・ ・ ・

イメージ 4

激坂を上り切り伊良湖岬方面へダウンヒル。国道から一般道へ分岐する手前で
自販機があったので、水分補給。
その間に後続が追いついてきた。
第二集団のようだ。

その中にHさんの姿発見!
大急ぎでボトルに水分を詰め込み、急いでスタート。海岸沿い区間で向かい風がきつく
単独で追うのは厳しい条件だったが、
集団がさほどペースを上げて走っているように見えなかったので、
できるだけ頑張って追いかける。
イメージ 5

第二集団は8人だったが、4人と4人の間が、それなりに空いている。
しかも隙間が開いているようだったので、
Hさんのいる第二集団の先頭を目指す。
海岸沿いで何とか前に出る事ができ、
そのままペースを落とさず、集団から抜け出す。

当然Hさんはレースだとは思っていないの自分を放置プレイ。4人の内1人が乗ってくれて、ランデブー状態に。(←この方)

40km地点の分岐までにこの状態になり、
後ろを確認するとHさんは離れている様子。


分岐を曲がってからは追い風になったので、さらにそのままペース維持。
ローテーションしつつHさんとの差を広げていく。
お名前を聞かなかったのだが、終盤まで
この方とずっと一緒に走らせてもらった。イメージ 6

もし一人だったら早々に足が売り切れて
いたと思う。

国道259号に入ると、交通量がさらに多くなった。
話を聞くと国道1号に出る道で、そこまでは渋滞がよくあるそうな。
あまり好きではないが、すり抜けをしつつ、渋滞の前へ進む。結構な距離の渋滞だった。
この辺りになると快晴になり、気温は一気に上昇。
暑いのなんのって・・・。
イメージ 7

浜名湖畔に出て、湖畔道路を時計回りに
進む。
初めてアイサイのイベントで走った秋葉山の時に反時計回りで走ったので、大体の道は覚えている。
また気賀の関所は何度か訪れた事がある。割と縁のある土地。


下気賀の交差点を右折し、
少し進んだところで足が完全に売り切れ。
先に行ってもらう事にした。ありがとうございました~(T_T)/~~~
イメージ 8

と思ったら、信号のタイミングなどで追いついてしまったりして、結局、平坦はツキイチ、登りは千切れてを繰り返し微妙に引き回しの刑。一思いに殺して・・・(×_×;)

弁天島の所から国道1号に入り、新居町駅前から県道へ。
この辺りで、完全にお見送り。向かい風がきつく、足が攣り始めていたので離脱させてもらった。ありがとうございましたm(_ _)m
コンビニで止まり、靴を脱いでマッサージ。いててて・・・。

潮見坂はこの時の自分には激坂。
時速一桁。
向かい風もあって、進まね~・・・orz。
イメージ 9

国道42号線に入ると、小刻みなアップダウンが続く。ダンシングでもシッティングでも
足が攣りそうになるのでとにかくペースダウン。
登りは一桁、下りは足を止めて。
なんとかかんとかジタバタしつつ、残り
5kmくらいで現実逃避していたら、当初の予想通りHさんが追い上げてきた。
げげ・・・(××;)

しばらく歓談しつつ進むが、話を聞いているとイメージ 10
「残り3kmで7分」というのが出てきた。

   ・ ・ ・ 何が?

   「6時間切り」

  Σ(- -ノ)ノエエッ!?


SP恵那山の時も6時間切りを目指して最後頑張ったんだそうな。

イメージ 11

そこから売り切れた足を無理やり回して
最後は時速20km弱のゴールスプリント。
タイムは!?14:00!!ぴったり6時間。
そしてHさんを少しだけ引き離すことができてとりあえず当初の目標を達成!


ゴール後はしばらく吐き気とゲップが止まらず悶絶&放心状態。死ぬ~(|||△|||)
気分が少しマシになったところでバイクを
車に積み込み。

Hさんや第一集団のみなさんと少し話をしてお別れ。出発しようと思っていたらちょうど
pomちゃんがゴール。
お疲れ様でした~!\(^o^)/

イメージ 13
帰り際に少しあいさつさせてもらい、会場を後にした。

風呂は豊橋の町中にある銭湯「人参湯」。
駐車場が超絶停めにくく、右往左往したが何とか駐車できた。
風呂に入ってさっぱりしてから帰路へ。
帰宅は20時半ちょうど。

イメージ 12

←帰り際にハロと呼ばれる現象を見ることができた。
(彩雲との違いはよく知らない。
今回のは彩雲じゃないのかな?)
初めて見たのでちょっと嬉しかった。
何枚か撮ったけど、肉眼でははっきりと
虹色が見られた。写真には綺麗に映らず。
残念。

今回ははっきりとした目標があって、
全力を出し尽くしたので達成感があった。

勝手にライバル視しているHさんには
はなはだ迷惑な話かもしれないが
自分のモチベーションとなるのでありがたい。
次はヒルクライム?またがんばろう。

  お し ま い

ロングライド渥美半島(1)

平成30年6月24日(日)イメージ 1
ロングライド渥美半島(愛知県田原市)
に行ってきた。
愛知県サイクリング協会(アイサイ)のイベント。

土曜日の天気が晴れだったら前日入りして
廃線・未成線を見て回ろうと思っていたのだが、残念ながら土曜は雨予報。
一日家にいたり、子るみとちょっと外に出たり。
イメージ 2

18時に出発、京奈和道~天理~名阪国道亀山~国道1号~国道23号~みえ川越IC~豊明IC~国道23号を使って現地入り。ちょうど5時間。道の駅で車中泊。

朝は6時頃に雨が降っており、嫌な予感。
ドロヨケ持ってきたっけ??

見てみると、晴れの予報を信じて
ドロヨケを持ってきていなかった。ガーン。
イメージ 3

7時に召集場所へ到着。
駐車場があまりなく、点在している様子。
受付に近い所はすでに埋まっていたので、
少し離れた所の駐車場に停めた。

受付を済ませ、pomちゃん、Hさんとあいさつ。
Hさんは5月のSP恵那山でラストの登りで負けたので実はこっそりライバル視している方。今回の参加はリベンジの意味合いが
強かった。

7時半からブリーフィング。
8時にスタート。

作戦としては、序盤にアドバンテージをとっておき、
後半のアップダウンで自分が垂れるので、
追いつかれてしまう地点をできるだけ
ゴール付近に持ってくる作戦。
イメージ 4

あわよくば追いつかれずにゴールしたい所。
ただ、Hさんのロングの強さはよく分かっているので
そう甘くはないのは重々承知。

スタートは7~8番手?2人前にpomちゃんがいて
Hさんはメイン集団の後方に並んでいるのが確認できた。
位置的には作戦通り走れそうなポジション。
イメージ 5

スタート直後、細い道を抜け、県道に出てから国道へ。県道に出た時点で、すでに第一集団とメイン集団は離れており、かなりのペース。

国道に出た時点で、後ろはかなり離れていた。pomちゃんもがんがん同じペースで走っている。

国道42号線はこまかいアップダウンがあり、
地味に足にくる登り。激坂ではないが、
下りの惰性をうまく生かせない登り。

しばらく走った所でpomちゃんが前に出てサインをしたので、
前へ行かせてもらう。がんばって~(^.^)/~~~
とりあえず、自分も第一集団に乗ってしまったので、
ついて行ける所まで頑張ってみる事にした。
チームジャージを着ているのでツキイチで走る訳にもいかない。
時々ローテーションで前に出ているが、
どう考えてもこんなペースで完走できるはずもない。
イメージ 6

20km地点で信号から出発する時に、濡れたクリートに石がくっついてしまい、クリートキャッチに失敗。

しばらく走りながら石を落そうとがんばったがどうにもならず集団から離脱。
どのみちクリートをキャッチできていても伊良湖に着くまでに集団から切れていたのは確実。

イメージ 7
そこから伊良湖まで単独走。
7年前に走った時は自転車道を通っているはず。
国道を使っての岬は初めてだったが、
コンクリートわっかの激坂が出てきた。
まじっすか・・・(|||◇|||)
すでにオーバーペースと向かい風で足が
削られていたうえに激坂が出てきて撃沈。
景色を見たりして現実逃避する。

(スピードメーターの写真が8時。駐車場の写真が9時2分。その間の写真ゼロ。
 どんだけ余裕なしなんだか・・・(^_^;))

(2)へ

和歌山県立植物公園

平成30年6月17日(日)イメージ 1
(和歌山県岩出市)に行ってきた。

先月新規コース開拓中に見つけたSL公園と植物園。
子るみをつれてまた来ようと思っていた時にちょうど子守の日ができたので車で来園。

SL公園は植物園から800mほど西に行ったところにある。企業の敷地内だが休日は解放してくれている。P無料。
保存会もあるようで、SLの後部には小さい小屋があり、保存会の看板が掲げられている。
ハンドルなどの操作系がほとんど動く状態になっていて、あちこち触れる。
また石炭をくべる所も内側に電灯が設置されていて中の様子を見る事ができる。

イメージ 2
イメージ 3


県立の植物園というだけあって、面積はかなり広い。
おそらく昔は有料施設だったんだと思う。
駐車場のゲート跡や入口のチケット売り場的な場所が
残っていた。最近無料になったのかな?
駐車場もかなりの台数が停められる。

イメージ 4
イメージ 5

イメージ 6










イメージ 7













この日訪れた時はアジサイが満開のタイミングだった。
アジサイのエリアにはたくさんの人が来ていた。
ただ単にアジサイを植えているのではなく、
一つ一つ違う種類のアジサイが植えられていて、
名前のプレートもしっかり設置されていた。
とても覚えられないので、プレートはスルー。
日本風の名前があったりして面白かった。

イメージ 8
イメージ 9

大きい遊具があり、子るみがそこで遊ぶかな?と思っていたら
さほど興味が出なかったのか、遊具で遊ぶより
ダンゴ虫で遊んでいた。ありゃ・・・。

イメージ 10
イメージ 11










自宅近くに帰って来て、近くの環境リサイクル公園へ。こちらはラベンダーがピーク。
ふわっとラベンダーの香りが漂っていたが、子るみはいつもの鼻水鼻づまり。匂いとか言っても分からないか・・・(^_^;)

イメージ 12





15時半頃帰宅して、昼寝しようと思ったら、予想に反して子るみが寝ず、こちらがぐったり。
自分は1時間ほどうたた寝してしまったが、その間も乗っかってきたり起こそうとしてきたり、
いたずらしてきたりと、寝たんだか寝ていないんだか
よく分からない昼寝になってしまった。
子るみ、体力ついてきたな~(-_-;)

 お し ま い

温泉地温泉往復(2)

  ↓2008年の土砂崩れ。          ↓10:15 谷瀬の吊り橋。
イメージ 1
イメージ 2

谷瀬の吊り橋は元々地元の人が生活に使用するために
お金を出し合って作った橋らしい。
今では観光名所となって、観光客が渡っているが、
地元の人は原付で渡ったりしているが、かなり揺れる。職人芸。

イメージ 3
イメージ 4












国道168号線沿いを流れる川は熊野川だが、ダムがあり、タイミングによっては濁っている事もあるのだが、工事がある程度落ち着いたようで、水の色が綺麗な青に戻ってきた。


イメージ 5
11時頃温泉地温泉(とうせんじおんせん)の道の駅に到着。いつもはここを素通りするので、温泉街がどんな様子なのかは全然知らなかった。
今回はここで折り返す事にしたので、温泉街を見ていくことに。
十津川村役場が建っている所から東に細い道が伸びていて、そこから温泉街になる。
道沿いには崖すれすれに民宿が立ち並び、公衆浴場も見られた。(400円)

イメージ 6







さらに、東へ進むと、覆道が出てくる。
落石防止用と見られるが、岩肌には水が流れていて、硫黄の匂いが漂っていた。

この辺りが源泉に近いのか、温泉が湧いているのかは不明だが、はっきりと分かるその匂いは温泉街の匂いだった。
帰って調べてみると歴史は古いようで、
16世紀頃の文献には出てきているそうな。

イメージ 7

通った時間帯が昼頃だったので、宿のほとんどは掃除のまっただ中だった。あちこちから掃除機の音が聞こえる(^_^;)

横に流れる川は、上流と変わらず青色。
いつみても不思議な色だ。

イメージ 8











昼食は、チームのツーリングでいつも立ち寄る「デコイ」。
12時少し前に到着。予想外に混んでいて、ちょっと驚いた。
カウンターが空いていたので、カウンターでカツカレー。

イメージ 9
イメージ 11












12時半頃出発。
来た道を戻る途中で宇井地区(PDF)へ立ち寄り。ここも2011年の災害以来、通った事がなかった。(トンネルが開通しているので)


イメージ 10


民家があった所は広場になっていて、慰霊碑が建てられていた。
宇井地区で13時20分頃。
そこから五條まで戻り、復路は鍋谷峠で
帰路へ。180kmくらいからランナーズハイになり、急に足が回り出したが、結局この鍋谷の登坂で撃チーン。                       

帰宅は19時過ぎ。良く走った。           ↑辻堂地区の湧水。抜群の透明度。
230kmちょい。3900up。

おしまい

温泉地温泉往復(1)

平成30年6月16日(土)イメージ 1
距離稼ぎで温泉地温泉(奈良県十津川村)
に行ってきた。(とうせんじおんせん)

日曜が子守で走れないのと、土曜がシフト休みだったので1日走るつもりで6時すぎ
出発。

特に「ここに行く」と決めて出発しないのは
いつものこと。
6月頭に距離稼ぎで走ったときは南西に
向かったので今回は南東に向かうって思ってスタートしたのみ。
イメージ 2



紀ノ川にかかる橋本橋の南側では自転車道の工事が始まっていた。もうちょっと東に進むと奈良県に入るので、河口から県境ぎりぎりまで自転車道が伸びてきたことになる。


イメージ 3

全てつながると車のストレスが無くなるので期待大なんだけど、完成している区間で唯一きついのが、休むところが無い事。

ひたすら走りっぱなしになるので、ローラーをやっているのと同じ感覚になってしまう。
ダンシングを入れるような登坂も無いので、お尻が痛くて仕方ない(^_^;)
でも作ってくれている事には感謝。

イメージ 4
この時期は田んぼに水が張られてどこも綺麗に見える。写真映えしそうなんだけど、
そう見えないのは単純に腕のせい(T_T)

9:15 道の駅吉野路大塔。
家を出てちょうど3時間。
風もなく気持ちいい気候。
今年は昨年に比べ、過ごしやすい5~6月だったと思う。冷夏なのかな?

イメージ 5
イメージ 6

大塔を下って、あれっ?と思ったのが、このダム。猿谷ダムによってせき止められた猿谷貯水池。ここ数年、水がたまっていた印象はなかったのだが、今回通った際には、なみなみと水が張られていた。工事などが終わったのかな?新緑を少し過ぎた山と
貯水池の緑が綺麗だった。

イメージ 7
国道168号線のトンネルがたくさん開通していて、今まで通っていたコースをかなりカットできるようになっていた。
当然車はそっちへ流れるので、こちらは
旧道で走行。車が来ないのでストレスフリー♪
ただし、落石が多く、廃道になってさほど時間も経っていないのに、すでに走れなくなった旧道もいくつかあった。残念。

猿谷ダムはいつも素通りしていたので、
今回初訪問。かなりの落差があり、怖いのでカメラだけ出して撮影。足がすくむ~(T_T)

イメージ 8



ダムの端っこまで行った時に偶然鹿と
遭遇。甲高い声で鳴かれたのでかなり驚いた。びっくりしてダムから落ちたらどーしてくれるんだ((((◎◇◎;))))

イメージ 9


ダムの駐車場には地名の通り猿がたくさんベンチに座っていた。
バナナを食べてダムを眺めている。
ベンチも猿もそんなに痛んでいる感じはなかったので、ちゃんと掃除してくれているのかな?
イメージ 10


国道168号線は過去に何度も土砂崩れを起こしており、大きな被害を何度も出している。紀伊半島の中心を貫く道で主要道なのだが、長い年月をかけて綺麗な道が整備されてきた。

イメージ 11

チームに入って10数年になるが、所属して最初の頃はここまで立派な道がつくられるとは想像すらできなかった。

毎年1回チームのツーリングでこの道を通るのだが、最初の頃に比べると、トンネルの数も増え、川湯までの距離がかなり短くなったように感じる。

(2)へ

※記事と完全に同じコースではないが、おおむねこんな感じ

GF三重(2)

イメージ 1
何かのテーマパークの橋?と思ったらゴルフ場だった。このあたりはゴルフ場多いのかな?

イメージ 2






田んぼには稲が植えられているのだが、麦も栽培されていた。緑と小麦色が混じっているのだけど、こういうのって地域で統一しているんじゃないのかな?ちょっと不思議に思った。
麦なら麦ばっかり、とかじゃないんだ・・・??

イメージ 3
木製標柱と石の道標。
横には説明板があったが、木製のは江戸時代後期に建てられて、現在2代目らしい。

自然石の道標は年号が刻まれていないようで、いつ作成されたのかは不明らしい。

東海道と伊勢街道を結ぶ「伊勢別街道」という道らしい。きっと重要な道だったんだろう。

イメージ 4






途中のダム湖の景色が良かったので、
撮影タ~イム。自転車を立て掛ける所を
探してあんな所まで・・・(^_^;)
この時期、ヘビが出るよ・・・(|||◇|||)

イメージ 5
イメージ 6


勾配は登っているか下っているかのどちらか。
平たん路を走っているという印象はほぼ無かった。
事前にコース図を見たら、序盤と後半に登りがあるだけで

さほど問題ないだろうとタカをくくっていたら結構甘かった。


イメージ 7
イメージ 8

景色はこんな感じでのどかな区間が多いのだが、
農道のような感じでアップダウンが多い。
どんどん足が削られていく(ToT)

イメージ 9
イメージ 10









ラストのきつい登りで白藤滝という所があり、小休止。気温はさほど高くないけど日差しがきつかった。

滝は残念ながら階段を下りて見に行く必要があり、そこそこ足元が悪そうだったので、見に行くことを断念。

イメージ 11

手水があったが、前日の大雨で砂などが
混じっている感じ。pomちゃんは飲みたそうだったが、これまでに湧き水とか飲んだ事が無いとの事だったので、やめてもらった。
耐性があるか分からないしね。

イメージ 12










ラスト数kmくらいで自分が遅れ始め、
何度かpomちゃんに少し待ってもらった。
女性って一定ペースで走れるから、
後半タレる自分と走ると、こうなるのだ。

イメージ 13


14時10分頃無事ゴール。
着替えて、施設の中で昼食。
レストランは終了していたが、軽食をとる事ができた。
1時間ほどおしゃべり。アイサイの事とか、黒潮ロードのメンバーの事とか。
やっぱり世間は狭い(^_^;)

お別れした後、伊賀上野市街地に行きたい銭湯があったので、行ってみる。
一乃湯という古い銭湯。
脱衣所の天井やステンドグラス、飾りなど
立派だった。目の保養~(^ ^)♪

帰りは天理あたりで睡魔が来たので、PAで1時間ほど仮眠。
嫁からの電話で起こされた。
帰宅は20時ちょっと前かな?

強風だったけど天気も良く、いいコースだった。
お付き合い頂いたpomちゃん、
ありがとうございました~(^^ゞ

  お し ま い

GF三重(1)

平成30年6月9日(土)イメージ 1
グランフォンド三重(三重県伊賀市)
に行ってきた。
愛知県サイクリング協会(アイサイ)のイベント。

本来は10日(日)だったが、天気が雨天予報だったので、中止(延期)になる可能性があった。
アイサイで知り合ったpomちゃんが、フライング振替走行を提案してくれたので、それに乗っかる事にさせてもらった。
イメージ 2





自分にしては珍しく当日出発の当日帰宅
遠征。日曜が晴れ予報なら土日とも伊賀で遊んで帰ったんだけどね・・・(T_T)


中止になるか開催になるかの発表は
何と金曜日の23時35分だった。
もう寝てるっちゅーねん・・・zzz。

夜中の2時頃ふと目が覚めて携帯で確認した所、
開催するけど振替走行もOKとの発表だった。
じゃあ予定通り土曜日走るべ。と相成った訳。
イメージ 3

4時半くらいにpomちゃんにメールで現地に
向かう旨を連絡し、5時に高速へ。
名阪国道中瀬ICで降り大山田温泉さるびのへ。

pomちゃんも現地に7時過ぎ頃?到着。
実際に会うのは3回目。
1回目は2016年秋の秋葉山。その時は
面識なく。
2回目は今年5月のSP恵那山。スタート時に少し挨拶。
で今回3回目。まともに一緒に走るのは初めて。

イメージ 4
秋葉山の時に序盤、先頭集団で
走っていたのを見ていたので、
レベルは何となく想像できた。

イベントは朝8時スタートなので、それに合わせてこちらも8時ジャストにスタート。
天気はやや曇りで降りそうだったが、雨雲レーダーには雨雲が見られなかった。
大丈夫そう。
イメージ 5

気温は少し低めでひんやり。
スタートして2~3kmくらいで最初の登り開始。一応Qシートは作ってきたが、pomちゃんがナビを持っていたので案内はお願い
する事に。安心安心。

最初の登りは青山高原に向かって登るらしい。車も来ず静かな道だった。
イメージ 6

標高が上がるにしたがって、ガスが出てきた。景色も真っ白で回りの状況がイマイチつかみづらい。
大きな落石も多く、同じ道をダウンヒルするなら、かなり怖かったと思う。

尾根伝いに入ると、細かいアップダウンが続くが、勾配は緩め。

イメージ 7

pomちゃんが「でっかい扇風機が見える!」
と言ったパラボナアンテナ。
柵が厳重で、これってもしかして?と思っていたら、案の定航空自衛隊の基地だった。
こんな所に。へぇ~。

イメージ 8










イメージ 9

青山高原は風車が多いそうで、pomちゃんは風車の写真を撮りたいとのこと。
ガスが濃くてなかなか写真映えしそうな
風車が見つからない。
コース上に点在しているし、かなり近くで見えるのもあるが、なかなかいいポイントがない。

時々止まりながら写真を撮っていく。

イメージ 10






雲の切れ間からふもとがちらっと見えたり。
この高原の途中で、見覚えのある建物が
出てきた。どうやら過去に来た事があるようだ。

調べてみると2012年10月に名松線を見に来た際に訪れたよう。
その時は快晴だったようで、青空と風車が写真に収められていた。

(2)へ


旅行雑ネタ(2)

<5月20日>イメージ 2
岩田2号さんとこの練習会参加。
東大阪から日吉ダムまでの往復。
アワイチと同じくボコボコに。
イメージ 1






              ↑京都の山奥

枚方凍氷という有名なお店(らしい)に立ち寄り、今年初のかき氷。大混雑していた。
すげ~・・・(^_^;)

<5月26日>
久しぶりのロング通勤
         南海鉄道紀ノ川橋梁
           塗装工事半分終了?
イメージ 3



<5月27日>
近場の新規コース開拓。
SL鉄道公園発見。
イメージ 4

イメージ 5











<6月2日>
子るみと献血、他ホイール購入などうろうろ


<6月3日>
久しぶりに真面目に登坂練習、
兼、通勤ホイールのテスト走行。
紀見峠~高野山~紀美野町~海南~加太まわり。190km。
      ↓玉川峡                      ↓紀美野町の棚畑
イメージ 6
イメージ 7

      ↓紀美野町のキミノーカにて                  ↓和歌の浦の景観
イメージ 9
イメージ 8

旅行雑ネタ(1)

4月あたりからの記録がちょっと
飛んでいるので、かいつまんでネタに。

<4月22日>イメージ 1
岩田2号さんとこの練習会参加で
アワイチへ。息子さん2人が高校生になり
もはや別次元のレベル。
ついて行ける訳ないっす。
洲本に着くまでにすでに集団から切れ、
一人旅・・・。イメージ 2



西岸では足が攣りまくりでバイクを押したり休んだりで悲惨な状況に・・・。
それでも風が弱く、何とか無事にゴール。
珍しく西海岸で濃霧区間があり、ちょっと
記憶に残るアワイチだった。


<4月29日>イメージ 3
三江線跡ツーリング

<4月30日>
石見畳が浦観光
温泉津温泉(ユノツオンセン)
大社駅跡など家族旅行。
イメージ 4


イメージ 5







イメージ 6




<5月3日>
子るみと関西鉄道大回り

イメージ 7









イメージ 8



<5月4~5日午前>
自宅・自宅周辺で子守

イメージ 9




<5月5日午後~6日>
アイサイのスペシャル恵那山

<5月12~13日>
長野・埼玉旅行

<5月19日>
子るみと京都鉄道博物館
イメージ 10





イメージ 11






京都鉄道博物館に来るのは2回目。
1回目は改装前。


今回初めてここの転車台にSLが乗って回るのを見たが、
めちゃくちゃ速い回転するのね・・・(^_^;)
大井川鉄道で見た転車台はもう少しゆっくりだった気が・・・。

子るみは鉄っちゃんまっしぐら・・・。

(2)へ

«  | ホーム |  »

プロフィール

rumirai01

Author:rumirai01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車 (2472)
アニメ・マンガ (76)
その他 (858)
第1回お深い しまなみ (35)
ドリンク (84)
オフ会関係 (202)
年間スケジュール (32)
車 (34)
淡路合同ツーリング (114)
第2回お深い 信州 (13)
グランフォンド七葛 (20)
地図・廃線 (317)
第3回お深い 徳島 (13)
CTS→TDH→エタップ (85)
第4回お深い 乗鞍スカイライン (11)
第5回お深い 大阪 (38)
ロードに乗り始めた方へ (11)
廃線 目次 (1)
メンテナンス記録 (1)
カメラ (72)
おもて書き (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR