2019-02

ついに来た・・・

イメージ 1

ついに来たか・・・という感じ。
喪失感がすごい。

これまでヤフーブログを通していろんな人と出会え、
縁が広がり自分の人生に大きな影響を与えてくれた。

無料サービスなので、抵抗しようがないが、
これまで貯め込んだたくさんの記録が
一気に無くなってしまうのはとても残念。
記事も13年分以上あるし・・・orz。

別ブログに移行できるサービスはあるらしいが、
記事数も膨大になっており、どこまで移行できるか・・・。

皆さん、どうされます?(ToT)

イメージ 2
スポンサーサイト



淡路島のしだれ梅

2019年2月25日(月)イメージ 1
八木のしだれ梅(兵庫県南あわじ市)
に行ってきた。

インスタ上で2月25日からライトアップが
始まると告知があり、どんなのか気になっていた。
月曜は仕事が終わり、子るみと駆け足で
帰宅。片道1.5kmの距離をずーっと走って
くれた。
イメージ 2








るみ嫁が帰って来てすぐに車に荷物を積み込み、高速に乗ったのは18時半頃。
現地着が20時15分。消灯予定が21時らしいのでとりあえず30分ちょっとは撮影できそう。


急いでカメラと三脚を持ってダッシュ。
梅に着くとすでに多くのカメラマンがいて
背の高い三脚とか脚立を使って撮影していた。

イメージ 3
こちらはカメラ初心者なので、めちゃくちゃ
気後れしたが時間がないので、とりあえず
撮影開始。

持って行ったレンズは4種類。
・14mm単
・35mm単
・50mm単
・18-300mm便利ズーム
絞りを変えつつ何パターンか撮ってレンズ交換。

イメージ 5
失敗も含め約1時間弱で90枚ほど撮影。
最後までどこをどう切り取ればいいか分からずだった。修業が足りない・・・orz。

21時消灯予定だったが、少し過ぎてから
家主さんが出てきて電源を落とされた。
お礼を言い、21時半頃帰路へ。


イメージ 4
次の土日は満開を過ぎているだろうし、
タイミングとしては良かったと思う。
木曜は雨予報だし、花びらが落ちている
可能性もある。

なかなか来れないので、RAWでも記録しておいた。また来年も来れるかな?

 お し ま い

<来年用メモ>
・ライティングの光が強すぎてWBが難しい
・光が強すぎるので影も強く出る
・個人宅なので、電子音を消音にして撮影した

あのう梅林下見2019-2

2019年2月24日(日)イメージ 1
ギックリ腰からのリハビリ走行で
あのう梅林下見(奈良県五條市)
に行ってきた。

家事を手伝ってからの出発で9時前とやや遅め。到着は11時頃。前回よりは少し走れたのはナゼ??

腰の痛みはやはり登りになるとうずく痛みがあり登りはどうしてもゆっくり目。
(時速10km/h前後)

メインのあのう梅林はまだまだ咲いておらず、しだれ梅の方へ移動。
川を渡る所で大きなクレーンが川に入って
作業していた。茅葺の家の修復?構造物の設置?ちょっと分からなかった。

イメージ 2
イメージ 3








しだれ梅に着くと、先客あり。
しっかりした三脚で写真を撮られていた。
年配の方で、声をかけて頂いた。
本人は仰っていなかったが、多分昔、自転車に乗っていたんじゃないかな~?と
思わせる人だった。

イメージ 4



おやつを頂きお別れ。ありがとうございました(^^ゞ
しばらく一人で撮影していると、次の観光客が来て記念撮影。よく話をするご家族で、
にぎやかだった。声をかけられ少しお話。

その家族もいなくなり撮影続行。
気が付いたら1時間経っていた。
持ってきたレンズは2種類のみ。
18-300mmの便利ズームと50mm単。

イメージ 5




帰りに紀見峠を通り、大阪側へ下山。
国道にクロスする手前で蝋梅が咲いていたので撮影していたら、その家の方から声をかけて頂き、庭先の花の撮影をする事に。

イメージ 6
花を撮る事はあまりないのだけど、
せっかく声をかけてくれたので、
庭の花を撮らせてもらう。

帰宅は15時半頃。まる10日間腰の痛みで
1mmも乗らなかったが、どうも前回(2/10)に乗ったのが多少効いているようで、前回よりはマシなペースだった。
イメージ 7

数字でも前回21.1km/hだったのが、
今回同じコースで21.3km/h。
一応0.2km/hだけ速く走ったよう。
(距離95km)

気温も上がってきたし、花は咲いて来るし、
ぼちぼち動かなきゃ。

     お し ま い


ぎっくり腰は2/26現在、とりあえず痛みもかなりマシになり
普通の生活が戻ってきました。
ただ、子るみを背負って走るのはもう怖いので、
子るみを背負っての通勤は終了です。

子るみが大人になるまで覚えていてくれるかな~?
めったにできない経験なんだと思うんだけどな~。

アイサイ打ち上げパーティー2018年度

平成31年2月17日(日)
愛知県サイクリング協会打ち上げパーティー(愛知県名古屋市)
に行ってきた。
前日は津市と四日市市で家族旅行。
当日は妻子はリニア館で自分はパーティー参加。

協会の総会もあり、それも参加させてもらった。
こういった会議って出た事ないので、興味があり
一度出てみたかった。

総会の参加者は30人。結構来ていた。
2018年度の活動報告と決算報告。
2019年度の活動予定と予算報告。
それから2019年度のイベントの変更点報告など。
これは出て良かった。
会計をされている女性のYさんに声をかけて頂いた。
昨年のイベントで車から応援して頂いた方だ。
いろいろ話を聞くことができ、とても良かった。

第二部はパーティー。イメージ 1

昨年秋のイベントで最後に会った方々と合流しpomちゃんの案内で面識のある方と同席する事ができた。
pomちゃん、ありがとうございます~(^^ゞ

すごいのはここから。
表彰式が始まると、次から次にいろんな賞が発表される。総合のポイントが高い人は当然なのだが、皆勤賞やら年齢、カテゴリー別などなど、たくさんの方がいろんな賞をもらっていた。

自分もヒルクライムのポイントで準優勝をもらう事ができたが各イベントでは自分より速い人はたくさんいたので
まさかもらえるとは思っていなかった(^_^;)
来てよかった♪

参加者の年齢構成は結構高めで、年齢順に番号が振られていて、
自分は40歳で7番。コミーさんが43歳で8番。
で、参加者が50数名いたそうなので、後半は70代とか80代?
お酒も入ってみなさん楽しそうだった。

ちなみにみんなジャージじゃないので、誰がどの人だったか
皆目分からず(^_^;)。
話題に出たけど、基本、サイクリングウェアが正装だよね・・・。
私服になると、とたんに分からなくなるってやつ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

でも自分のことを覚えていて下さって
声をかけて頂いた方もいたりで、
とても楽しく有意義な時間だった。

14時半にパーティが終わり、店を出た後もしばらく店前で歓談。
15時少し前にお別れさせてもらい、嫁に連絡をすると、
子るみがまさかの39度8分だった・・・。

急いで嫁と合流し、寄り道しながら帰る予定もキャンセルして
速攻で帰阪。19時には何とか布団で寝かせる事ができた。
月曜検査をするとインフルではなかったよう。一安心。

秋以降、自転車にはほとんど乗っておらず、
もう自転車いいかな、とか思っていたけど
こうやって自転車乗りが集まる所に遊びに行くと
やっぱりまた乗ろうかなとか思ってしまう。

ぎっくり腰がまだ痛いけど、腰が治ったら
また遊んでもらう為に、再開しなきゃね。

会場ではお世話になりました。
ありがとうございました~(^^ゞ

今年もよろしくお願いしま~す!

次から次に・・・

1月26日にインフルになり、イメージ 1
それが治るか治らないか頃から風邪が始まり、咳がひどくて腹筋が筋肉痛。

2月12日に風邪薬をもらって飲んでいたら、今朝、通勤でまさかのぎっくり腰。
弱り目に祟り目。泣きっ面に蜂。

何年も前に一度腰痛は出た事があったが、
今回ほどひどい痛みではなかった記憶。

イメージ 2

一応整形を受診して骨には異常がない事を確認。
急性腰痛症の診断。


イメージ 3



いや~、年とったなと実感。
とりあえず地面が遠い。
道路の横断が恐怖。
咳をすると腰が痛い。
くしゃみが怖い。

自転車の復帰はいつになるやら・・・(-_-;)
写真は子るみと散歩しながら撮影

あのう梅林下見2019

平成31年2月10日(日)イメージ 1
あのう梅林(奈良県五條市)の下見
に行ってきた。

あまりに久しぶりの走行なのでペースは
最初からかなり抑えめでスタート。
上りは当然登れないので無理せず軽い
ギアでゆるゆると登り、下りは無理せず
安全に。

イメージ 2
紀見峠を下って和歌山側へ。
コンビニで補給し、奈良に入って五條まで。
この時点ですでに右のふくらはぎが、今まで感じた事ない痛みが発生。まじすか。

イメージ 3




あのう梅林に着いたのは12時。2時間ちょっとかかっている。前は2時間もかかっていかなったと思うけど・・・。

イメージ 4

一昨年崩落して通れなかった箇所は、現在も通行止め。これは、あと1か月でどうこうできるレベルではなさそう・・・。
という事は今年も梅林は下から見るだけか、裏からのルートで見に行くかの2択。
どうするかな・・・。

イメージ 5

川沿いの梅はちらほら咲いていたので、
未成線を通って、何枚か撮影。

イメージ 6





茅葺の家は、改修中で川沿いの方に
ブルーシートがかけられていた。

イメージ 7

梅の方はまだ満開とは言えない状態だったが、まあいい感じかな?

イメージ 8





復路は足がほぼ限界を超えていたので、
紀見峠も休憩多め。
車のペースに合わせて走れないので、時々歩道を使用して安全に。


河内長野に入って、フラフラの所で
ta2daさんと対向。あっ!と思ったが
いつもなら折り返してあいさつに行くのが、
今回は体力の限界で手を挙げるのが精いっぱいだった。

帰宅は16時半。

イメージ 9

帰って着替える余力もなく、ストーブの前でそのまま撃沈。

練習スタートって訳じゃなく、現状確認と
カメラの練習を兼ねての走行。

       お し ま い

距離:95km
Ave:21km/h

シラスウナギ漁の撮影

もはや自転車ブログからカメラブログになっています・・・。

シラスウナギ漁の撮影ポイントについて
いろいろ考えてみた。

イメージ 1

イメージ 2
何年か前にシラスウナギ漁をコンデジで撮影した時は河口から3番目の「吉野川橋」の東側歩道から撮影して、いい感じに撮れた。
今回は吉野川橋から吉野川大橋の間にはあまり舟がおらず、吉野川大橋と一つ河口よりにあるしらさぎ大橋の間がメインとなっていた。

眉山からしらさぎ大橋を撮影すると、イメージ 3
橋のさらに奥(写真の上の方)にも漁の写っていた。現地では全く気付かなかったのだが、帰って写真を見て、気づいた。
地図で確認すると、上の地図の?マークあたりかな?と思うが、海岸でシラスウナギ漁を写真に撮っている人はいないのだろうか?

捕れる数も減っているそうで、この先この漁がいつまで
続けられるのか不明だが、漁が続いているうちに
写真の腕を上げておきたいものだ。

イメージ 4
他の人の撮影データを見ると、望遠でF2前後くらい。
ISOは2000前後、SSは1/200前後。
手持ちのレンズでは暗くてこの撮影データでは撮れない。
明るい望遠レンズが欲しくなるが、高いのでとりあえず買えない。他にも欲しいモノあるし。

また来年も見に来たいが、他に四万十川のシラスウナギ漁も
かなりの舟数が出て綺麗らしい。

また四万十川の方は、堤防などの土手から撮影ができるようで、
三脚も安定しそう。かなり遠いので、ちょっと考えものだが、
いつか行ってみたいな~と思う。

1月末~2月頭(2)

イメージ 1
2日(土)は午前中仕事で午後から昼寝して夜19時半に出発。徳島入りは21時過ぎ。

吉野川河川敷に行くも、当然、まだ船は出ておらず、とりあえず眉山に上がる。
23時頃から1時間ほど星空撮影し、0時過ぎに吉野川を見ると、舟が見られたので、
下山して吉野川へ向かう。

イメージ 2
吉野川橋の歩道を歩いて中央部に行ってみたが、どうも吉野川大橋から東側に舟が出ているよう。残念ながら今年は吉野川橋からはほとんど見られなかった。

今度は吉野川大橋の下に移動し、撮影開始。

イメージ 3

大橋の真下で漁をやっているようで、うまく撮れず。手持ちの三脚も高さが足りず、
欄干の下をうろうろする船はほぼ撮れなかった。撮れてもブレブレだったり・・・。

イメージ 4



2時半くらいまで粘って撮影したが、結局
コレといったものは撮れず。
今回の条件だと吉野川大橋の東側から撮る方が良かったみたい。

イメージ 5

東側の歩道にはカメラマンがたくさんいたのに、西側(自分がいた方)の歩道には誰もいなかった。

車に戻り、芝生にカメラを立てて、星撮影。
ところがこれも見事に失敗。
立てた所が悪かったのか、星の線がみごとにギザギザ。風で微妙に揺れたのかな。
こんな線は初めて。
イメージ 6
3時半に目覚ましをかけて1時間インターバルタイマーで撮ったが、起きる事が出来ず、6時半までカメラは外に置きっぱなしだった
(|||◇|||)

夜露がついてなくてほんと良かった。

イメージ 7


起きてすぐに吉野川で撮影。綺麗に空が染まってくれた。
で、念のため、眉山からも見るために急いで眉山に向かったが頂上で撮影を開始する頃にはとっくに日は海のはるか上空。
体が二つ欲しい・・・orz。

下山して以前から気になっていた城山を見に行ってみる。
駐車場は朝8時半から開門。310円。30分ほどゲート前で
待ったが、車の列がすごかった。結構人気なんだ。

イメージ 8
気になっていたのは城山から吉野川のシラスウナギ漁が見えないかという点。
徳島城本丸跡地に上がってみたが、残念
ながら左の写真の状態。
吉野川大橋は見えるが、手前にビルの看板があり、視界をさえぎっている。
吉野川橋としらさぎ大橋は遠すぎて対象にならず。

イメージ 9
城山の公園内をお写ん歩。
徳島駅がすぐ横にあり、昔は川が流れていたそうな。
現在の徳島駅前後の線路は川を埋め立てて造られた線路らしい。へぇ~。

天守などはなく、あくまで石垣が残っているだけだが、車は来ないし、小一時間あれば見て回れる規模。
桜の木が多い印象だが、満開になると結構人が来るんじゃないかな?

イメージ 10






室戸台風で倒れた樹齢600年の楠木があったり、SLが静態保存されていたり。
イメージ 12

イメージ 11









10時頃、城山を後にし、帰路へ。
夜来て朝帰るって、今までなかった行動
パターン。自転車に乗らなくなったら、いろいろ変わる。
徳島には何度も来ているが、来るたびに新しい発見があっておもしろい。
また来よっと。
       お し ま い

1月末~2月頭(1)

2019年1月26日(土)・27日(日)
串本の火祭りと那智勝浦のマグロ祭り(和歌山県紀南地方)
田辺のひき岩ハイキング(和歌山県田辺市)

2019年2月2日(土)・3日(日)
吉野川のシラスウナギ漁・城山散策(徳島県徳島市)
イメージ 1

に行ってきた。
26日の火祭りで吹雪にあい、
暴風極寒の中、1時間半ほど写真を撮り、
見事にインフルエンザになってしまった。
(まあ潜伏期間を考えると水曜か木曜くらいにもらっていたんだろうけど・・・)
やっと体調が元に戻ってきた。
イメージ 2

25日(金)の夜に出発。
橋杭岩で寝て、夜間撮影。
気温が低く、だるま朝日が期待できたが、
何と紀伊大島からの日の出でだるまにならず。
橋杭岩からのダルマ朝日の写真、見た事ないな~と思っていたら、そういう理由だった。
ていうか、改めて地図みたら、橋杭岩からの日の出ってもっと季節が後にならないと無理じゃん・・・orz.

海岸沿いに北上し、那智勝浦漁港へ。
人のにぎわいがすごく、結構な混雑。
何とか車を停め、家族で漁港をうろうろ。
風が冷たく、かなり寒かった。

イメージ 3

マグロ汁を頂き、昼頃会場を後にした。
次に那智の滝へ。
ここは熊野古道ヒルクライムで前を素通りするばかりなので、訪れるのは初めてかも?
快晴で、滝の中に虹が見られた。

イメージ 4











イメージ 5








その後、車を停めたお店で遅めの昼食を取り、
串本の潮岬観光タワーへ。
16時頃到着で、一応付近を散策し、撮影ポイントを探す。
タワーは一度登って出ると再度お金を払う必要が
あるようなので、撮影直前に上に上がった。300円。

イメージ 6

風が強く、軽い荷物は吹き飛ばされそうなくらい。

何とか三脚を立ててストラップで柵に固定。
写真は先日アップしたのでこの記事ではパス。

初見だったので、感動しっぱなし。
また来よう。

さんごの湯に入り、体を温め、すさみまで
移動したのち、車中泊。満天の星空。

インターバルタイマーで写真撮ってたら、
そのまま寝てしまっていたzzz。


イメージ 7

起きて、付近を散策。童謡の園という公園だったが、散策路に童謡が流れるしくみ。
さらに奥に進むと、小さい島が見えた。
灯台があるよう。行ってみる。

島は小さい橋でつながれており、海峡になっていた。小船なら通れるくらい。
島全体が神域になっているようで、入口には鳥居。
島の中央にある神社はかなり立派で、
いわゆるパワースポット的雰囲気。
イメージ 8

もうちょっと観光課は推してもいいんじゃない??
人もおらず、ひっそりしていたが、神社仏閣好きなら訪れても損はないと感じた場所だった。


さらに森を抜けると灯台があった。イメージ 9
断崖絶壁だったが、景色はなかなかよく、
記念撮影。

車に戻ると観光バスが来た。こんな所に!?って感じだったが、
トイレ休憩も兼ねていたよう。

自分は悪寒がひどく、運転を代わってもらって嫁の運転で田辺市へ。
今回は西口にデポして西口からひき岩を目指した。
駐車場がないので、空き地に停めさせてもらったが、
ここは駐車場が欲しいなと感じる。
往復で1時間半ほど。子るみ3歳半。

夜に帰宅して熱を測ると38.8度。
頭痛がひどくかなりしんどかった。

(2)へ


«  | ホーム |  »

プロフィール

rumirai01

Author:rumirai01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車 (2472)
アニメ・マンガ (76)
その他 (858)
第1回お深い しまなみ (35)
ドリンク (84)
オフ会関係 (202)
年間スケジュール (32)
車 (34)
淡路合同ツーリング (114)
第2回お深い 信州 (13)
グランフォンド七葛 (20)
地図・廃線 (317)
第3回お深い 徳島 (13)
CTS→TDH→エタップ (85)
第4回お深い 乗鞍スカイライン (11)
第5回お深い 大阪 (38)
ロードに乗り始めた方へ (11)
廃線 目次 (1)
メンテナンス記録 (1)
カメラ (73)
おもて書き (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR