2019-06

アイサイ ロングライド渥美半島(2)

伊良湖岬への登りピークまでとりあえずイメージ 1
集団で走る事を目標に走ったので、
ピークを越えて下ったところで、離脱宣言。
完全オーバーペースだったので、
このままだと完走すらできない。

お礼を言い離れようとペースダウンしたが、
微妙に待ってくれるような感じ?
もうちょっとだけついて行くことに。

それでも54km地点の小さい丘越えで
結局ついて行けず、ぷちっと集団から切れてしまった。

イメージ 2



そこから一人旅開始。
コースは昨年と同じなので、写真は少な目。

77km地点くらいで1人前から落ちてきて
しばらくペアで走行。
たまに日が射してきて暑い。

ボトルの水分も残り少なくなってきた。イメージ 3
ペアになった人もボトルは空になっている
らしく次のコンビニで補給するとのこと。
そこまでは一緒に走る事にした。

途中、長めの渋滞に巻き込まれたが、
何とかクリア。去年も同じ区間で渋滞が発生していた。
昨年走った時に話を聞いたが、国道へつながっているため、いつもここは渋滞ができるんだとか。

イメージ 7

ペアになった人とローテーションしていくのだが、あきらかに向こうの方が速い。

きるだけペースを崩さないよう頑張って回していくが、コンビニが見えた時はちょっとほっとした。お礼を言いお別れ。
ありがとうございました~(^^ゞ


浜名湖も曇り空だったので、見た目は感動少な目。
風は微風で影響はほとんど無し。

浜名湖をぐるっとまわり、弁天島から西へ向かう。
東海道新幹線と並走するので、ビューン!と走る
新幹線を見ながら並走する事ができる。

潮見坂は一番の難所。距離は1.5kmほど?イメージ 4
斜度は6%前後かな?後半で足が売り切れているので激坂にしか感じない。時速一桁でちんたら登っていく。

登り切ったら渥美半島の南岸のアップダウンをクリアしていく。
ゴール近くなり、スマホのナビが効かなくなった人とペアになり、ゴールを目指す。
話を聞くと誤差が大きく、かなりコースを逸脱してしまったらしい。
プラス10kmほど?走りすぎ・・・(^_^;)

イメージ 5
ゴールまで一緒に走り、14時20分ゴール。
最後まで雨は降らず、灼熱になる事もなく、
強風もナシで気象コンディションは抜群。
撮影ポイントはほとんど無かったが、
しっかり頑張れたので良かった。

帰りに石巻湯という銭湯に寄り、
伊勢湾岸道と南阪奈道以外は全て下道で帰路へ。
イメージ 6
4時間半ほどで帰宅。

撮影ツーリングというコースではないが、
前半の50kmは和気あいあいと走れたので楽しかった。
後半の100kmはよれよれだったのできつかった・・・。

遊んで頂いた皆さん、ありがとうございました~(^^ゞ

  お し ま い

スポンサーサイト



アイサイ ロングライド渥美半島(1)

前回のアイサイ三重から今回の渥美半島の間、イメージ 1
1回だけ乗っただけ・・・。
特にネタも無いので、しばらくアップは止まっています。
その間、HPの方は、ちょっとずつブログのデータを
コピペしてページ作成しています。→HP

令和1年6月23日(日)
アイサイ ロングライド渥美半島(愛知県)
に行ってきた。

金曜夜に出て、碧南市まで全て下道。
土曜日は碧南駅から吉良吉田駅までの
名鉄三河線海線跡を自転車で散策。
夕方は碧南市にある新川温泉という銭湯へ。夕方から夜にかけて渥美半島の方へ移動。

土曜夜は渥美半島の小さい山から夜景撮影。結構人が多く、木々も伸びていて、なおかつ空気も湿度が高く曇り空で全然クリアじゃなかった。
ん~、ここはもう来ないかな・・・。

明けて日曜日。朝から曇り空でどんより。
雨予報を見ると、しばらく降らなさそう。
準備して受付会場へ移動。

イメージ 2
今回はM野さんやコミーさん、Hさんなど
とあいさつ。コースは去年走ったコースと全く同じでQシートを作っていて、楽だった。


昨年のGF岐阜で少し一緒に走った外国の方も来ていて向こうも気づいてくれた。

自分は練習ゼロなので、ついて行けないのは
分かっているので会えたのはこのスタート直前のみ。
コミーさんやM野さんも同じく。

8時にスタート。
先頭にいると、速いペースに巻き込まれるので
中盤くらいでのスタートにした。
今のレベルじゃ完走するのが精いっぱい。
イメージ 3

国道に出た所で集団が大きかったので、
バラバラにするために、少し加速して前へ。

第一集団は国道に出る前には、とっくに視界から消えており尋常じゃないペースなのは想像できた。

加速して前に出ると、数名が追いかけてきてくれて集団はばらけたよう。

国道は交通量がそこそこあり、
かたまって走っていると車に迷惑をかけてしまうので
ばらける必要がある。

イメージ 4
抜け出したあと、5~8人くらいのパックになったので、ローテーションしつつ伊良湖岬を目指す。
この集団が結構おもしろくて、自分にとっては微妙にオーバーペース。このペースでは完走できないのはすぐに分かったので、伊良湖岬まで頑張ってトレインに乗る事にした。風は微風向かい風?昨年より楽だった。

伊良湖岬は9時頃通過。
ここも去年より風は弱く、曇っていて空気も涼しかったので
気象条件としては完璧な気象条件だった。
体力の消耗が少なくて済む。
岬を回り、渥美半島の北側を東へ進む。

(2)へ

アイサイ GF三重(2)

5時半起床。イメージ 1
トイレに行くのに付近散策。
夜は暗くて状況が分からなかったが、
かなり広い芝生公園があった。
星空撮影とかできるんじゃない?

7時受付、8時スタート。
面識のできた方々とあいさつ。
今回、コミーさんが見えない。不参加かな?
Gさんは赤ちゃんが生まれたので、
ショートで走ってすぐに帰らないといけないらしい。

スタート直後は細かいアップダウンがあり、
信号も少し絡んで、集団がすぐにバラバラに。

イメージ 2

3~4人くらいのパックで走ったが、
のぼりに入ったところで集団見送り。
ややオーバーペースだったので、マイペースに切り替える。

カメラは雨が降る予想だったので、防水のニコンのコンデジを持ってきた。

ゴツくて使いづらいが、他に選択肢がないので今回はこれで撮影。

イメージ 3
関宿付近の国道25号線は交通量少なく、道に沿って鉄道が走る。今回列車は見られなかったが、絵的にはいい感じの所が多そう。

立ち止まって写真を撮っている間に、何組かに抜かれた。

イメージ 4


序盤は天気がよく、景色もきれいだった。
田植えが終わり、稲が伸び始めている感じかな?あと麦畑も多く見られた。

イメージ 5




いくつかの峠を越えて、青山高原へ向かう途中からぽつぽつ降り始め、高原では真っ白。サーっという細かい雨粒が風に舞うような降り方。
イメージ 6


登坂は走力足らずで1km進む間に1回以上は休憩が必要。
尾根伝いに着いたら今度は風が強く、視界真っ白け。写真を撮る景色でもなかったので、この後写真はなし。

下りは自分が思っている以上にうまくダウンヒルできて、不思議な感覚だった。
ウェットのダウンヒルは苦手なはずなんだけどな・・・。不思議。
イメージ 7

14時までにゴールしたいなという目標はあったが、結局14時05分ゴール。
最後はなぜか足が復活し、下ハン持って
高速巡航。今の自分の走力が全然分からない。

体が冷え切ったので、ゴール後、すぐに銭湯へ移動。

伊賀上野の池澤湯。イメージ 8
昨年は近くの一乃湯に来たので今回は
こっち。
15時開店と思って来たら、「当面16時からの開店になります」との張り紙。
20分ほど待って貸切状態で入浴。
天井にプロジェクターで魚の映像を流していたが、ガラスが曇って鮮明には映らず(^_^;)でもいい湯だった。
400円。P有。タイル絵が綺麗。
イメージ 9
全部下道で寄り道込みで帰宅は20時頃。
前回落車の影響がかなり残っており、
痛みが出たが、とりあえず完走できた。
順位はかなり下の方だと思う。

スタッフの皆さん、寒い中お疲れ様でした!
ありがとうございました~(^^ゞ

 お し ま い

アイサイ GF三重

令和1年6月9日(日)
アイサイ GF三重(三重県津市)
に行ってきた。
土曜日は昼まで仕事だったので、
帰宅してから準備、出発。

津市周辺でホタルのいるところを調べたが、イメージ 1
赤目四十八滝の周辺にいる事が分かった。

行ってみると、周辺駐車場は料金800円と
やや高額に感じたので、撤退。

近くの比奈知ダムに行ってみる事にした。
ダムの下流親水公園という所で、ホタルの繁殖が行われているらしい。

まだ18時頃で明るかったので、しばし待機し、19時過ぎから公園に入ってみた。

最初の光を見つけたのは19時25分頃。
まだ肉眼でも周辺は明るかったが、木の陰は暗い時間帯。一気に増えてきたのは20時少し前くらいかな?

人も一気に増えたのだが、来る人来る人、
ほとんどの人が懐中電灯を手にして、
ライトを照らしながらのホタル観賞。
イメージ 2

先日、岸和田に行った時もライト照らしている人がいるな~と思ったが、今回はその比じゃなかった。

岸和田の方がよっぽどマナーいいと感じるくらい見事にあちこちライトで照らす人ばかり。

公園内は整備され、足元を照らす街灯は
少し光量を落として点灯しているのだが、
それでは見えないという事なのかな?
イメージ 3

ホタルの撮影環境としては最悪の公園だった。ただ、ホタルの数は結構多くて、懐中電灯さえなければいい公園だと思った。

21時前まで撮影し、撤収。
付近の川もたくさんホタルが飛んでいたので、この公園で増えたホタルが周りに散らばったのかも?

イベントのスタート地点に着いたのは22時半頃だったかな?
周辺の状況はあまり分からなかったのだが、広い駐車場があり、静かだったので、
普通に眠れた。

(2)へ

弾丸撮影旅行(2)

起床は5時頃。イメージ 1
日の出が始まっていて、あわててテントを
飛び出した。
けみかる氏はすでに撮影開始していた。
少し雲が出ていて、米子の方は曇り空。
島根半島の方はいい感じに晴れていて
朝焼けはとても綺麗だった。

6時半頃テントを撤収し、移動開始。
駐車場は7時に開門予定らしいが、
行ってみるとすでに駐車場は開いていて
すぐに車を停める事ができた。
イメージ 2

8時半に自衛隊駐屯地が開門するとの事で、7時半頃車から徒歩で基地へ。
人の列が始まっていたがとりあえず並ぶ。
1時間ちょっと並んで開門。

ヘリに乗るための抽選券をもらいに行く。

けみかる氏必死(^_^;)そこまでがんばるか・・・。
荷物を預かっておいて、けみかる氏は会場をうろうろ。
イメージ 3

9時から航空イベントが始まり、11時半頃一旦終了。
昼はANAが飛ぶのでその間は特になし。
13時半頃から再びイベント開始。
14時半終了で15時解散。
イメージ 4


朝は気温がちょうどだったのだが、昼頃は結構暑くなった。
でも14時頃には涼しい風が吹いており
日差しはきついものの、日陰は問題なかった。

ギリギリまで基地を楽しんで車へ。
17時米子ICに乗り、20時過ぎ帰阪。

自分はホタルを撮りに、けみかる氏は航空自衛隊の飛行機を撮りに。
どちらも目的は達成できたかなと。

イメージ 5




他には特に観光もなしでシンプルな旅行だった。お疲れ様でした~(^^ゞ

 お し ま い

弾丸撮影旅行(1)

令和1年6月2日(日)イメージ 1
弾丸撮影旅行(鳥取)
に行ってきた。

先週自転車で落車してしばらく乗れる状態じゃなかったので、特に予定は入れず、土曜も半日仕事だったので、何も考えていなかった。

金曜夜にチームメイトのけみかる氏が自宅まで来て
土曜夜に大台ヶ原に天の川撮影に行こうかとの話が出た。
まあ予定ないのでOKしたのだが・・・。

イメージ 2
土曜、出勤直前にラインが入り、
「美保基地のイベント忘れてた!」とのメッセージ。ん??基地??美保?どこ?

どうやら境港(鳥取県西部)にある航空自衛隊の航空祭があるらしい。
え~っと・・・(・_・;)

イメージ 3

時期的にホタルが見えるのと、天の川が見える時期なので鳥取の撮影ポイントを調べてみた。
で、昼まで仕事して、14時頃合流。14時半頃高速へ。現地着は18時半頃。

けみかる氏は航空祭がメインなので土曜の予定は特に決めていなかったよう。
ホタルが見られる場所に行き、ロケハン。
まだ明るかったので、次に山の上に上がり
町を俯瞰できる展望台に行く。
イメージ 4
ちょっと迷子になり、山の外周を1往復してしまったが、日暮れ直後に展望台に到着。
かすみが強く、夕焼けは見られず。
また、大山も白くかすんでおり、撮影は無理。
仕方ないので、ホタルの所に移動。

ホタル祭りというのぼりが立てられており、地元のちびっ子たちがたくさん集まっていた。出店は1~2店の小規模の祭り。

全然知らなかったのだが、ホタルは日没後1時間から光り初めてそこから1時間前後しか光らないとの事。時間との勝負。

イメージ 5



明るいうちにロケハンしていたので、大体の目星はつけていたが、実際に光っている所に行くと、人が多くて三脚が立てられない・・・。

いくつかポイントを変えつつ、1時間ちょっと撮影。
ホタルを撮ったのは初めてだったが、暗くてピント合わせが
難しかった。でも初挑戦にしては、まずまずの結果かな?

イメージ 6

夕食を食べ、海沿いでテント泊。
夜は妙な怪光線が見られた。
アレなに??

イメージ 7




時間は0時半頃で米子の弓ヶ浜から東方向。地図で見ても陸地は無いし、船だと
光りも移動するだろうし・・・。

結局謎の怪光線は謎のまま、就寝してしまった・・・。

   (2)へ

«  | ホーム |  »

プロフィール

rumirai01

Author:rumirai01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車 (2472)
アニメ・マンガ (76)
その他 (858)
第1回お深い しまなみ (35)
ドリンク (84)
オフ会関係 (202)
年間スケジュール (32)
車 (34)
淡路合同ツーリング (114)
第2回お深い 信州 (13)
グランフォンド七葛 (20)
地図・廃線 (317)
第3回お深い 徳島 (13)
CTS→TDH→エタップ (85)
第4回お深い 乗鞍スカイライン (11)
第5回お深い 大阪 (38)
ロードに乗り始めた方へ (11)
廃線 目次 (1)
メンテナンス記録 (1)
カメラ (73)
おもて書き (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR