2020-01

20200104九州旅行

旅も終盤。
4日は嫁の希望で長崎観光。
ここは中学生の頃、修学旅行で来た土地。
日本一周の時にも訪れているのと、
小学6年の頃にも来ているハズなので
4回目の訪問?

丸一日時間がある訳じゃないので、
午前中だけ観光する事に。



路面電車1日乗車券を購入し、
コインパーキングに停めて路面電車へ乗車。
一日乗車券は車内での販売は行っておらず、
ホテルや観光協会などで販売している。
1回乗車130円なので、4回乗れば元は取れる。
4回も乗るかな?(^_^;)



大浦天主堂の駅で降り、テクテク坂を登る。
お土産屋さんはまだ開店しておらず準備中。
まだ町は静かな状態だったが観光客は多少見られた。

大浦天主堂、拝観料1000円(◎△◎;)
嫁もびっくりしていたが、補修維持などには必要な額なんだろう。
中は撮影禁止だが、建物の外観は撮影OK。



9時半に入り、中を見学し、資料館をじっくり見て行く。
嫁にしてはめずらしく、少し時間をかけて読んでいた。子るみは暗いのが怖いので、「早く外に出よ~」と言っている。



気が付くと11時前。おおっ・・・
嫁に時間を告げると「次に行こ!」と。
隣にあるグラバー邸を見に行く。
入館料620円。



入口から邸宅の上の庭園までずっと登りのながーいエスカレーターが伸びている。
エスカレーターからは長崎の港周辺が一望でき、なかなかの展望。
隣には大浦天主堂の屋根が見える。

 

敷地内にはいくつも洋館が建っていて、一つ一つ中を見学できる。

 

一つの館では結婚式が行われており、
晴れ渡った空の下、カッコイイ洋館で式が執り行われていた。
子るみは結婚式を見るのは初めてで
不思議そうに見ていた。



肝心のグラバー邸は解体修復中で、骨組みのみ。
まあ貴重っちゃ貴重だけど、それを見に来て
見られないのはちょっと残念。歴史のある建物だから補修は大事だけどね~(^_^;)

 

グラバー邸を出て、朝来た道を戻る。12時になっていてお土産屋さんも開いていて、観光客も多かった。
嫁がスイーツ屋さんに立ち寄ったので、少し休憩。

12時半頃、路面電車に乗り込む。
4回乗らないと元が取れないので、意地でも乗る。

 

13時半頃、平和公園駅に到着。
平和公園を通り抜け、住宅街を歩いて浦上天主堂へ。
ちょっと距離がある。

この頃になると、子るみの体力が限界にきており、
エサで釣ったり休憩したりと、移動に時間がかかるようになってきた。
さすがにきつかったか・・・(^_^;)
こっちの体力も残す必要があるので、抱っこはせず、可能な限り自分で歩いてもらった。

浦上天主堂は見た目は近代的な作りの教会だが、
原爆で吹き飛ばされ、戦後に建て直された教会。

入口横に立っている聖人の像は頭部が欠損しているものがある。
歴史の証人だね。



また、協会の北側には鐘楼の一部が残されている。
原爆で吹き飛ばされたものらしい。
当時の写真も展示されていた。



14時20分頃平和公園駅に戻り、路面電車で車を停めた駅に向かう。
車に戻り今度は高速で佐世保を目指す。
うーん、弾丸ツアーだ。

長崎県佐世保市はるみ家の本籍地となっており、
嫁は自分と結婚して本籍地が佐世保になったのだが、縁もゆかりもない地なので、来た事がない。

一度行ってみたいという嫁の希望で今回の旅行の
目的地にしたのだが、ルート的に最後の最後になってしまった。



本籍地とは言っても、現在はるみ家とは無関係な人が住んでいるだけなので、親族がいる訳ではない。車では入れない所なので、
歩いて散策する。自分もはっきり場所を覚えている訳ではない。

坂の路地をうろうろして見つけ、電話で嫁を呼ぶ。
家の前で記念撮影し、博多へ移動。
うーん、超弾丸だ(^_^;)



博多に入ったのが18時過ぎ。
ここも嫁の希望で「天神の屋台に行きたい」とのことで、博多の屋台を目指す。

博多の屋台がどんなものか全然知らなかったので、
福岡市役所の地下駐車場に停め、徒歩で散策。
呼び込みに誘われて、入った屋台でいろいろ情報を聞く。

メニューは屋台により様々で、ラーメンだけではなく、B級グルメ的なメニューがずらっと並んでいた。

味はとてもおいしく、子るみも嫁もニコニコ。
お腹もふくれたところで、他の屋台も見て回る。

気になった屋台で再び食事。
どれもこれもおいしく、満足。

その後、夜景の見える公園に上がり、夜景撮影。
暴走族のたまり場となっており、エグい環境だったので、15分ほど撮影して速撤収。
あきらかに浮いた存在となってしまった(^_^;)



博多では静かに車中泊できそうな場所が見つからず、仕方なく住宅街の片隅で路駐して就寝。

1月5日へ
スポンサーサイト



20200103九州旅行

この日も起床は6時半頃。
日の出は7時18分前後かな?
昨晩登った山に登り、日の出を待つ。
日の出の南東方向には長島があり、その向こうは出水市がある。

長島の山の上には風力発電所があるようで7時28分頃に太陽が昇り始めるとシルエットとして風車が浮かび上がった。視力が悪い自分の肉眼でも見えたのだが、写真ではうまく撮れず。



遠見山展望所という所だったが、いろんな通信の基地になっているようでたくさんのアンテナがあった。
7時35分まで撮影し、8時頃長崎に向かって出発。



8時50分頃道の駅崎津に到着。
近くに崎津教会が見える。ここは8年前にも訪れている。
静かな漁村に尖塔が目立つ教会。
教会の中へ行き、見学。
教会は現在も信仰の対象となっており、内部の撮影は禁止。
当然自分は撮らなかったが、後から来た中年夫婦はスマホでバシバシ撮っていた。日本人だったが、これはイカン。
外国人のマナーが悪いとか言われるが、日本人も同レベル。
子るみにはちゃんとやっていい事とダメな事は説明しておいた。



教会を出て山にある神社へ。
鳥居と協会が間近にあるのは面白い組み合わせ。
曇っていて空気はひんやりしていた。
9時半頃崎津を出発。



次に大江天主堂へ。
山の上にある真っ白な教会でとても目立つ。
駐車場も5~7台ほど停められ、内部は見学可。
教会の近くに「ルルドの泉」があり、嫁に伝えると
新婚旅行で行ったルルドの話になった。
覚えていてくれたか(^_^;)



10時前に出発。鬼池港を目指す。
天草から雲仙へフェリーが出ていて、雲仙に渡る。
このルートだと熊本中心部を完全にカットするのだが、今回はパス。また来ることにしよう。



長崎の口之津港に着いた。
口之津は港の近くに歴史資料館があり、前回来た時に見学した。
ここの資料館は見せ方がうまく、とても興味深く見学したので印象に強く残っている。嫁にも見せたかったが時間の制約上パス。入ったとしても活字アレルギーの嫁なのでほとんど読まないだろうし…。

12:45頃道の駅「みずなし本陣ふかえ」に到着。
雲仙普賢岳が噴火したのは小学生の頃だったかな?
貯金箱をそのまま寄付したのを覚えている。

家が火砕流に飲み込まれた跡がそのまま
保存されている。道の駅も併設しているが、
屋根がつけられていて、当時のまま完全に残っている。
子るみも興味深そうに見ていた。
まだ噴火がどうだとか、火砕流がどうだとかは
分からないだろうが、何か感じてもらえればいいのだが。



14時少し前に出発。
雲仙地獄へ向かう。14:40頃到着。
ここは数年前にチームメイトのけみかる氏と、O氏とで観光に来た。
あまり時間も無かったので、地獄めぐりの車道部分しか見なかったが、噴気がすごかったのを覚えている。

車を停め、徒歩で散策。遊歩道が整備されていて、
結構な距離を歩くことができる。
温泉施設も多く、地獄の地表に配管を張り巡らせている。



子るみにとっては別府の地獄めぐりに次いで
2つ目の地獄めぐり。記憶に残ってくれ~(^人^;)



遊歩道の石畳をさわると暖かい所と冷たい所と
熱い所がある。隙間があって、少しだけ噴気がある所は要注意。どんな温度かな~?と自分の指を近づけたらめちゃくちゃ熱かった(^_^;)
子供に地面を触らせる時は要注意だね。



15:40頃雲仙を出発。
長崎へ向かって下っていく。
下山を始めてすぐに石垣の棚畑が見られた。
そこそこ大きい規模だったが、観光名所じゃないのかな?
車が停められて見学できそうな所ではなかったが、
十分観光資源になると思われるのだが・・・。



長崎市街地に着いたのは17時過ぎ。
市街地に入ると、路面電車が走っており、
運転交代で嫁が運転していたのだが、
悲鳴が聞こえる。交通量も多いし、
線路があるので路面電車とぶつかりそうだし
黄色い矢印の意味が分からないし。
教習所にもう一回行って来い・・・。



すったもんだがあって、めがね橋の近くの駐車場にデポ。
ほとんどのパーキングは上限が無く、怖い金額。
何とか上限が書いている駐車場を見つけ、停めてから徒歩で中華街を目指す。

商店街はかなり人が多く、にぎやか。
お正月三が日で閉めている店もそこそこあったが、
明るい雰囲気だった。

中華街は嫁が想像していたより小規模だったようで、横浜や神戸と比べると「あれ?ここまで?」という印象だったよう。



夕食は全然混んでいない中華料理屋へ。
どうやら呼び込みに釣られてしまったよう。
通りからは店内の様子が見えず、混み具合が分からなかったのだが、中に入ると夕飯の時刻なのにお客は1人だけ。げげ・・・。
とりあえず、それぞれ1品ずつ注文し、夕食とした。

スタッフが横一列に立っていて、じーっとこっちを見ているので落ち着いて食べられる雰囲気じゃない。
子るみは家とは逆に、まじめそうに食べていた
(^_^;)



店を出て、嫁はまだ何か食べたそう。
ゴマだんごかな?何か買って食べていた。

その後、夜景撮影に移動。
稲佐山に登りたかったが、ロープウェーに
乗る必要があり、車で行ける鍋冠山に変更。
無料の駐車場と円形の大きい展望台があった。

かすみが強く出ていて、景色は白っぽい感じになってしまったが、結構きれいな景色だった。ちなみに工場が休みで本来の電灯の多さよりかなり少ないらしい。
これでも十分綺麗だよ(^_^;)



伊王島の方に移動して車中泊。
この日は風呂は入らず。

1月4日へ

20200102九州旅行

前日と同じく6時半頃起床。
7時前に撮影場所に行くと、すでに人だかり。
まじっすか・・・(^_^;)



三脚立てている人は数人だった。
他は地元の人かな?
人の隙間を探して、カメラ準備。
何回か場所を変えている間に
観光客の人から「桜島から日は登るんでしょうか?」と聞かれた。
ん~、どうみても桜島より明らかに南側の山が明るくなっている。
「今の時期は南東方向からの日の出なので
 桜島からは登らないと思いますよ~」と答えておいた。



日の出は7時18分。でも東に山があるせいで、
実際に日の出が見られたのは7時29分だった。
それから空が晴れすぎて、朝焼けにはならず。

7時40分くらいに撮影を切り上げ、車へ戻る。
嫁も子るみも起きていた。
移動の準備をし、鹿児島中央駅へ移動。
新幹線の駅に入り、何本か新幹線を見送る。





在来線のホームにも行き、子るみの気が済むまで
汽車、電車を見送る。
9時頃駅を出発。さらに南下して知覧の平和会館へ。

ここは嫁には一度見ておいてほしかった所。
10時過ぎ到着。
前回自分は独身の時に来ているが、
今回は妻子がいる状態での訪問。
感じ方が違うかな~?と思っていたが、
やはり独身の時と家族ができてからの時と
受ける印象が全然違う。

 (HDRで撮影。何か硬い写真・・・)


親の立場での子供からの手紙という意味で
読んでしまうので胸を打つ内容ばかりだった。
ちょっと残念だったのは子るみがまだ小さすぎた事。
館内の雰囲気に耐えられず「もう出たい」と言い出したが、こっちはまだ見ていたい。



まあ泣き叫ぶ事もなく、1時間ちょっと滞在できたのでまだ良かったかな。11時過ぎに館を出た。



その足で知覧武家屋敷群へ。
のんびり車の来ない道を散歩。
他にも家族連れが来ていたが、小さい子供を
安心して歩かせることができるのでありがたかった。



 (HDRで撮影。やっぱり好みじゃない・・・)


13時前くらいに知覧を出発。
しばらく走って阿久根駅へ。
阿久根駅は前回の旅の時に泊まったブルートレインが静態保存されている駅。
何年か前にブルートレインの宿泊はできなくなったと
知っていたが、とりあえず立ち寄ってみる。



阿久根の駅はめちゃくちゃ綺麗に改装されていて、
その横に停まっているブルートレインは経年劣化が見て取れた。
中に入る階段も朽ちていて、見学も不可。
名車が残念な状態になっていた。
まあ宿泊施設にしても泊まりに来る人が
少なかったら維持管理ができないよね…。



さらに北に上がり、長島の蔵の元から牛深へ
フェリーで渡る。18時頃出航。
熊本の市内は今回もスルーする事になった。
う~ん、縁がないな~(^_^;)

 

子るみは船に乗るのは2~3回目だが、
記憶には残っていないと思う。
甲板に出たりうろうろしたりとフェリーを楽しんだ。
牛深に着く直前にはライトアップされた橋が見えた。

 

牛深に着き、温泉へ行った後、夜景撮影の為移動。
山の中腹からと山頂からの2か所で撮影。

山頂付近ではこれまた真っ暗な中、5分ほど山登り。
23時過ぎまで撮影し、車に戻って24時頃就寝。

1月3日へ

20200101九州旅行



朝6時半に起きて車の周辺散策。
瀬会公園には天体観測ができる、ドームがあり
海に向かっては展望台が設置されていた。
見晴らしが結構良く、南方向には島?半島?が見られた。

 
大阪より西に来ているので、日の出の時刻がかなり遅くなる。
HPでは7時13分くらいだったかな?
撮影の準備をして三脚立てて、展望台で待っているとどんどん人が増えてきた。
展望台から見える県道には人の列が見え、
みんな初日の出を見に、東側の海岸へ来ている事が見て取れた。小さい子供のいる家族連れもいて結構な賑わい。

 

嫁には初日の出の時刻を伝えておいたがまあ起きてくることはないだろう。
とタカをくくっていたら、まさかの子るみと一緒に展望台へ。
おおっ…起きやがった…(◎◇◎;)

7時15分頃に海の上から日の出が始まり、
いい雰囲気の初日の出が見られた。
うまくダルマになってほしいなと思い、
場所を調べて行ったのだが、予想外に
沖ノ島に太陽がひっかかってしまい、
「ぱっくんちょ」の太陽になってしまった。
撮影場所、結構難しい…。

 

日の出が終わると一斉に人がいなくなり、
こっちも7時半頃に撮影終了。
嫁が行ってみたと言っていた、日南海岸へ向かう。

ところが、結構時間を空けて出発したのだが、
初日の出渋滞発生。短い区間だったがかなりの
車が並んでいた。すげ・・・(^_^;)

車を南に走らせ、堀切峠で一旦停車。11時。
ここは前回の旅で訪れたところで景色が良かったのではっきり記憶に残っている。
子るみと車を降り、記念撮影。



いつまで経っても嫁が下りてこないので
車に戻ると、どうも気分不良らしい。
ありゃ…。
3人で記念撮影し、近くの道の駅へ。
ここに車での間もずっと車の後ろで横になって
寝ていたからおかしいなと思ったのだが…。



道の駅に着き、子るみと店内散策。
3階に上がり、撮影。
嫁が来ないので、探しに行くと
真っ青な顔をしてフラフラの状態。おいおい。
手には胃の内容物がたっぷり入ったビニール袋。
おいおい・・・(・▽・;)

どうみても顔は真っ白な顔色。
唇は変な色になっているし、明らかにおかしい。
話を聞くと、どうも体調が急変したらしい。
環境の変化に体がついていかなったよう。



新幹線でうちに帰る?と聞くと、意地でも行くとのこと。
しばらく道の駅で休憩し、12時半頃道の駅出発。
1時間近く道の駅にいたことになる。

顔色が少し戻り、さらに車で南に進む。
途中で車窓からモアイ像が見え、「あっ、ここ行ってみたかった所!」
と嫁が叫んだので、Uターン。
「サンメッセ日南」といって、正式なモアイ像がいるらしい。

ただの公園と思いきや、入園料大人800円4歳以上350円。げげっ。
まあ一生に1回だし覚悟を決めて入る。

 

駐車場に停め、園内を徒歩で散策。
天気が良く、斜面の芝生広場が気持ちよかった。
モアイ像も近くで見るのは初めて。
モアイ像は手塚治虫の「三つ目がとおる」という漫画で知り、結構好きな存在。生で見るのは当然初めてで、うれしかった。

子るみはモアイが何かは分からないと思うが、
ちょっとくらいは記憶に残ってくれたかな?
施設の敷地はかなり広く、山の斜面に広がっているので斜面を登って行く必要がある。
電動カートもあるが、30分1000円と割高感あり。
るみ家は当然徒歩で散策。



上に上がると、斜面にモアイ像が立っていたり
斜めになっていたりと、現地の様子を再現している。
それから資料館には、なぜここにモアイ像があるのかの理由とイースター島の歴史文化などを展示。
独特の文字やデザインに興味がひかれた。

14時すぎにサンメッセを出発。
いつまでもここで遊んでいる訳にはいかない。
さらに南下と西向きに進む。



宮崎の「飫肥駅(おびえき)」に到着。14:45。
休憩もかねて駅のホームへ。
駅長さんが女性で、声をかけられた。
「入場料払ってくださ~い!」
スイマセン…orz。



子るみが車両を見たいというので、
次の列車が来るまでホームで待機。
15分待ってやっと列車が来た。
よく待てるね…(^_^;)15:15出発。

目的地が「鹿児島」というものすごく
雑な目的地を言う嫁に合わせて、とりあえず
「鹿児島駅」をナビにセット。

17:15鹿児島駅到着。
駅は改修工事で建物全体がシートに覆われていて、全く見えず。ただ、駅前には路面電車がひっきりなしに出たり入ったりするし、電車もわりとしょっちゅう来る。



さらに夕日に赤く染まった桜島が背後にあり、
さらにさらに、廃線が目の前に♪♪
おそらく車両基地を兼ねていたのか、貨物駅を兼ねていたのか、かなり広い線路跡敷地が公園になっていた。
また昔ホームだったのであろう遺構も残っており
ちょっと嬉しかったり。

嫁の体調はいまいち良くなく、車で待機。
その間に桜島撮影と子るみの外遊び&トイレ。
車に乗りっぱなしなので、少しでも外で体を
動かすようにする。

 

18時頃、駅前出発。
夕食、風呂と済ませて、近くの城山公園へ上がる。
22時から夜景撮影開始。
鹿児島の町並みが一望でき、正面には桜島があるはず。
(※夜なので桜島は見えなかった)
30分ちょっと撮影をして、車へ戻る。
そのまま駐車場で寝て、1月2日へ。
桜島あたりから日の出が見えないかな~?

1月2日へ続く

20191231 九州旅行

2019年12月31日(火)
九州家族旅行に行ってきた。

事の発端は、嫁が九州に行ったことが無い事、
結婚して本籍地に行ったことが無い事、
の2点があり、嫁が「九州に行ってみたい」
とのたまったとこから始まった。

ちなみに本籍地は長崎県佐世保市。
自分は小学生の時に1回と、8年前の日本一周の時に1回と合計2回立ち寄っている。

まあ、本籍地と言っても今は全然関係ない人が住んでいて、籍がそこにあるだけって感じなのだが…。

ちなみに一周の時、九州は2011年9月19日に入って、11月11日までかかっている。
(※沖縄も含む)

九州の広さは実感として持っているのだが、
嫁は九州の広さをまったく理解していなかった。
口頭でいくら広いと説明しても理解してもらえないのは残念だったが、まあ本人が行ってみたいというので強行軍で行く事に。どうなることやら・・・。

事前に嫁と協議し、行きたいところをピックアップ。
嫁の行きたいところは・・・
 1)別府温泉
 2)原尻の滝
 3)鹿児島
    (鹿児島のどこやねん!)
 4)長崎
 5)本籍地

これを聞いて、内心(キュウシュウナメンナヨ)と
思いつつもとりあえず、路面凍結の情報を仕入れつつ場所の確認とコースを検討。
ぎりぎりまでかかってざっと旅程表を作成し、一応コースを決めた。
問題が起きた時は臨機応変に変更できるようにかなりアバウトに予定作成。

という訳で、30日(月)20時前に高速へ入り、
近畿道から中国道、山陽道とつなぎ、九州道へ。
今年は暖冬の影響で凍結がなく、スムーズに進んだ。

途中で仮眠を取り、中津IC到着が31日朝9時半頃。
仮眠も含めて13時間ちょい。

4歳過ぎの子るみは乗り物が大好きで
とりあえず鉄道関係を見せておけばご機嫌。



長距離移動で機嫌が悪くならないように、朝一で中津駅に立ち寄り。
ソニックという特急車両があるのでそれを見て、普通列車も見て、子るみのご機嫌とり。まあ絵本で見ていた車両が目の前に来たらこっちも興奮したけど…(^_^;)

10時半くらいに中津駅出発。
中津はから揚げが有名なので、駅から少し走ってから揚げ屋さんにも立ち寄り。
中津で立ち寄ったのはその2カ所のみ。



再び高速に乗り、別府へ。
市街地に入る前に別府湾SAがあったので立ち寄り。
冷たい強風が吹いていたが、晴れは晴れ。
別府市街地を見下ろせる高い位置にあり、
見晴らしは良かった。霞が強く出ていたので
白っぽい景色だったが…。



背後には山焼きをされたと思われる、
草原の山がそびえ立ち、これもなかなか良かった。
山焼きは一度見てみたい気もするが、
結構遠いしね~(^_^;)



昼食もとらずにそのまま別府市街地へ。
12時過ぎから地獄めぐり。
インターから下りて近くに坊主地獄というのが
あったので立ち寄り。
共通券を買おうとしたら、ここは共通券対象の
地獄ではないとの事。

坊主地獄はパスして、共通券のある地獄に行く事にした。
最初に行ったのは「海地獄」。駐車場が満車で
少し待ったが、回転が早く予想より早めに駐車できた。

園の入り口で共通券を購入。
7か所回れるようだ。
地獄めぐりは中学生の時に、修学旅行で来た記憶がある。
あまりいい思い出ではないけど、来た事は事実として覚えている。今回は妻子と。



子るみが鬼を怖がるかな~?と思って楽しみにしていたがさほど怖がる様子もなく、ちょっとがっかり。
でも嫁は来たかった所のようで、喜んでくれた。

海地獄の他に4か所が歩いて回れる地獄。
残り2カ所は車で移動する必要がある場所。
てくてく歩いて順番に地獄をめぐる。

観光客は多めで、外国人も日本人もどちらも多かった印象。
年末年始くらい家でゆっくりすればいいのに・・・



熱水の色が独特で、カメラで撮影するには結構難しい被写体。
湯気も多く出ており、タイミング次第では画面が
真っ白になってしまい、水の色がちゃんと写らない。

没写真を大量生産しながらも、景色をカメラに収めていく。
地獄周辺は硫化水素が漂っているからカメラにはあまり良くないイメージがあるのだが、どうなんだろう…。


  ↑ 初めての足湯。
   気に入ったよう。
   とーちゃんは入らず。





 ↑ 線香の煙を吹きかけると
   水蒸気が一気に増える実験



 ↑ 透明度がかなり高い








 ↑ ちっとも怖がらなかった。
    面白くない・・・(×△×)


血の池地獄と竜巻地獄は車で移動する必要があり、海地獄の駐車場を出発。

血の池地獄の駐車場に停めて、散策。
自販機が鬼の柄だったり、停まっている大型観光バスが角のある鬼だったりと結構楽しい。



最後に見たのが竜巻地獄。
間欠泉で30~40分に1回噴出する。
タイミングよく、入った時に丁度吹き上がっており、
近くで見ることができた。
理屈では分かっていても、やっぱりこういうのを見ると不思議で楽しい。



夜は別府温泉へ。
竹瓦温泉という古い湯に行く事に。
ちょうど、別府に父も来ており、合流しようかと連絡が入ったが、こっちは車中泊だし、向こうは宿で飯を食べているし都合が悪いので合流せず。
親不孝者です(^_^;)



竹瓦温泉はかなり熱く、自分でもちょっと厳しい湯温だったが、子るみをだっこして無理やり入浴。
この日は別府市が、温泉を無料に開放している日で、タダで入る事ができたのは驚きだった。
まじっすか(◎◇◎;)

熱くて熱くて子るみが泣き叫んだのは、それだけ強烈に記憶に残ってくれるはずなので、良しとしよう。うん。
周りの人ごめんなさいm(_ _;)m

風呂の後は夕食をとり、車で山に登って夜景撮影。
撮影の間に嫁が車内で寝る準備。
景色はやはりかすみがかかっていて遠くは見えず。



でもまずまずの景色が撮れた。
電波塔?テレビ塔?のある展望台で撮影したあと、別府湾SAのスマートインターからSA内に入り、SAでも撮影。
しかしここからだと、電線が写真に入ってしまい、あまりいい絵にはならなかった。



さて、撮影が終わり、22時半頃高速にて南下開始。
とりあえず、宮崎県のどっかで初日の出を見たい。
しかもだるま朝日が狙える位置。
日の出入りMAPというHPで日の出の方角を確認し、宮崎入りを断念。
別府から宮崎って結構遠い。

大分県内で初日の出を調べると鶴御崎が出てきた。しかし地図を見ると沖の島という島に太陽がかかるよう。
島からの日の出だと、だるまにならないので却下。

結局津久見ICで降りて、瀬会公園という所で車中泊する事に。
さて、だるま朝日は見えるかな?

 1月1日へ続く

2019/12/29撮影

2019年12月29日(日)

28日(土)の夜にふと思い立って、撮影に出発。
22時過ぎに車で和歌山県有田市へ。
夜景撮影をしに山でナイトハイク。
暗い山道を懐中電灯一つでうろうろするのは
怖くて怖くて後ろが見られない。

でも山頂からの景色がいいと本に書いていたので
行ってみたくて撮ってみたくて、
わくわくが少しだけ勝っていた。



最初に上ったのは森林公園雨の森。
海南東インターから下りて、まっすぐ南へ進み、
ナビに従って山道を登って行くと、
途中で崩落がひどくなり、雑草が生い茂り
車では登れない状態になってしまった。

回りは真っ暗だし、にっちもさっちもいかなくなり
車を降りて、徒歩で山頂まで。
車を停めた所から、展望台まで50分ほど
暗闇を登山。一応コンクリート舗装されていたので
迷う事はなかった。



展望台に着くと、ナゼか車が一台駐車。あれ??
他のルートがあったの??orz。
暗闇の中から現れた自分に驚いたのか、
少し悲鳴が聞こえたが気にしないでおこう(^_^;)

展望台からの展望はなかなか良かった。
霞が気になったが、とりあえず撮影開始。
50分ほど撮影し、元来た道を歩いて戻る。
帰りは下りなので40分ほどで車に戻れた。



次に、有田川の南岸にあるオレンジロードへ。
ここも展望台があるような事を以前目にした
気がするので車でうろうろ。
見つけた展望台は海に面していて、
町はほとんど見えず。
星撮りに変えても良かったのだが、
今回は町の夜景撮影。
場所を変えて工場夜景が見える位置を探す。
この時点ですでに朝の3時前後。
完全に不審者(^_^;)



何とかぎりぎり見える場所を見つけて撮影開始。
ここはそんなに時間をかけなかった。
見える角度もそんなに広くなかったし。



最後に、工場のすぐ横の山に移動。
ここで設定をいろいろいじって撮影していると
偶然、「おっ!」と思える写真が撮れ、
しばらくその設定で撮影。

これまで使い方が良くわからないモードで
ほとんど使ってこなかった設定。HDR。
ハイダイナミックレンジと言って、
日中に使っても違和感がすごくある写真になるので
最初の頃に数枚撮って、なんじゃこりゃ?という感じで放置していたモードだった。

夜景で使うとかなりいい感じに撮れると分かり
初めてカメラにユーザー設定登録をした。
カメラの機種やレンズが違うと写る写真も
変わってくるので参考程度に。

 SS:6秒
 F:11
 ISO:400
 WB:電球色蛍光灯
 カスタムモード:ポップチューン
 撮影モード:HDR(+ -2Lv)



この設定で撮るとJPEG形式でしか保存されない。
(3枚の写真を合成するからだと思う)
RAWでも残せるが、鮮やかさはRAWで出せないので、現地できっちり撮っておく必要がある。



年末ぎりぎりになって、ひとつレベルが上がった気がした撮影だった。朝5時半に撮影終了。
帰る前に小一時間ほど仮眠してから帰宅。

帰宅してから旅行の準備と、子供と公園へ。

 お し ま い(31日に続く)


※7枚中、上5枚は1枚撮り、イメージ:ポップチューン、雅など。
 下2枚はHDR・ポップチューンで撮影。7枚とも撮って出し。
 HDR撮影はペンタックスは3回シャッターが下りる。
 他メーカーだと、1回のシャッターで、ISOが自動で変化して
 HDRが撮れるらしい。

 カメラ:PENTAX K-S2
 レンズ:18-300mmズーム、17-50mmズーム、77mm単など

2020年スタート



あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

いつもならヤフーブログのゲストブック機能で年賀状データを送っていたのですが、今年からそれもできなくなり残念です。

さて、12月30日の夜~1月5日の夜まで
九州家族旅行に行ってきました。
超弾丸旅行のレポを書こうとおもので
またぼちぼちアップしようと思います。

写真は宮崎の海岸で撮った初日の出です。
島が少しかかっていて、だるまというより
食いしん坊って感じですね・・・(^_^;)

今年はカメラメインで撮影旅行にあちこち出かけたいなと思っています。

«  | ホーム |  »

プロフィール

rumirai01

Author:rumirai01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車 (2472)
アニメ・マンガ (76)
その他 (858)
第1回お深い しまなみ (35)
ドリンク (84)
オフ会関係 (202)
年間スケジュール (32)
車 (34)
淡路合同ツーリング (114)
第2回お深い 信州 (13)
グランフォンド七葛 (20)
地図・廃線 (317)
第3回お深い 徳島 (13)
CTS→TDH→エタップ (85)
第4回お深い 乗鞍スカイライン (11)
第5回お深い 大阪 (38)
ロードに乗り始めた方へ (11)
廃線 目次 (1)
メンテナンス記録 (1)
カメラ (73)
おもて書き (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR